宇宙&物理2chまとめ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。
-別アーカイブ  [ 2015-02- ] 

<< 前- |  2015-02-  | 翌- >>

【宇宙】太陽系史上最大の「危機的状況」…7万年前に恒星が0.8光年まで接近していた模様

[ 2015/02/23 22:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(3) ]
jvgfhtftddsf.jpg


1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:29:54.90 ID:???.net

太陽系と恒星「最接近」か、7万年前に「危機」 国際研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000027-jij_afp-sctch

地球から約20光年離れた距離にある赤色矮星(わいせい)のグリーゼ581の惑星系。手前は惑星グリーゼ581g。NASA提供の想像図(提供日不明、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】今から約7万年前、太陽系からおよそ8兆キロの距離を1個の恒星が通過したとの研究論文が17日、英学術誌「アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ(Astrophysical Journal Letters)」に掲載された。
これは宇宙の基準からすると、史上最大の「危機的状況」だったという。

 米国、欧州、南米の天文学者らからなる国際研究チームが発表した論文によると、最近発見されたこの暗い恒星は、オールトの雲(Oort Cloud)として知られる、太陽系外縁部を取り巻く彗星の集まりの中を通過した可能性が高いという。

 この時の距離は、現在のところ太陽系に最も近い恒星のプロキシマ・ケンタウリ(Proxima Centauri)までの距離の約5分の1で、これまで知られている中でこれほど太陽系に接近した恒星は他にないと研究チームは指摘している。

 発見者の名にちなんで「ショルツ星(Scholz's star)」と命名されたこの赤色矮星(わいせい)は、軌道分析の結果、太陽系から約0.8光年離れたところを通過したことが示唆された──天文学的スケールでは、これは「接近」である。

 論文主執筆者で、米ロチェスター大学(University of Rochester)のエリック・ママジェク(Eric Mamajek)氏によると、ショルツ星は現在、20光年離れた距離にあるという。

 研究チームは、南アフリカとチリにある分光器と大型望遠鏡を用いて同星の速度を算出し、時間の流れをさかのぼって同星の軌道を再構成することに成功した。また現在は、太陽系から遠ざかりつつあることも突き止めた。

 現在のところ、太陽系に最接近通過する見通しが最も高い候補は、いわゆる「ローグ星」のHIP85605だ。この星については、今から24万年~47万年の間に太陽系に接近すると予測されている。

 だがママジェク氏と研究チームは、HIP85605までの本来の距離が10分の1ほど小さく見積もられている可能性が高いことも明らかにした。
【翻訳編集】 AFPBB News
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424345394/

【物理】1938年に失踪した天才物理学者エットレ・マヨラーナのその後の消息が判明!?

[ 2015/02/23 19:48 ] [ 物理 ] [ コメント(6) ]
d665r768tg.jpg


1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 21:47:58.90 ID:???.net

カターニャ出身の天才物理学者エットレ・マヨラーナは、1938年3月に失踪し、
その後行方知れずになっていた。しかしローマの検察はいまになって、
消息を絶った20年後、彼がヴェネズエラのヴァレンシアにいたことを発見した。

卓越した学識をもつ理論物理学者にして、有能な計算者。そして、不可解で謎めいた天才。
1906年生まれのエットレ・マヨラーナは、しかし“発揮されることのない才能”だった。
科学界にとっては残念なことに、1938年3月、彼は、32歳で突然失踪したのだ
(訳註:この事件はさまざまな書籍で取り扱われていて、日本語でも『マヨラナ 消えた天才物理学者を追う』
〈ジョアオ・マゲイジョ=著、塩原通緒=訳、2013、NHK出版〉が出版されている)。

彼が最後に目撃されたのは、パレルモを発してナポリに向かう汽船の船上で、
それ以降、消息を絶ったとされていた。しかし半世紀以上が経ったいま、
マヨラーナは少なくともティレニア海に身投げしたわけではないということがわかっている。
55~59年の間、彼は「生きて」いて、ヴェネズエラ第三の都市、ヴァレンシアにいた。

最近になってこのことを発見したローマ検察庁は、彼の調査を行うべく、
関係書類をいったん非公開にしている。検察庁の科学捜査部門が行ったのは、
55年6月12日にヴェネズエラで撮影された写真の分析だ。
そこに写っているのは、両替屋の近くに住んでいたイタリア人移民、ビーニなる人物だった。

専門家たちは言う。「ビーニの顔とエットレ・マヨラーナの顔、そしてマヨラーナの父親が
息子と同じ歳のときの顔とを比較しました。その結果、額、鼻、頬骨やアゴ、耳のような
解剖学的細部において、ファビオとビーニ=マヨラーナの画像は完全に重なったのです」。

>>2に続く
EttoreMajorana.jpg
http://wired.jp/2015/02/22/ettore-majorana/
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424609278/

【物理】金属と絶縁体の狭間に量子臨界現象発見【??】

[ 2015/02/21 21:01 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(12) ]
8766059a322272a001a98ea3b880318c.png


1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:14:25.43 ID:???.net

掲載日:2015年2月17日
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/17/046/

 金属と絶縁体の狭間で電子が織りなす相転移の量子臨界現象を、東京大学大学院工学系研究科の古川哲也(ふるかわ てつや)博士、宮川和也(みやがわ かずや)助教、鹿野田一司(かのだ かずし)教授らが実験で初めて発見した。3種類の結晶で確認し、量子臨界現象の普遍性も示した。量子臨界領域が持つ大きな量子揺らぎを背景に、新しい電子状態、物性機能を開拓する突破口になりそうだ。埼玉大学の谷口弘三(たにぐち ひろみ)准教授、理化学研究所の加藤礼三(かとう れいぞう)主任研究員らとの共同研究で、2月10日の英科学誌ネイチャーフィジックスのオンライン版に発表した。

 粒子と波の両面を兼ね備えた電子は電荷を持ち、物質の中で互いに反発し合う。反発力が大きいと、電子は粒子として自由に動けず、モット絶縁体と言われる状態になる。一方で反発力が小さくなると、電子は波として自由に動くようになり、絶縁体から金属へと性質を劇的に変える。これをモット転移と呼ぶ。近年、モット転移の量子臨界現象(電子の集団が量子揺らぎを持つ特異な臨界流体)が理論的に予言され、その検証が待ち望まれていた。

 研究グループは3種類の異なる分子性結晶(分子を構成単位とする結晶で、圧力変化などに応答しやすい)の電気抵抗を測定し、各物質の電気抵抗が量子臨界現象に特有の法則を高い精度で満たしていることを示し、モット転移の量子臨界現象を初めて実証した。今回調べた3種類の結晶は、絶対温度25度程度より低い極低温では、物質ごとの個性を反映した多様な金属か絶縁体のいずれかに陥った。これに対し、絶対温度数十度に上げて圧力をかけると、一定の低温・圧力領域で量子臨界現象になることを見いだした。

 研究に使った3種類の分子性結晶は極低温領域でそれぞれ、金属、超伝導、反強磁性秩序状態、スピン液体など異なる状態になり、加圧でモット転移を起こすことが知られていた。物質ごとの個性が際立って現れる極低温領域の状態とは対照的に、絶対温度数十度、高圧で起きる量子臨界現象は物質によらないことを突き止めた。

 分子性結晶中の電子の集団は、極低温から絶対温度数十度まで上げると、普遍的な性質を反映するようになる新事実について、研究グループは「物質科学や物理学全般に適用できる概念」と提唱した。この実験結果を動的平均場理論の予測と比較したところ、量子臨界現象を特徴づける臨界指数がほぼ一致し、この分野の理論研究にも重要な指針を提供した。

 難しい話なので、鹿野田一司教授に詳しく解説してもらった。「量子臨界現象は、水が蒸発して水蒸気になるときの相転移に似ている。水蒸気と水は気体と液体という異なる状態だが、臨界温度(374℃)以上では、気体と液体の区別がなくなり、臨界圧力(218気圧)付近まで圧力をかけると、水と水蒸気が局所的に混ざり合った白く濁った超臨界流体という気体でも液体でもない状態が出現する。その電子版が今回発見された量子臨界現象に当たる。水蒸気を絶縁体に、液体の水を金属にたとえ、ミクロなスケールで混在していると想像してほしい。水の相転移の原動力が熱の揺らぎとすれば、量子臨界現象は電子の量子力学的揺らぎによって起きる特別な流体である。量子揺らぎは熱揺らぎと異なり、絶対温度零度でも存在する」という。

 新しい物質の状態なので、量子力学の理論と実験に刺激を与えそうだが、何の役に立つのか、豊かな未来の発展があるのだろうか。鹿野田教授は「今回調べた3種類の結晶で、すべて同じ振る舞いが見られた。その普遍性が興味深い。
水・水蒸気が混ざる臨界状態は化学反応を活発にする場として工業的に利用されている。その電子版なので、
エレクトロニクスに何か新しいことができないか、可能性を探りたい」と話している。
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424196865/

【板垣】板垣さんの発見が成果 新星爆発でリチウムが生成された証拠を捉える

[ 2015/02/21 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(2) ]
Lithium_paraffin.jpg


1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 00:01:52.48 ID:???.net

新星爆発でリチウム生成=すばる望遠鏡で観測-山形・板垣さんの発見が成果
引用元:時事ドットコム 2015/02/18-21:18
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015021800841

いるか座の方向に約1万4000光年離れた所で起きた新星爆発をすばる望遠鏡で観測し、水素とヘリウムに続いて3番目に軽い元素であるリチウムが生成された証拠を捉えたと、国立天文台や大阪教育大、名古屋大、京都産業大の研究チームが19日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 
宇宙誕生直後の元素は主に水素とヘリウムしかなく、その後形成された星々の世代交代を通じて、重いさまざまな元素ができたと考えられている。
リチウムができる多様な過程の一つとして、新星爆発で生じたベリリウムの放射性同位体がリチウムに変わる現象が想定されてきたが、初めて直接捉えたという。
 
この新星爆発は、山形市のアマチュア天文家板垣公一さん(67)が2013年8月14日に発見した。
すばる望遠鏡で同年9月下旬からタイミング良く観測できたことが成果につながった。
板垣さんは「ちょっと明るいな、と気付いた。(新星や超新星を)見つけて楽しんでいるだけだが、研究により学問的な発見になってうれしい」と話している。(2015/02/18-21:18)
(引用ここまで)

▼関連リンク
国立天文台
新星爆発は宇宙のリチウム合成工場だった
http://www.nao.ac.jp/news/science/2015/20150218-subaru.html
http://www.subarutelescope.org/Pressrelease/2015/02/18/j_index.html

▼関連スレッド
【天文】山形県の板垣さん いるか座に6等級の明るい新星を発見
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1377268498/
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424271712/

【宇宙】かつてない天体衝突災害をもたらしたロシア隕石、母天体は不明のまま

[ 2015/02/20 23:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(2) ]
Meteor trace


1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/02/16(月) 23:23:02.32 ID:???.net

掲載日:2015年2月16日
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/02/16meteorite/index-j.shtml

 2013年2月15日、ロシア・ウラル地方上空に出現しいくつかのドライブレコーダーにとらえられたチェリャビンスク隕石は、その落下中に生じた衝撃波による影響などで1000人以上が負傷するという、かつてない天体衝突災害をもたらした。

 落下時の映像から割り出された軌道や回収された隕石の組成から、当初は直径2kmの地球近傍小惑星1999 NC43が隕石の有力な母天体と考えられてきたが、米・惑星研究所のVishnu Reddyさんらが詳しく分析したところ、それぞれに相違点が見られた。「回収された隕石はLLコンドライトと呼ばれるタイプのものだが、小惑星の組成は全く違っていた」(Reddyさん)という。

 宇宙空間を無数に飛び交う小さな破片の中で、どれが“犯人”かを確実に知るのは至難の業のようだ。

<画像>
ロシア上空に小天体が出現した瞬間。
meteorite_20150220203344a24.jpg

<参照>
▶ NASA | NPP Sees Aftermath of the Chelyabinsk Meteor - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Q9KwK0izt5c&feature=youtu.be



Two Years On, Source of Russian Chelyabinsk Meteor Remains Elusive | Planetary Science Institute
http://www.psi.edu/news/papervishnu

Link between the Potentially 1 Hazardous Asteroid (86039) 2 1999 NC43 and the Chelyabinsk meteoroid tenuous
http://www.psi.edu/sites/default/files/pages/fischer/659460496/Reddy_et_al_2014_Chelya_Parent_Body_V14-2.pdf
photo by Alex Alishevskikh
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424096582/


【宇宙】すし屋を火星で開きたい…火星移住計画の最初の候補者に日本人女性

[ 2015/02/20 19:45 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(6) ]
Sushi 寿司


1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 18:14:31.52 ID:???.net

すし屋開きたい…火星移住、候補に日本人女性も
2015年2月17日 17時23分 読売新聞

 【ワシントン=中島達雄】2025年からの火星移住計画を進めるオランダの民間非営利団体「マーズワン財団」は16日、「最初の移住候補者を100人に絞った」と発表した。

 日本人はメキシコ在住の日本料理店シェフ、島袋悦子さん(50)が選ばれた。

 火星に居住区を作り、まず4人、最終的に24人を宇宙船で送り込む計画。
移住の費用は、テレビ放映のスポンサー料や一般からの寄付などで賄うという。

 希望者は13年に募集し、約20万人が応募。財団はインターネットによる面接などを重ね、今回は医師の健康チェックで男女50人ずつを選んだ。
居住地別の内訳は米国39人、欧州31人、アジア16人などで、日本在住の米国人などもいる。

 島袋さんは取材に対し、
「20万人の中の100人に選ばれ、大変光栄。最終審査も通過して移住を実現し、火星ですし屋を開きたい」と話した。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9795063/
photo by Héctor García
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424164471/


【宇宙】東工大「生命が住める惑星は太陽に似た恒星の周辺で探すべし」

[ 2015/02/19 00:11 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(14) ]
jkgufd56tyg.jpg 

1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:24:30.45 ID:???.net

掲載日:2015年2月17日
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/17/083/

 現在、生命が居住可能な惑星(ハビタブル惑星)は、太陽の半分以下の質量のM型矮星と呼ばれる恒星の周辺を中心に探索した方が検出しやすいと考えられている。しかし、東京工業大学(東工大)と中国清華大学の研究者が分析したところ、ハビタブル惑星はM型矮星のような低質量星ではなく太陽と同程度のG型矮星の周りに多く存在しそうだということがわかった。

 惑星に生命が居住可能となるには、その惑星が、液体の水が表面に存在するのに温度が高すぎず低すぎずの軌道範囲(ハビタブルゾーン)に入っていることが重要となる。

 また、海と陸の比率が地球に近いことも必要と考えられている。地球の場合は重量で0.01%の水を保有しているが、1%を超えるような惑星では気候が安定せず海への栄養素の供給も制限されてしまう。逆に水が欠乏した「砂漠惑星」では生命が生存できない。

 東工大地球生命研究所の井田茂 教授らが、中心星が太陽の0.3、0.5、1.0倍の質量の場合の惑星分布を、中心星の明るさの変化を考慮して水の蒸発過程を計算した結果、地球質量程度で地球くらいの水を保有する惑星の数は、G型矮星に比べてM型矮星のまわりでは10分の1~100分の1しかなかった。

 この結果について同研究グループは「地球のような惑星を探すならば、太陽型星で探すべき」と結論付けた一方で、地球とは似ていないが、地球の生命と異なる仕組みの生命が住む惑星が、M型矮星の惑星系に存在する可能性を排除するものではないとしている。

<画像>
左列はそれぞれ、中心星質量が太陽の0.3倍(上)、0.5倍(中)、1.0倍(下)の場合の結果。右列は中心星の明るさの変化と
水の蒸発の効果を入れた結果。ハビタブルゾーンが青緑の影で示されている。
kgiuiy98hh.jpg

<参照>
惑星形成環境の磁場強度に対する理論的制約の解明 | 東工大ニュース | 東京工業大学
http://www.titech.ac.jp/news/2015/029820.html

Radial Transport of Large-scale Magnetic Fields in Accretion Disks. I. Steady Solutions and an Upper Limit on the
Vertical Field Strength - Abstract - The Astrophysical Journal - IOPscience
http://iopscience.iop.org/0004-637X/785/2/127/
photo by brett jordan
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424197470/



【物理】横国大が「量子テレポーテーション」を可能にする新原理を実証!

[ 2015/02/09 01:04 ] [ 物理 ] [ コメント(26) ]
4058451581_ab9d45ca31_z.jpg

1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 17:36:07.62 ID:???.net

ダイヤモンドを用いた電子と光子の量子もつれ検出の概要。ダイヤモンドに内在する量子もつれ機構を利用し、電子と光子の量子もつれを検出。ほぼ完全な量子もつれ検出を実験で実証した
gi7878787i.jpg

 横浜国立大学は2月4日、光子の発光と吸収だけで量子通信や量子計算に用いられる量子テレポーテーションを可能にする新原理を実証したと発表した。
 同成果は、同大大学院 工学研究院の小坂英男教授、新倉菜恵子研究員らによるもの。詳細は、米国物理学会誌「Physical Review Letters」のオンライン版に掲載される予定。

 今回、特殊な光源や検出器に頼ることなく、量子メモリ素子となるダイヤモンド中の単一欠陥の電子に内在する量子もつれを利用し、発光と吸収という自然現象だけで光子と電子の量子もつれを検出した。具体的には、量子もつれ生成は発光した光子と残った電子が自然にもつれるように、また、量子もつれ検出は光子と電子がもつれて吸収されるように工夫を行った。
このような自然現象の利用で、特別な量子操作の必要もなく量子テレポーテーションによる量子中継が行えることを実験によって明らかにしたという。

 なお、同方式では、光ファイバを伝わって量子ノードに到達した光子を無駄にすることなく中継に利用することができる。つまり、中継ごとの失敗確率を原理的にゼロに抑えることができる。その結果、光ファイバ中で光子がなくなるのを避けるために中継区間を可能な限り短くすることで、通信レートを最大限まで上げることが可能になる。仮に光子送信レートを毎秒1Gビットとすると、中継区間を50kmに抑えたとしても1000kmの量子通信路一回線で毎秒100Mビットの情報が送信できるとしている。

 今回の結果は、量子中継の基本原理である量子テレポーテーションを極めて単純な原理で実現し、電子の量子状態を光子が届かない遥か遠方に高速かつ確実に再生できることを示唆するもので、物理法則で安全性の保証された量子通信網の飛躍的長距離化・高速化に道を開くものと期待されるとコメントしている。マイナビニュース日野雄太  [2015/02/06]
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/06/295/
photo by NASA Goddard Photo and Video
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1423211767/


【宇宙】SF映画とかゲームの宇宙船って殆ど横長だけどさ

[ 2015/02/08 11:31 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(34) ]
bhvcx56.jpg

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/20(火) 13:51:45.68 ID:caxQ0jml0.net

宇宙なら丸い方が有利じゃね?頭のいい人教えて





元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1421729505/

【宇宙】1844京6744兆737億955万1616個の惑星が登場し、最短クリアに5850億年かかる広大な宇宙探索ゲームが登場

[ 2015/02/07 22:41 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(17) ]
tgbjnl9089.jpg

1: オリンピック予選スラム(大阪府)@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 14:27:29.82 ID:BHPjrEoW0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

「No Man’s Sky」は広大な宇宙を旅し、様々な惑星を探索する、映画「インターステラー」をそのままゲームにしたような作品だ。
作品に登場する惑星は184,467,447,379,551,616個にもおよび(即ち64ビット整数の限界だ)、仮に1個の惑星を1秒で回ったとしても最低5850億年がかかるという、あまりにも気が遠くなるようなスケールだ。
無数の惑星はどれとして同じものではない、海があり、空があり、植物が茂り、生物が住む、全く別の惑星としてそれぞれの惑星固有のランダムシードから生成される。
そんな惑星と宇宙空間をシームレスに移動し探索を行うことができる。文字通り “誰も到達したことのない惑星に最初に足を踏み入れる体験” をゲームを通して経験することができるのだ。
ゲームの進化は目覚ましいが、遂に宇宙そのものを再現するに至ったと思うと感慨深い。発売日は未定、プラットフォームも未定だが、PS4やPC向けにリリースされることが予定されているようだ。





http://raw-fi.com/posts/254
元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422509249/

【宇宙】発見者クライド・トンボーに捧げる冥王星の姿―ニュー・ホライズンズが撮影

[ 2015/02/07 20:28 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(5) ]
fr43y4w2222.jpg

1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 21:27:40.65 ID:???.net

掲載日:2015年2月5日
http://www.sorae.jp/030905/5438.html

Image credit: NASA/JHU APL/SwRI
0205pluto.jpg

 米航空宇宙局(NASA)は2月4日、冥王星を発見したクライド・トンボーの誕生日に合わせ、冥王星探査機
ニュー・ホライズンズが撮影した冥王星と、その衛星カロンの最新の画像を公開した。

 この写真は1月25日に、冥王星からおよそ2億300万km離れた位置から、探査機に搭載されたLORRIと呼ばれる観測機器によって撮影されたもので、2015年に入ってから最初に撮影された写真でもある。

「この写真は、クライド・トンボー教授による冥王星の発見と生涯の功績を称え、彼とその家族に宛てた誕生日プレゼントです。彼の発見は21世紀の惑星天文学の先駆けとなりました」と、ニュー・ホライズンズの主任研究員を務めるアラン・スターンさんは語る。

 またクライド・トンボーの娘であるアネット・トンボーさんは「父ならきっと大興奮したでしょう。こうして父が発見した星と、さらにはその衛星まで実際に見られるとなれば、きっとびっくりしたでしょうね。もしまだ父が生きていたなら、彼にとって非常に大きな意味を持つ出来事であったと思います」と語っている。

 クライド・トンボーは1906年2月5日に生まれ、1930年に冥王星を発見した。彼は1997年1月17日に亡くなるが、その遺灰の一部がニュー・ホライズンズに搭載され、宇宙空間を飛行している。またその遺灰が収められたカプセルには、こう刻まれている。

"Interned herein are remains of American Clyde W. Tombaugh, discoverer of Pluto and the solar system's 'third zone'.
Adelle and Muron's boy, Patricia's husband, Annette and Alden's father, astronomer, teacher, punster, and friend:
Clyde W. Tombaugh (1906-1997)".
(「この中には、冥王星と、太陽系の『第三領域』の発見者である、米国人のクライド・W・トンボーの遺灰が納められている。
アドレとムロンの息子、パトリシアの夫、アネットとアルデンの父、天文学者、教師、だじゃれ好き、そして友人である、
クライド・W・トンボー(1906-1997)」)

 ニュー・ホライズンズは2006年1月19日に地球から旅立ち、冥王星を目指して9年間にわたって宇宙を航行し続けている。
冥王星はこれまで、地上の望遠鏡や宇宙に浮かぶハッブル宇宙望遠鏡によってしか観測が行われたことがなく、
探査機が接近して詳細に観測が行われたことはない。打ち上げ後、探査機は火星軌道、小惑星帯を通過し、2007年2月28日に木星をスイング・バイし、さらに加速した。続いて土星、天王星の軌道を通過し、2014年8月25日には海王星の軌道を通過している。

 その後、探査機は機器などを温存するために冬眠状態に入り、2014年12月に再起動され、今回の接近に向けた最初の段階への突入に備え、探査機と運用チームは準備を行った。

 今後、2015年2月ごろから観測機器を使った、冥王星の本格的な観測が開始される予定だ。まだ冥王星との距離が離れているため、当面は小さなドット程度にしか写らないというが、航行コースの正確な測定な、修正に役立てられるという。

 そして徐々に接近し、2015年7月14日に冥王星と衛星カロンに最接近する。通過後は、データを地球に送信しつつ、太陽系外縁のエッジワース・カイパーベルト天体の探査にも挑む。そしてゆくゆくはヴォイジャー1のように太陽圏を脱出し、星間空間を旅する予定となっている。

<参照>
NASA Spacecraft Returns New Images of Pluto En Route to Historic Encounter | NASA
http://www.nasa.gov/press/2015/february/nasa-spacecraft-returns-new-images-of-pluto-en-route-to-historic-encounter/index.html#.VNLgci72TdE

New Horizons - Happy Birthday Clyde Tombaugh: New Horizons Returns New Images of Pluto
http://pluto.jhuapl.edu/News-Center/News-Article.php?page=20150204
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1423139260/

【宇宙物理】ノーベル賞級の成果だった「重力波の痕跡」は誤り、銀河のちりの影響だった事が判明

[ 2015/02/04 11:31 ] [ 物理 ] [ コメント(15) ]
vjcdygw97r346697tlg.jpg


1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 18:33:10.53 ID:???.net

掲載日:2015年1月31日

 百三十八億年前に宇宙が誕生した直後の「重力波」の痕跡をとらえたとした米研究チームの
昨年三月の発表は誤りだったと、欧州宇宙機関(ESA)などの国際研究チームが三十日発表した。

◆ノーベル賞級成果 お預け

 発表後にデータの解釈に疑問が示され、専門家らが検証していた。重力波は、物理学者アインシュタインが
存在を予言。宇宙が急激に膨張したとする「インフレーション理論」を裏付けるとして観測計画が進み、
確認されればノーベル賞級ともいわれるが、今回はお預けになった形だ。

 米チームは、南極にあるBICEP2望遠鏡がとらえた「宇宙背景放射」と呼ばれる電波を分析、特徴的な
パターンを発見し、これが宇宙急膨張の際の重力波によって生じた名残だと昨年三月に発表した。

 だがこのパターンが銀河のちりの影響である可能性が浮上。BICEP2のデータに加え、ESAの宇宙望遠鏡が
観測したより広範囲のデータを、国際チームが分析し、ちりの影響に間違いないとの結論が出た。


 インフレーション理論は一九八〇年代初めに、佐藤勝彦自然科学研究機構長らが提唱した。

 <重力波> 地震のときに地盤のゆがみが地震波となって伝わるように、空間のゆがみが波となって伝わる現象。
宇宙が誕生した直後、インフレーションと呼ばれる急激な膨張が起き、そのときの空間のゆがみの痕跡が電波の渦に
なって今も宇宙全体に広がっていると考えられている。その痕跡をとらえれば本当にインフレーションが起きていた
証拠になる。宇宙誕生の謎を解く手がかりが得られるため、日米など各国が観測競争を繰り広げている。

◆衛星で精密観測も

 佐藤勝彦・自然科学研究機構長の話 (重力波の痕跡確認という)発表後、昨年中に別のデータをもとに否定的な
見方が出ており、今回の結論もだいたい予想通りだ。宇宙にはちりの少ない領域もあるようで、地上から観測する
チームは今後、そこを見るのではないか。進展に期待している。それで難しければ、専門の人工衛星による精密な
観測に頼ることになるだろう。各自がデータを明らかにして正しいと思うことを議論し、本当のことに近づいていく
という健全なやり方で研究は進んでいると思う。

<参照>
JPL | News | Gravitational Waves from Early Universe Remain Elusive
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?feature=4469

【宇宙】宇宙誕生時の重力波の痕跡を観測/「インフレーション理論」を裏付ける成果…カリフォルニア工科大など
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1395112822/

【天体物理学】重力波の痕跡は有意でない 宇宙背景放射の研究に疑義
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1401531359/

【宇宙物理】重力波観測、研究チーム「間違っていた可能性」
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1403332394/

<記事掲載元>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015013102000259.html
photo by LobStoR
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1422696790/


【物理】スペックが凄い!スーパーカミオカンデを上回る「ハイパーカミオカンデ」計画始動

[ 2015/02/03 23:28 ] [ 物理 ] [ コメント(24) ]
hda347809.jpg


1: オデッセイ ★@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 11:20:48.50 ID:???.net

ハイパーカミオカンデ計画 国際研究グループ結成
2015年02月03日08:46

201502030846_24238.jpg
写真:ハイパーカミオカンデ計画 国際研究グループ結成
ハイパーカミオカンデ実現へ向け国内外の研究者が集まったシンポジウム=千葉県柏市、柏の葉カンファレンスセンター

◆100万トン級水槽、ニュートリノ観測へ

 飛騨市神岡町で行われているスーパーカミオカンデ実験を飛躍的に発展させる「ハイパーカミオカンデ計画」の実現へ向けた国際共同研究グループが結成され、
千葉県柏市の柏の葉カンファレンスセンターで記念シンポジウムを開いて本格的に活動をスタートした。

 共同研究グループは、世界13カ国の研究者と研究機関が結集して組織。
計画では、神岡町内の地下に新たに100万トン級の巨大な水槽を建設。
直径48メートル、長さ250メートルの円柱水槽2基で、内部には感度をこれまでの1.5倍に高めたセンサーを9万9千本取り付ける。

2025年の運用開始を目指し、宇宙を飛ぶ自然ニュートリノや、茨城県の大強度陽子加速器施設(J-PARC)から発射するニュートリノビームを観測。
世界的な研究成果を出してきたこれまでをさらに大きく上回る精度で素粒子や陽子の研究を行い、素粒子物理学の新たな展開や宇宙の起源に迫る新発見を目指す。

 シンポジウムには約110人が参加。
計画の概要が紹介された後、世界各国の共同研究グループや国際協力について発表した。
また、計画の中心となる東京大宇宙線研究所と高エネルギー加速器研究機構が、具体化に向けた協定に調印。
梶田隆章研究所長は「ハイパーカミオカンデは、非常に重要なプロジェクトであり、これだけの規模で共同研究できることをうれしく思う。実現へ向け
どんどん計画を進めたい」と話した。

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150203/201502030846_24238.shtml

ハイパーカミオカンデ
http://www.hyper-k.org/index.html
http://www.hyper-k.org/overview.html
photo by Lucas Taylor
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1422930048/