宇宙&物理2chまとめ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。
-別アーカイブ  [ 2014-01- ] 

<< 前- |  2014-01-  | 翌- >>

【宇宙】若田光一さんが宇宙から撮影した東京の夜景をご覧下さい

[ 2014/01/30 22:01 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(9) ]
entry_img_1301.jpg

1: ストマッククロー(岡山県) 2014/01/29 20:49:27 ID:vPJ092Wz0

Koichi Wakata @Astro_Wakata

宇宙から見る眩い東京の夜景です。5時間ほど前に通過しました。

BfE-fVjCYAAtH2x.jpg
(※クリックで拡大)
https://twitter.com/Astro_Wakata/status/428192147653681152
© By Takashi Hososhima
元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1390996167/



【宇宙】地球ができる確率は25mプールにバラバラにした時計の部品を…

[ 2014/01/29 22:01 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(36) ]
entry_img_1300.jpg

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 18:58:59 ID:hOwloKpu0

…投げ込み水流だけで時計が完成する確率と同じって聞くけど
それって数学的にあり得ない確率だよな?

それとも全ては創造主に設計されたの?





© By NASA
元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390730339/



【宇宙】水を放出する小惑星帯最大の準惑星「ケレス」 ハーシェル宇宙望遠鏡で観測

[ 2014/01/29 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(5) ]
entry_img_1299.jpg

1: 白夜φ ★ 2014/01/23(木) 21:35:34.91 ID:???

水を放出する準惑星 宇宙望遠鏡で観測


【ワシントン共同】火星と木星の間の小惑星帯にある準惑星「ケレス」の表面から、水分を含む蒸気が立ち昇っているのをハーシェル宇宙望遠鏡で観測したと、欧州宇宙機関(ESA)のチームが23日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

地球の水は太古に衝突した小惑星からもたらされたとの説があり、こうした見方を一部裏付ける成果。
来年2月には2007年に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の無人探査機ドーンがケレスに到着する予定で、さらなる謎の解明が期待される。

ESAのチームは11~13年にかけてハーシェル望遠鏡の赤外線センサーで直径約950キロのケレスを観測。

2014/01/23 03:00 【共同通信】
___________

▽記事引用元 47NEWS 2014/01/23 03:00配信記事
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012201002277.html

2カ所から蒸気を放出する準惑星ケレス(左)の想像図(研究チーム提供・共同)
hi7767.jpg

▽関連リンク
*ESA
Herschel discovers water vapour around dwarf planet Ceres
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Herschel/Herschel_discovers_water_vapour_around_dwarf_planet_Ceres
*Nature 505, 525?527 (23 January 2014) doi:10.1038/nature12918
Received 23 August 2013 Accepted 26 November 2013 Published online 22 January 2014
Localized sources of water vapour on the dwarf planet (1)?Ceres
http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7484/abs/nature12918.html
© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1390480534/



【宇宙】ホーキング博士「ブラックホールは存在しない」

[ 2014/01/28 21:01 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(29) ]
entry_img_1298.jpg

1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/27(月) 16:19:08.40 ID:???

 スティーヴン・ホーキング博士は、『arXiv』に公開した短い論文で、
「光が無限に抜け出せない領域という意味でのブラックホールは存在しない」と主張している。

著名な物理学者のスティーヴン・ホーキングは、『arXiv』に1月22日付けで公開した短い論文で、「(これまで考えられてきたような)ブラックホールは存在しない」と主張している。この現象は定義され直す必要があるのだと同氏はいう。

論文のタイトルは「Information Preservation and Weather Forecasting for Black Holes」(ブラックホールのための情報保存と天気予報)。
古典理論では、エネルギーと情報はブラックホールの「事象の地平面」を抜け出せないと主張されるが、量子物理学はそれが可能であると示唆されるというパラドックス(ブラックホール情報パラドックス)を取り上げている。

この難題に対するホーキング氏の答えは、ブラックホールは情報とエネルギーを消滅させるのではなく、新しいかたちでまた空間に開放するというものだ。同氏は、事象の地平線に替わる新しい境界として、量子効果で変動する「見かけの地平面(apparent horizon)」を提案している。

ピアレヴューを受けていないこの論文では、「光が無限に抜け出せない領域という意味でのブラックホールは存在しない」と結論されている。


しかし、ほかの物理学者たちからの反応は慎重だ。カリフォルニア大学バークレー校の理論物理学者、ラファエル・ブソーはNature Newsで次のように語っている。
「ブラックホールを抜け出せなくなる地点は無い、という考え方は、ある意味、ファイアウォール(ブラックホールへ落ち込む観測者が事象の地平線、もしくはその近くで、高エネルギーな量子の壁に出くわすとされる仮想的な現象)よりも、さらに根源的で問題をはらんだ提案だ」

2014.1.27 16:00 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140127/wir14012716000000-n1.htm
Image:NASA/Wikimedia Commons
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1390807148/



【宇宙】小惑星のレアメタル採掘に暗雲か、投資に見あうだけの成果は得られにくいとの調査結果 ←知ってた

[ 2014/01/28 12:01 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(4) ]
entry_img_1297.jpg

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/27 10:04:58

ソースはギガジン
http://gigazine.net/news/20140126-asteroid-mining/

[1/2]
地球の近くを周回する小惑星の地中に大量に存在するとされるレアメタル(希少金属)を宇宙ロケットとロボットを利用して採掘して地球に持ち帰るという計画が進められていますが、研究の結果では当初の予想を下回る採掘量しか得られないかも知れないことが明らかになってきました。
BBC News - Few asteroids are worth mining, suggests Harvard study
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-25716103

小惑星の資源採掘に関してはGoogleのラリー・ペイジ(CEO)が出資して支援を行うプラネタリー・リソーシズ社などが開発計画を明らかにするなど、地球上では貴重なレアメタルを獲得するための手法として注目が集まっていますが、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのマーティン・エルビス博士などが新たに開発した計算式を用いた試算では、太陽系内に存在してそのコストに見合うだけの資源を含んでいる小惑星は10個程度であることが分かりました。調査結果は主に物理学などの論文を多くアーカイブするarXiv.org(アーカイブ.org)で公開されています。
[1312.4450] How Many Ore-Bearing Asteroids?
http://arxiv.org/abs/1312.4450

これは従来の予測を下回るもので、小惑星開発計画に対して見直しを求めるものになりそうですが、
一方でエルビス博士はその計画が妥当的であることも明らかにしています。
博士は、小惑星採掘計画はプラチナやイリジウム、パラジウムなどの希少金属を含むM型小惑星をターゲットにするものと推定。その上で試算では、地球の近くを回る小惑星のうちこれらの金属を含むのはわずか1%であるという結果を公表しています。また、対象となる小惑星は地球から比較的近い距離にあり、到達して採掘した資源を持ち帰れるものであることが必要、としています。

-続きます-
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1390784698/


【宇宙】火星に突如「ジャムドーナツ」型の石が出現、無人探査車オポチュニティーが撮影

[ 2014/01/27 21:01 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(10) ]
entry_img_1296.jpg

1: 白夜φ ★ 2014/01/25(土) 22:29:32.93 ID:???

火星に突如「ジャムドーナツ」型の石、無人探査車が撮影
2014年01月25日 16:42 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月25日 AFP】ジャム入りのドーナツのような形の奇妙な石が火星に突如、出現した。
専門家らは、この石がどのようにしてこの場所に現れたのか調査を進めている。
米航空宇宙局(NASA)が23日、明らかにした。

およそ10年前から火星に展開している無人探査車オポチュニティー(Opportunity)が今月8日に撮影した画像には、昨年12月26日に同じ場所で撮影した時には何もなかった地点に小さな丸い物体が写っている。

オポチュニティー計画の研究責任者、スティーブ・スクワイヤーズ(Steve Squyres)氏は
同探査車が火星に着陸してから10年になるのを記念して行った記者会見で、この石について、
「ジャム入りのドーナツのように見える。外側が白く、中央部分が赤い」と語った。

さらに色については、「火星にある赤色としては珍しい深紅色だ」と説明した。
火星で見られる赤は、どちらかといえば「さび」のような色が多い。

また、「顕微鏡で観察したところ、石であることは明らかだ」と説明したが、地球に住むわれわれが見たことのないような石だという。

スクワイヤーズ氏によると、ピナクル・アイランド(Pinnacle Island、先のとがった島の意)と名付けたこの石について専門家らは、オポチュニティーが回転して向きを変えた時に、はじき飛ばされて少し先まで転がったのだろうと考えている。

しかし、石が元々あったと考えられる場所を特定することはできておらず、オポチュニティーの太陽電池に隠れて見えなくなっている可能性もあるという。
研究チームは今後、オポチュニティーを移動させて、その場所を確認する計画だ。(c)AFP/Kerry SHERIDAN
___________
▽記事引用元 AFPBBNews 2014年01月25日16:42配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3007219

▽関連リンク
NASA
Rock That Appeared in Front of Opportunity on "Murray Ridge"
http://www.nasa.gov/jpl/mer/rock-pinnacle-island-pia17761/#
pia177681.jpg

※別ソースより
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_16/127326473/
65462_original.jpg


22h_00127913.jpg

© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1390656572/



【宇宙】記録的に近い距離で明るい超新星をロンドン大学天文台で観測実習中に偶然発見 ※なお板垣さんが

[ 2014/01/27 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(13) ]
entry_img_1295.jpg

1: 白夜φ ★ 2014/01/24(金) 22:43:55.89 ID:???

M82に11等級の明るい超新星 観測実習中に発見

【2014年1月23日 CBET 3792/ロンドン大学天文台】
おおぐま座の銀河M82に11等級の明るい超新星2014Jが出現した。
ロンドン大学天文台での観測実習中に偶然見つかったもので、今後どれだけ増光するか注目される。

1月21.805日(世界時)、英・ロンドン大学天文台のSteve J. Fosseyさんがおおぐま座方向の銀河M82に超新星2014Jを10.5等(R等級)で発見した。

当日学生を指導していたSteve J. Fosseyさんは、天気が悪くなってきていたので予定していた実習の代わりにCCDカメラの使い方の簡単なデモをしようと思いたった。
学生らが対象に選んだ銀河M82に望遠鏡を向けたところ、これまでなかったはずの明るい光が見えた。
雲が近づく中、大慌てで異なるカラーフィルターや別の天体望遠鏡での観測を行い、見間違いや機器のノイズではないことを確認したという。

超新星の位置は以下のとおり。
赤経 09時55分42.14秒
赤緯 +69度40分26.0 秒(2000.0年分点)

美星天文台(岡山県)や広島大学東広島天文台(広島県)などでの分光観測から、極大1~2週間前のIa型超新星とみられる。

超新星出現の情報を受けて山形県の板垣公一さんが画像をチェックしたところ、15日に撮影した画像にすでに写っていたことがわかった。
板垣さん撮影の画像(右画像2枚目)を見ると、超新星が増光していく様子がよくわかる。
皆さんが最近撮影したM82の画像をチェックしてみると、この超新星が写っているかもしれない。

多くはずっと暗い等級で発見、観測される超新星が11等級で見つかるのは異例のことだ。
今後さらに明るくなるとみられており、2011年9月に10等級に達した超新星2011fe以来の明るい超新星となる可能性もある。
約1200万光年という距離の近さも記録的で、1993年におおぐま座の銀河M81(今回のM82のすぐそばにある銀河)で発見された超新星1993J以来となる。


眼視確認や写真撮影に挑戦して、どこまで明るくなるか見届けてみてはいかがだろうか。

------------------- 引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください ---------

▽記事引用元 AstroArts 2014年1月23日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/01/23sn2014j/index-j.shtml

ロンドン大学天文台で撮影された銀河M82。十字の箇所が超新星2014J。クリックで超新星出現前との比較表示
(提供:UCL/University of London Observatory/Steve Fossey/Ben Cooke/Guy Pollack/Matthew Wilde/Thomas Wright)
sn2014j.jpg
板垣公一さんが撮影していた発見前の超新星。1月14日~20日の光度変化がわかる。クリックで拡大(撮影:板垣公一さん)
sn2014j_itgk1.jpg
© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1390571035/



【宇宙】100万年後の地球や人類がどうなってるかガチで考えを聞かせてくれ

[ 2014/01/25 21:42 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(27) ]
entry_img_1294.jpg

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 02:52:22 ID:ZEntQir+0

無機質なもんばかり想像してしまって怖くなった






© By Enasteron
元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390413142/



【宇宙】宇宙には地球と同じような星がたくさんある

[ 2014/01/24 22:18 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(23) ]
entry_img_1293.jpg

1: 名無しさんにズームイン! 2013/12/30 08:23:01 ID:7abC5/cH

だが何故、宇宙人は地球へ来ないのか?
それは地球へたどりつくまでの技術力は宇宙のどこにも存在しないから。
いわば、いかなる知的生命体も科学技術をそこまで発達させる知能はないという事。
仮にあったとしても、それを実現する前に滅ぶのが全ての生命に与えられている宿命なのだ。
この事は既に証明されてしまっている。




© By 2MASS
元スレ:http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1388359381/



【板垣】またまたまた板垣さんが今年2個目、通算で92個目の超新星2014Gを発見

[ 2014/01/23 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(14) ]
entry_img_1292.jpg

1: 依頼39-146@白夜φ ★ 2014/01/22(水) 00:06:50.02 ID:???

板垣さんがおおぐま座の銀河に超新星2014Gを発見

【2014年1月21日 CBET 3787】
山形県の板垣公一さんが1月14日、おおぐま座の銀河NGC 3448に超新星2014Gを発見した。

山形県の板垣公一さんが1月14.574日(世界時)、おおぐま座方向の銀河NGC 3448に超新星2014Gを15.6等で発見した。
超新星の位置は以下のとおり。

赤経 10時54分34.13秒
赤緯 +54度17分56.9 秒(2000.0年分点)
NGC 3448周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星

東広島天文台(広島県)や伊パドヴァ天文台での分光観測から、II型超新星とみられる。

板垣さんの超新星発見は今年2個目、通算で92個目となった。

------------------- 引用ここまで 全文は記事引用元をご覧ください ---------

▽記事引用元 AstroArts 2014年1月21日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/01/21sn2014g/index-j.shtml

▽関連スレッド
【天文】板垣さんがりゅう座の銀河に超新星2014Fを発見 今年1個目、通算で91個目
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1389965877/

▽関連リンク
国立天文台
日本人が発見した超新星一覧
http://www.nao.ac.jp/new-info/supernova.html

*ご依頼いただきました。
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1390316810/


【宇宙】星座名を考えた奴の想像力wwwww

[ 2014/01/21 21:21 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(14) ]
entry_img_1291.jpg

1: 風吹けば名無し 2013/09/25 19:44:37 ID:dOmsGl52

星きれい ←わかる
あれウシじゃね?w ←ガイジ
お、そうだな ←ガイジかな?
ほんまやウシや ←ガイジガイジアンドガイジ




© By Johannes Hevelius
元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1380105877/



【宇宙】地球誕生時は現在の海水の80倍に相当する水があった!?地球深部の状態を再現

[ 2014/01/20 21:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(8) ]
entry_img_1290.jpg

1: 白夜φ ★ 2014/01/17 16:20:35

誕生時地球に海水80倍の水? 東工大が発表

誕生したばかりの地球には、現在の海水の80倍に相当する水が存在していた可能性があると東京工業大などのチームが16日付の米科学誌サイエンスに発表した。

同大の広瀬敬教授は「地球の海が今の姿になった経緯の解明につながる成果」としている。

チームは、地球の核近くにあるとされる岩石を高温、高圧にして地球深部の状態を再現。
岩石が理論で予想されるよりも低い温度で溶けることを突き止めた。
これから実際の地球深部にある核の温度を推定すると、3300度よりも低いと分かった。


2014/01/17 04:00 【共同通信】
____________
▽記事引用元 47NEWS 2014/01/17 04:00配信記事
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011601001777.html

▽関連リンク
Science DOI: 10.1126/science.1248186
Low Core-Mantle Boundary Temperature Inferred from the Solidus of Pyrolite
http://www.sciencemag.org/content/early/2014/01/15/science.1248186.abstract
© By Paolostefano1412
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1389943235/



【宇宙】オリオン星雲をNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡が撮影

[ 2014/01/20 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(2) ]
entry_img_1289.jpg

1: 16文キック(チベット自治区) 2014/01/17 00:27:56 ID:08HAraCL0



※別ソース
輝くオリオン星雲、スピッツァー撮影
National Geographic News
January 17, 2014

NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡がとらえたオリオン星雲。

オリオン星雲は地球から1500光年離れた、オリオン座の最も明るい散光星雲。
オリオン座の小三ツ星中央に位置し、肉眼で確認できる数少ない星雲の1つでもある。
オリオン星雲では活発に星が形成されており、ガスやちりが集まった巨大な雲の中には、誕生したばかりの星々が数多く潜んでいる。

この見事な合成画像は、スピッツァー宇宙望遠鏡からの赤外線データを用いて作られており、撮影された領域の幅は約40光年に及ぶ。
写真中央に写し出された星雲の最も明るい部分には、「トラペジウム」として知られるオリオン星雲の巨大で若く高温の恒星が集まる散開星団がある。
また、赤く見える領域には、まだ形成過程にある多数の原始星を確認することができる。

Photograph courtesy NASA/JPL-Caltech
___________
▽記事引用元 National Geographic January 17, 2014配信記事
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2014011701

▽関連リンク
NASA Spitzer
Spitzer's Orion
http://www.nasa.gov/content/spitzers-orion/


© By NASA
元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1389886076/



【宇宙】太陽の膨張で地球の消滅は確定してるわけじゃん

[ 2014/01/19 20:01 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(24) ]
entry_img_1288.jpg

1: 風吹けば名無し 2014/01/03 22:20:20 ID:emp9pF6q

どうするの?





© By Fsgregs
元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1388755220/



【宇宙】ミサイル発射を宇宙から監視できるセンサー開発へ

[ 2014/01/19 12:58 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(6) ]
entry_img_1287.jpg

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/17 17:06:08

★宇宙から発射監視、「ミサイル熱感知」開発へ

ミサイル発射をいち早く探知できる早期警戒衛星の導入をにらみ、政府が来年度、宇宙空間でも利用できる赤外線センサーの開発を開始する方針を固めた。

早期警戒衛星の導入そのものにはなお慎重論があるものの、センサーの開発に成功すれば、北朝鮮や中国をにらんだ警戒監視能力の向上が期待できると判断した。

国の唯一の宇宙機関である宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)が、防衛省とともに開発にあたる。
政府は2014年度当初予算案に、開発費約5000万円を計上した。センサーの開発は、政府が09年にまとめた「宇宙基本計画」に明記されたが、JAXAの設置根拠である宇宙機構法が12年に改正されるまで、安全保障分野での開発行為が制限されてきた。「規制撤廃」を受け、宇宙空間での利用可能なセンサーの開発に乗り出すことになった。

弾道ミサイル発射などの熱源を赤外線センサーで探知する早期警戒衛星は、ミサイル防衛(MD)には欠かせないとされる。1基あたり3000億~5000億円とされるほか、運用費も含めれば兆単位の予算が想定されるため、政府は導入するかどうかの結論を出していない。政府が光学衛星2基、レーダー衛星2基の体制で運用している情報収集衛星は、地球上のあらゆる場所を24時間以内に最低1回監視できるものの、ミサイル発射の感知は困難だ。
12年12月の北朝鮮による長距離ミサイル発射の際、日本政府は米国の早期警戒衛星の情報(SEW)を入手したが、「将来も米国から情報を得られるのか」(自民党国防族)との声は根強い。

大気圏内で利用できる赤外線センサーについては、防衛省がほぼ開発を終えている。政府は13年度から、センサーを備えた無人偵察機の実用化に向けた開発に着手したが、偵察機ではミサイル基地などを常時観測するのは不可能なため、早期警戒衛星の導入も引き続き検討する。
>>2へ続く

(2014年1月17日08時09分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140116-OYT1T01556.htm
20140117-164045-1-L.jpg


2: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/17 17:06:16

>>1より
政府はまた、JAXAを通じ、「超低高度衛星」の試験機の製造にも乗り出す方針だ。通常の衛星は、高度700キロ・メートル前後を飛行しているが、超低高度衛星では、地上に近い高度250キロ・メートル前後を飛行できるため、映像の解像度は2倍以上になる。

◆早期警戒衛星=高度3万6000キロ・メートルの静止軌道にあり、熱を感知することで弾道ミサイルの発射を早期に探知する。日米のミサイル防衛システムの「目」の役割を果たしており、発射地点、時刻、発射の方向などの早期警戒情報は日米で共有されている。通常の衛星より約50倍も高度が高いため、技術的なハードルが高い。(終わり)
© By USAF
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1389945968/