宇宙&物理2chまとめ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】スペースデブリ対策に用いる超小型衛星「クモの巣」衛星をESA欧州宇宙機関が開発

[ 2014/01/07 21:01 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(4) ]
entry_img_1271.jpg

1: sin+sinφ ★ 2013/12/31(火) 17:57:21.05 ID:???

宇宙空間に打ち上げられた衛星は自らの運用期間を終えたあとも何十年もの間、停止した状態で軌道上に残り続ける。
それらはスペースデブリとなり、他の宇宙船や衛星と衝突する危険性がある。
しかし、今回寿命を終えた衛星を低軌道上から離脱し、大気圏へ突入させる新たなシステムをもつ衛星をESAが開発している。
これは衛星を用いたデブリ除去において世界で初めての試みとなるだろう。

ゴッサマー(クモの巣)と呼ばれる超小型衛星は本体の大きさ15x15x25 cm、重量2kgと非常にコンパクトであり、数分程度で5×5 mの帆を広げることができる。
この展開可能な「クモの巣」衛星を機能停止した衛星に取り付けることで、大気による空気抵抗や太陽から放出された光子の反射による太陽輻射圧を受ける。
したがって、このソーラーセイルによる力を衛星の推進力に変えることで大気圏へ再突入させ、共に燃え尽きることができる。


このデブリ対策衛星「ゴッサマー・デオービット・セイル(Gossamer Deorbit Sail)」は約700kgまでの衛星を大気圏内に落とすことが可能であり、セイル部は非常に軽量なカーボンファイバー製のブームにわずか数μm程度の薄さのアルミニウムで処理されたカプトンフィルムでできた帆が取り付けられている。
これは人の髪の毛の直径の太さと同じくらいの厚さしかない。

「クモの巣」衛星はESAの電気通信システムズ(TCS)先端的研究プロジェクトの資金の元、サリー大学の宇宙センターにて開発されており、すでに軌道上の一連の実証実験を終えている。
さらに、衛星電話や低速データ通信を提供するイリジウムやオーブコム、グローバルスターのような通信衛星が位置する高度700km程度の地球低軌道で利用することを予定している。

ESAが2008年にスペースデブリ対策として提案したヨーロッパにおける行動模範では、運用を終えて25年以内に軌道から離脱し、他の衛星との衝突事故が起こらないように努める必要があると決められた。

そこで、高度750kmで周回する衛星は何も対策を施さなければ、1、2世紀ものあいだ高速で漂い続けるのだが、大きな帆を取り付け、光圧や大気の抗力を利用することで25年程度で高度を下げ、大気圏に再突入させることが可能だという。
もし仮に同様な効果を生む推進剤を積ませるならば、衛星の総質量の10倍もの燃料が必要になってくる。


2014年中に実証衛星が打ち上げられ、数週間にわたってソーラーセイル推進の検証を行う予定だ。
その後、大気の抵抗を十分受けられるようセイルの向きを調整し、軌道を逸らす実証に挑む。高度600m程度では非常に希薄な大気であるのだが、十分な抵抗を受けるため、2~12か月以内に落下し燃え尽きさせることが可能だという。

最後に、サリー大学の技官であるラパス・バイオス教授は「私たちはこのESAの「クモの巣」衛星のデザイン、製造および試験を世界で一番初めに実証することができ、大変嬉しく思います。
このプロジェクトは、低コストで寿命を終えた衛星を軌道から離脱させるシステムのデザインが可能であると示しただけでなく、有形の製品として商用利用に結びつけることができるでしょう。」
とコメントしている。

イメージ:Image credit : ESA
Solar_sails_a_future_energy_source_for_spacecraft-e1388332461907.jpg

ESA_gossamer_deorbit_sail_testing.jpg


ソース:ESA欧州宇宙機関、スペースデブリ対策に用いる超小型衛星「クモの巣」衛星を開発 /astropreneur.jp
http://astropreneur.jp/archives/1819
© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1388480241/



【板垣】またまたまたまた板垣さんが通算89個目の超新星2013hqを発見 一晩で2個発見していた

[ 2014/01/07 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(8) ]
entry_img_1270.jpg

1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/06(月) 22:26:51.48 ID:???

山形の板垣公一さんが昨年12月13日、とかげ座の銀河NGC 7276に超新星2013hqを発見した。
超新星2013hlとあわせて一晩で2個の超新星発見で、板垣さんにとって2度目の快挙だ。

山形の板垣公一さんが12月13.384日(世界時)、とかげ座方向の銀河NGC 7276に超新星2013hqを17.1等で発見した。超新星の位置は以下のとおり。

赤経 22時24分13.21秒
赤緯 +36度05分00.8 秒(2000.0年分点)

美星天文台(岡山県)で同月24日に行われた分光観測から、観測時点で極大数日後のIa型超新星とみられる。
板垣さんは同夜しし座の銀河に超新星2013hlを発見しており、一晩で2個の超新星を発見したことになる。
これは板垣さんにとって2度目の快挙だ
(参照:2012/6/20「板垣さんが一晩に2個の超新星発見」)。
板垣さんが2013年に発見した超新星はこれで9個目、通算で89個目となる。

【2014年1月6日 CBET 3768】
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/01/06sn2013hq/index-j.shtml
© By ESO/L. Calçada
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1389014811/




【宇宙】2014年最初に発見された小惑星が発見から20時間後に地球に直撃した可能性大

[ 2014/01/06 22:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(11) ]
entry_img_1269.jpg

1: クロイツラス(京都府) 2014/01/03 16:37:28 ID:IGqa5/G/P

5メートルの小惑星 地球に落下の可能性
01.3.2014, 10:40
4o_693646.jpg

およそ5メートルの小惑星2014AAが、発見から1日後の2日朝、
大西洋上空の地球の大気圏に突入した。
国際天文学連合の小惑星センターが発表した。

小惑星2014AAは1月1日朝、米国のレモン山天文台で発見された。
天文学者たちが一連の測定をした結果、小惑星は1日後に地球へ落下する可能性があることが分かった。

伝えられたところによると、小惑星2014AAが、
グリニッジ標準時で1月2日午前4時50分頃(モスクワ時間で午前8時50分頃)に
地球の大気圏に突入したのはほぼ確実だという。

米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所のスティーブン・チェスリー氏によると、
中央アメリカから東アフリカまでの広範囲に小惑星が落下する可能性が高いという。

小惑星2014AAの大きさは、3-5メートル。

リア・ノーヴォスチ
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_03/uchuu-shouwakusei/
(C)Catalina Sky Survey, Lunar & Planetary Laboratory, University of Arizona
元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1388734648/



【宇宙】2500万光年先の横から見た渦巻銀河をハッブル宇宙望遠鏡が撮影

[ 2014/01/05 21:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(7) ]
entry_img_1268.jpg

1: 白夜φ ★ 2014/01/05(日) 01:19:03.93 ID:???

横から見た渦巻銀河、NGC 2997
Dan Vergano,
National Geographic News
January 4, 2014

NASAのハッブル宇宙望遠鏡が真横からとらえた渦巻銀河、ESO 373-8(2013年12月23日公開)。
地球や太陽系が属する天の川銀河(銀河系)と同じように、渦状の腕が回転して皿のような形となっている。
横から見ると、ご覧の通り平らだ。この銀河はNGC 2997銀河群の1つで、ほかに7つの銀河が集まっている。

地球からの距離はおよそ2500万光年。
この銀河群を研究することで、天の川銀河の構造を解き明かす手掛かりが手に入るのではないかと期待されている。
_____________

▽記事引用元 National Geographic News January 4, 2014配信記事
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2014010401
wis277potw_74861_600x450.jpg

▽関連リンク
HUBBLE ESA
Flat as a pancake
http://www.spacetelescope.org/images/potw1351a/
© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1388852343/



【宇宙】「宇宙学校」が開校へ…JAXA提携の全寮制男子校

[ 2014/01/04 21:31 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(12) ]
entry_img_1267.jpg

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/01/02 15:09:06

鹿児島県肝付町に2015年4月に開校する県立楠隼(なんしゅん)中学・高校が、東京など全国から生徒を募集している。公立としては全国初の全寮制男子校で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と提携し、航空宇宙教育のモデル校を目指す。
受験指導を徹底しながら「宇宙学」も学べる学校だ。来年2月に東京都内で説明会が開かれる。

 楠隼中高は、大隅半島にある県立高山(こうやま)高校の敷地内に開校する。高山高は16年3月末で閉校。同校の校舎を改築し、個室・空調完備の寮を新設する。総工費は48億円。初年度は中高各60人を募集。寮費は1カ月4万円台を見込んでいる。

 学校の約20キロ南西にはJAXAの内之浦宇宙空間観測所がある。2003年には小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられ、昨年9月には新型固体燃料ロケット「イプシロン」も発射された。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312280384.html
© By NASA
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388642946/



【宇宙】三大流星群、しぶんぎ座流星群2014が今夜からピークのお知らせ

[ 2014/01/03 12:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(5) ]
entry_img_1266.jpg

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/26 07:17:59

毎年出現する三大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が、来年1月4日の 夜明け前に出現ピークを迎える。国立天文台は「今回は月明かりがなく、来年の流星群の中では最も観察条件が良い」(縣秀彦准教授)として、防寒に注意して新春天文ショーを楽しむよう呼び掛けている。

*+*+ jiji.com +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013122600025



© By Robbot
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388009879/



【宇宙】二度と戻らぬ火星移住、1058人の候補者を選定…候補に日本人10人も

[ 2014/01/02 21:01 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(15) ]
entry_img_1265.jpg

1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/01/01 12:08:37

 【ワシントン=中島達雄】2025年からの火星移住を目指すオランダの民間非営利団体「マーズワン財団」は12月30日、約20万人の移住希望者の中から1058人の候補者を選んだと発表した。

 この中には、男女5人ずつ計10人の日本人が含まれているという。

 今後、医学的な検査や訓練などを経て最終的に24人に絞り込む。
25年には最初の4人が火星に住み始め、その後、2年ごとに4人ずつ増やしていく計画だ。移住者は二度と地球に戻らない。地上での訓練や火星に居住している様子をテレビ放映し、資金を集めていく考えだ。

 同財団は2013年4~8月に移住希望者を募集。技術力や安全性を疑問視する声もあったが、世界中から20万2586人が応募した。
希望者が提出した1分間のビデオメッセージや書類などを審査し、107か国・地域から1058人を選んだ。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/8396755/
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388545717/


今年もまたまたご一緒に267億468万4800キロメートルの宇宙旅行をいたしましょう。

[ 2014/01/01 01:01 ] [ 当ブログについて ] [ コメント(33) ]



entry_img_1264.jpg