宇宙&物理2chまとめ【宇宙】地球と火星を往復すると、許容限度近くかそれを超える宇宙放射線を浴びる可能性…一度往復すれば飛行士は引退に

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】地球と火星を往復すると、許容限度近くかそれを超える宇宙放射線を浴びる可能性…一度往復すれば飛行士は引退に

[ 2013/06/03 21:01 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(15) ]
entry_img_1016.jpg

1: ニュース二軍+板記者募集中!@pureφ ★ 2013/06/02(日) 03:30:34.17 ID:???

将来の有人火星探索における放射線曝露
Radiation on a Future Manned Mission to Mars

長い間SF のテーマであった火星への有人宇宙飛行に関連する放射線の害について、新しい報告により洞察がもたらされた。この報告では、2011 年と2012 年に火星の表面に探索機キュリオシティを運んだ宇宙船、マーズ・サイエンス・ラボラトリー(MSL)が経験した放射線環境について詳細が述べられている。

深宇宙での宇宙船における放射線曝露を評価したこれまでの研究は、この環境を遮蔽されない宇宙船で測定しており、その結果は、遮蔽装置で防護された宇宙船に乗って火星のみ、あるいはその他の深宇宙の目的地に向かって飛行する人間にもたらしうる害についての情報がほとんど得られなかった。

このような宇宙飛行の往復には数年かかり、乗船している物や人間は大量の銀河宇宙線(GCRS)や太陽高エネルギー粒子(SEP)に曝露される。宇宙船が吸収する放射線の特徴を明らかにすることは、宇宙船を改良して、宇宙飛行士の将来の飛行をより安全なものにするために極めて重要である。

今回Cary Zeitlin らは、たとえばアポロ宇宙船と比較してはるかに厳重な、複雑な遮蔽装置によって防護されたMSL 内のGCR およびSEP による放射線の詳細な測定データを報告した。253 日間にわたるMSL の火星への行程のほとんどにおいて、高エネルギー粒子測定装置(RAD)と呼ばれる機械により、MSL 内の高エネルギー粒子放射線環境について詳細な測定が行われた。

MSL で用いられている遮蔽装置は、深宇宙を目指す将来の有人宇宙旅行で使われであろうものと類似しているため、MSL の船内から報告された線量は現実的な数値である。

今回の測定結果に基づいてZeitlin らは、火星への往復飛行を行った場合に宇宙飛行士が受けるであろう放射線量は、飛行士の生涯許容線量の限界値にかなり近いものとなるとしている。火星の表面で過ごす時間を考慮すると、被曝量はさらに増大するであろう。

Zeitlin らによる報告は、いつの日か人を乗せて火星にいくことになる宇宙船の遮蔽技術の改良を促進するであろう。これは、宇宙飛行船モデル開発という試行錯誤のプロセスにおける重要な最初の一歩である。

Science 2013 年5 月 31 日号ハイライト
http://www.eurekalert.org/pub_releases/translations/sci053113jp.pdf

Measurements of Energetic Particle Radiation in Transit to Mars on the Mars Science Laboratory
C. Zeitlin, D. M. Hassler, F. A. Cucinotta, B. Ehresmann, R. F. Wimmer-Schweingruber, D. E. Brinza, S. Kang, G. Weigle, S. Böttcher, E. Böhm, S. Burmeister, J. Guo, J. Köhler, C. Martin, A. Posner, S. Rafkin, G. Reitz
Science 31 May 2013: Vol. 340 no. 6136 pp. 1080-1084 DOI: 10.1126/science.1235989
http://www.sciencemag.org/content/340/6136/1080

火星往復、一度で飛行士引退の被曝量…NASA

【ワシントン=中島達雄】地球と火星を往復すると、許容限度近くか、それを超える宇宙放射線を浴びる可能性があるという研究を米航空宇宙局(NASA)のチームがまとめた。

 火星に送り込んだ無人探査車キュリオシティに測定器を付け、宇宙船内に飛行士がいる場合のデータを解析した。それによると、地球―火星を1年で往復したとすると、660ミリ・シーベルト前後の放射線を浴びる。

 地球上で自然界から浴びる放射線は、世界平均で年2・4ミリ・シーベルトで、その275倍に当たる量だ。
火星に着陸して作業などをすれば、被曝(ひばく)量はさらに増える。

 NASAは宇宙飛行士ががんになる危険性を抑えるため、被曝量に制限を設けており、30歳で宇宙を初飛行する場合、男性は生涯で800ミリ・シーベルト、女性は600ミリ・シーベルトを超える放射線を浴びてはならない。一度、火星まで往復すれば、飛行士を引退することになる。

読売新聞 2013年6月1日18時49分
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130601-OYT1T00550.htm
© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1370111434/









2: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 03:34:43.35 ID:wnRYmF5+

画期的な放射線シールド技術とか出てこないもんかなぁ


5: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 03:45:02.09 ID:7+AX8eU7

>>2
>画期的な放射線シールド技術とか出てこないもんかなぁ

重量無制限なら100%防げるよ。
水タンク厚さ1mなんかでも良い。そんな重い宇宙線を打ち上げるのは
不可能な事が問題かな。


9: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 04:04:22.82 ID:6O/fHUEk!

>>5
軌道エレベータが完成するまで待つしか無いな


26: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 15:17:47.01 ID:crTcueGN

>>5
それいいじゃないか。
空タンクで打ち上げて上空で補給すればいい。


48: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 13:42:55.27 ID:yswdZmu1

>>5
逆に大型のステーションか何かならそれで良いわけか。
ちまちま運んで燃料の液水と液酸で燃料電池で貯めると。
静止軌道あたりで。
火星はしらん……


18: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 07:25:51.91 ID:bp74qYBL

>>2 地球の磁気圏を再現すればいいんでしょ

宇宙船のスケールでやるか、惑星レベルの改造なのか、
ポータブルでやるかってところは考えどころだけど


4: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 03:44:29.17 ID:onWlZ9Mg

このままじゃあ宇宙へ移住できないのか。
宇宙で次の世代を育てるなんてまだまだだったのね。


7: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 03:56:25.35 ID:eBlJJTLQ

月や宇宙空間で宇宙船を組み立てられるようにならなきゃ駄目かねぇ
生活用水をドーナツ状のタンクに貯蔵、宇宙船放射時にはその中へ避難…
ようはソコソコの質量の壁の陰にかくれればいいワケで


8: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 04:00:07.59 ID:ZxEPsGDG

issでの被爆については触れないんだ


15: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 06:09:00.01 ID:lgc+rEHm

>>8
>宇宙飛行の往復には数年かかり
issは数か月、火星の往復は数年、時間の単位が違う。

自然放射線 宇宙線によるもの - Wikipedia
地球磁気圏内である高度400km前後の上空で周回する国際宇宙ステーション滞在中の宇宙飛行士の被曝線量は、1日当たり1 mSv(= 1,000 μSv)程度となる。地球磁気圏外の宇宙空間でも同様に被曝線量は1日当たり1 mSv(= 1,000 μSv)程度と言われている。

宇宙飛行士のワレリー・ポリャコフは、1994年1月8日にソユーズTM-18で打ち上げられ、ミールLD-4に437.7日間滞在し、単一ミッションでの最長宇宙滞在時間の記録を有する。この宇宙飛行での被曝線量は400mSvを超えていると推定される。




11: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 04:55:39.21 ID:WyhcVrdd

火星にはバンアレン帯が無いんだろ?


12: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 05:44:12.08 ID:AKwsdUD0

カイジにでてるような連中が行けばいいのよ
10往復ぐらい大丈夫


14: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 06:08:24.78 ID:+JhetKp2

国際宇宙ステーションの軌道は、バンアレン帯内部。
更に言えば広義の「大気圏内」と言ってもいいくらいの低軌道。

放射線の心配が必要なほどの「宇宙空間」ではない。


16: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 06:23:37.57 ID:Tqg6khWn

人間の知能指数は超天才クラスでも170~180程度です。
宇宙の知的生命体の知能レベルを対人間の知能指数でいえば
最高レベルで1万は楽々超えるが彼らは天体移住とか馬鹿々しいことは考えない。
生まれた天体に静かに暮らして運命を受け入れる、これがデフォです。
天体移住など考えるのは人間みたいな低レベル知能生命体に見られる特徴で
一種の中二病的な病と考えられます。


17: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 07:08:20.55 ID:E05dAvpM

>>16
それはいえるかも。火星を緑地化するだとかマーズワン計画だとか言われてるが
そんな予算と技術があるなら、地球の環境を守る事に費やした方が有意義だ
どうせ太陽が寿命を迎え、地球が滅びる頃には火星も滅ぶのだから


19: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 09:13:34.47 ID:US3RNi2T

>>17
地球は数百万年ごとに生物種の90%が死滅する危険な場所だぞ?


20: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 13:54:10.82 ID:tJbyrgCO

宇宙へ出るなら遺伝子を組み換えるしかないな
それが可能な時代でもある
例の火星に行ったっきりの予定の人たちの遺伝子を改造してやれ


24: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 14:54:27.33 ID:GPcgWaP+

あー距離とかに目が行きがちだけどそういう問題もあるのか


28: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 15:52:09.89 ID:msrUBQh+

放射線を浴びる可能性は考えなきゃいけないけど
宇宙飛行士が引退するかどうかなんてどうでもいい話だろ
まあ「それぐらい浴びる」という例えなんだろうけど
失敗したら引退どころじゃなく確実に死んでしまう職業だろ


29: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 16:07:33.54 ID:dSGcvYY2

往復で10年宇宙飛行士業務に従事してそれで引退なら本望じゃないか


31: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 18:42:18.71 ID:IBV/nPFM

すんげぇ加速して、短期間で行ければ良いのだろう。


36: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 23:30:22.42 ID:nwVE/MDG

わざわざ火星に行く必要がどこにあるんだろう。大量の放射線を浴びてまで。
テラフォーミングも不可能だというのに。


38: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 23:38:42.75 ID:US3RNi2T

>>36
月に行くときだってバンアレン帯に捕らわれた濃密な放射線の
中を突っ切って行ったよ。
自分の生活圏から外にいくという行為は生命の根本的性質だからどーしよーもない。


39: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 03:26:53.40 ID:sSiMiFgu

>>36
初めて宇宙へ出ることができる生命体としての義務だよ
初めて海から地上へでた生命のように


41: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 05:48:49.66 ID:fApHkUrj

>>39
きっと人類が科学を手に入れたのは宇宙進出が生命進化の限界を超えた事象だからだと思う。
つまり大脳の発達は地球環境を脱出するために何億年もかけて進化した地球生命体進化圧力の結果なのではと。
 宇宙進出を人類が諦めたら別の種族(たとえば誰かが書いてるように高度な知能を獲得したロボット群とか)が役割を引き継ぐだろう。


37: 名無しのひみつ 2013/06/02(日) 23:37:51.42 ID:R0o10eSC

宇宙に進出するのは人間じゃなくてロボット群でしょ。
人間なんて100年で死んじゃうし、宇宙探索には使い物にならん。


44: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 09:36:01.00 ID:Tu3oxEW6

別に遮蔽しなくても、反らせればいいんだけどなあ
磁力でなんとかならんかね
電池ぐいか


45: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 09:53:55.37 ID:VUfNrNB7

>>44
磁場だと非荷電粒子がどうにもならないんだよな


46: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 10:21:42.74 ID:tF0UZ/b1

テラフォーミングが不可能とわかったら、さっさと手を引いたほうがいいな
金の無駄遣いだわ


49: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 14:18:35.24 ID:iaWw9Lhw

>>46
火星探査=テラフォーミングだなんて胆略的な思考だよな


47: 名無しのひみつ 2013/06/03(月) 12:08:45.44 ID:Tu3oxEW6

でも隕石やその他の天災リスクで一発絶滅が回避できないうちは、宇宙に出る努力は続けないと。
放射線耐性を生体に付与してもいいし、ガン化してもそのガンが容易に治せる、でもいいけど、放射線は克服しなくてはいけないハードルだ


銀河宇宙線 - Wikipedia
外部から太陽系へ入り込んだ高エネルギー荷電粒子のことである。この銀河を由来とする宇宙線は、陽子、電子、完全にイオン化した軽元素の核からなり、地球大気中において宇宙線による核破砕の強力な発生源になる。
銀河宇宙線は有人宇宙船による惑星間旅行計画を邪魔する最も重要な障壁の一つである



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 7272 ]
やばいな
[ 2013/06/03 21:31 ]
[ 7273 ]
なんにしても軌道エレベーターだな
難点が技術的なことより政治的とか世界情勢な部分が大きそうなのが少しイライラするけど

[ 2013/06/03 21:38 ]
[ 7278 ]
そして人はイカになった
[ 2013/06/03 22:46 ]
[ 7279 ]
ヒディアーズに進化すればいいんだろ
[ 2013/06/03 22:53 ]
[ 7281 ]
そのロボットに人の意識を移すことから始めようじゃないか=半不老不死
[ 2013/06/04 00:05 ]
[ 7282 ]
むしろブリキ野郎になるべき
[ 2013/06/04 00:05 ]
[ 7284 ]
火星まで最も燃料を使わない軌道で約半年だと思うけど、往復数年ってどこまで行く気なんだろう。
土星くらい?
[ 2013/06/04 01:41 ]
[ 7290 ]
16はどうしてそんなことが分かるんですかね
一番厨二なのはこいつだろ……
[ 2013/06/04 11:35 ]
[ 7293 ]
なんかゴキブリの漫画に影響された人が多いような
[ 2013/06/04 18:25 ]
[ 7295 ]
イカに強制進化するしかないじゃなイカ!
[ 2013/06/04 20:53 ]
[ 7298 ]
ロボットが尖兵と聞いて、冷凍生死と冷凍卵子を抱えたロボットが外宇宙へ旅立つ妄想

それにしても放射線は、捻じ曲げるのがいいのか減衰させるのがいいのか。教えてえろい人

[ 2013/06/04 22:37 ]
[ 7303 ]
火星に移住より隕石当たって人類終了でしょ
[ 2013/06/04 23:36 ]
[ 7312 ]
1Gでコンスタントに加速できる時代になれば、
所要時間もぐんと短くなるんでないの?
船内に疑似重力ができるから色々捗るし。
燃料的な意味で、一体いつそんな時代が来るかは知らんけど。
[ 2013/06/05 12:14 ]
[ 7313 ]
核パルスエンジンが実用化されれば連続1Gは無理でも火星まで一ヶ月程度で行けるようになるらしいよ。
部分的核実験禁止条約のあおりを食らって研究は中止されたけど、なんか最近研究再開の話も聞こえてきてる。
本気でやったら軌道エレベーターより早いんじゃないかな。
[ 2013/06/05 15:34 ]
[ 7342 ]
いちおうNASAの見解としては想定の範囲内でこれからの技術開発で耐えられる可能性が高いのでのーまんたい
[ 2013/06/06 15:35 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)