宇宙&物理2chまとめ【物理】量子力学の新解釈「Qビズム」 波動関数は世界に実在するのではなく個人の主観的な心の状態を反映しているだけ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【物理】量子力学の新解釈「Qビズム」 波動関数は世界に実在するのではなく個人の主観的な心の状態を反映しているだけ

[ 2013/06/12 21:01 ] [ 物理 ] [ コメント(17) ]
entry_img_1026.jpg

1: 依頼35-135@pureφ ★ 2013/06/11(火) 22:07:48.76 ID:???

特集 量子の地平線
Qビズム 量子力学の新解釈

wave-function_1.jpg
Image: Caleb Charland

 量子力学は非常に成功した理論ではあるが,奇妙なパラドックスに満ちている。量子ベイズ主義(Qビズム)という最近発展したモデルは,量子論と確率論を結びつけることで,そうしたパラドックスを解消,あるいはより小さな問題にしようとする。

Qビズムは量子的パラドックスの核心をなす「波動関数」を新たな概念でとらえ直す。一般に波動関数は粒子がある性質(例えばある特定の場所に存在すること)を示す確率を計算するために用いられるが,波動関数を実在とみなすと様々なパラドックスが生じてくる。

Qビズムによれば,波動関数は,対象の量子系がある特定の性質を示すはずだとの個人的な「信念の度合い」を観測者が割り当てるために用いる数学的な道具にすぎない。この考え方では,波動関数は世界に実在するのでは
なく,個人の主観的な心の状態を反映しているだけだ。


Hans Christian von Baeyer

理論素粒子物理学者で,38年間教鞭を執ったウィリアム・アンド・メアリー大学の名誉教授。アメリカ物理学会のフェローであり,6冊の一般向け科学書がある。アメリカ物理学協会のサイエンス・ライティング賞を2度受賞したほか,ウェスティングハウスAAASライティング賞,全米雑誌賞(エッセイ・批評部門)を受賞している。

 翻訳は慶応義塾大学大学院/日本学術振興会特別研究員の杉尾一さん,監修は芝浦工業大学助教の木村元氏。

H. C. フォン・ベイヤー(ウィリアム・アンド・メアリー大学)/日経サイエンス  2013年7月号
http://www.nikkei-science.com/201307_054.html

Quantum Weirdness? It’s All in Your Mind(SCIENTIFIC AMERICAN June 2013)
http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=wave-function

関連情報
量子ロシアンルーレット
榛葉豊/静岡理工科大学総合情報学部 2012年3月21日
http://www.sist.ac.jp/~shinba/quantumsuicide.pdf
© By Belsazar
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1370956068/









2: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:08:42.04 ID:A7VOJM2v

あ?


4: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:8) 2013/06/11(火) 22:11:47.16 ID:wOB0/91I

>>1
どう解釈するかは哲学の問題。
現実に現象を説明するのが科学。


5: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:13:18.99 ID:kIb88UZw

>>4
哲学の延長が科学だと思うの


24: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:44:09.29 ID:puvkYh2n

>>5
科学の先に哲学があるのかもしれんよ


6: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:13:52.59 ID:qCRJL3WY

信念の度合いで波動関数の集束が変わるって?
つまり根性だな?


8: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:19:24.31 ID:548JGYCZ

それはどうだろうか


9: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:19:33.32 ID:KJjZqTHH

粒子一個の位置ぐらいなら主観で変えられると言うことだな。


10: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:19:55.19 ID:KEVXhjrD

この動画が面白かった

二重スリット実験
http://www.youtube.com/watch?v=pIWuNNF1VZo


12: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:27:32.09 ID:I3NtUiKO

どだい人間の知能ごときですべて解明しようとすること自体おこがましい


18: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:36:06.26 ID:taOSkFPg

>>12
シャーマニズムでも信奉してろよw


21: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:42:36.12 ID:uARPxF8m

>>18
既知宇宙は少なくとも4次元時空だが、人間は3次元までしか脳内で演算できない

人間の知性には限界があると俺も思う


26: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:44:23.37 ID:qCRJL3WY

>>21
n次元を扱った数学ならフツーに有りますが?


27: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:59:15.90 ID:VrS1AaOY

>>26
扱えるとイメージできるは、別物だよ。


32: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 23:22:03.15 ID:uARPxF8m

>>26
いいたいことが伝わらなかったようだから、もう一度いうと

我々は「特別な抽象操作」(数学のこと)をしなくても、ある物体とある物体の位置関係を明確にイメージできる
(テーブルの下におかれた本を想像して、といわれたら大抵の正常な知性をもったヒトなら間違いなくできる)

ところが、我々はこの宇宙の実在である4次元時空でさえも「特別な抽象操作」(数学のこと)の補助がないと明確にエミュレートできない
(x=1,y=2,z=3,w=4にあるテーブルとx=4,y=3,z=2,w=1の本の位置関係を想像してみて、といわれてもふつうはできない)

科学エッセイにはよく2次元人(flatlandの人々)の話がでてきて「なんて可哀想な2次元人!」と扱われているが
我々は実際のところ4次元時空に存在する実在であるのに、高等教育を受けていない生来の脳は3次元までしか操作できない
例えば直交する軸を3本までしか脳内で引くことができない

だから、我々の知性はもともと限界があり、それを高等教育による抽象操作によって辛うじて世界を理解しているのではないか
というのがわたしの主張


46: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 00:15:36.23 ID:vGP/SaIr

>>32
そりゃ人の脳細胞は有限個だし反応速度も有限なんだから、知性に限界はあるに決まってる。
でも、4次元図形を頭の中で想像して回転したり、
展開できる人は位相幾何やってる数学者には珍しくない。

4次元図形の回転の投影図アニメを表示するJavaアプレット作ってる
ひともいるから、4次元図形が想像できるように訓練してみたら。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~mt_home/fourd/fourh.htm


85: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 05:39:02.99 ID:31/r7fRz

>>32
>我々の知性はもともと限界があり
「我々」に常識的な育てられ方をした脳、という
暗黙の条件がついてるんだからできないことがあるのは当たり前。

しかし、本当に脳の機能限界なのかどうかはまだわからない。

人道主義を無視した人体実験ができないからそのあたりの
追求ができないわけで、人体の機能的な限界よりも、
社会的な限界の方がより狭い。


13: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:31:01.85 ID:Rp1NHfoz

観測の手段として行う行動が、波動関数として表現されるある傾向を示すと期待することそのものが、観測される事象に影響を及ぼす可能性を示している、ということかな。
つまり、波動関数は人間の認識手段の傾向を表しているのであって、物理現象そのものの表現とは言えない、かもしれない。ということかな。


14: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:31:35.11 ID:jDbNVI0i

アマゾンのサルが目の前にPS4とモニタ置かれて
リタルタイム演算画像が映し出される仕組みを必死に理解しようと努めた挙句
馬鹿みたいな誤った理屈を導き出して、ドヤ顔で勝手に納得したって感じだな


15: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:31:36.17 ID:4id94ocK

個人の主観に責任おしつけて何か解決すんの?


20: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:40:33.36 ID:yOHmZOLE

現象を解釈するんだから、当然主観でしか解釈できないだろうね。
そもそも解釈しても意味が無い。そういう風にこの世界は出来ているとしか
言いようが無い。


22: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:43:06.94 ID:kll6H3Lz

多世界解釈とも違うのか?


25: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 22:44:22.40 ID:Rp1NHfoz

違うんじゃね?
この世界がどうなっているかは分からんけど、
観測される姿を波動関数で確率的に予測することはできるってことでしょ。
不可知論の態度とは違う。

関連記事:
【物理】パラレルワールドって確実にないって言えるの?




30: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 23:11:59.84 ID:0WqAkrPO

量子コンピュータの出番ですなw

今年こそ進歩しますよきっと


31: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 23:14:51.97 ID:Vx62eB/M

数学屋が本気になれば、波動関数と無矛盾に成立する、
決定論的な数理モデルくらい作れそうなものだが。


36: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 23:33:36.13 ID:TxPl0T25

きゅびずむってあれかい、なんか画伯の福笑いみたいの。


39: 名無しのひみつ 2013/06/11(火) 23:48:05.82 ID:j6mN9bzC

>>36
それはピカソとかが始めた絵画技法「Cubism」(キュービズム)。
データ少佐も研究して詳しいらしい
(アンドロイド将校は、バイオリン弾くだけでなく絵も描けるのだろうか?)

ちなみに、当スレの「Qビズム」は、量子(Quantum)とベイズ(Beyse)確率論から
合成した造語らしいけど、絵画のキュービズムにひっかけたもじりだと思う


44: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 00:09:46.63 ID:rRbgS2uY

>>1
>波動関数は世界に実在するのではなく,個人の主観的な心の状態を反映しているだけだ。


これはちょっと説明が違うだろう。
例えば「熱」は世界に実在しない。しかし、人は「熱」という概念を物理世界で操作する。
「心」とか「主観」というよりも、生物の進化過程で体(感覚)や脳(認識)に組み込まれたものだ。

波動関数もそれに似ている。「人の認識形式」「脳の理解力」に生物学的に組み込まれたもの。
そして、それは必ずしも一意的なものではない。脳はフレキシブルだから。
「多宇宙」でも良いかも知れない。


47: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 00:23:43.26 ID:GGTMMEQg

観測系が揺らいでいるので観測するものは確率にしかならない
この世に絶対系が存在すれば話は別なんだか


48: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 00:24:34.17 ID:xViuealU

個人的な「信念の度合い」に合致する観測結果を皆が共有してるのはなぜ?
それって主観なの??
って思ってしまう。


49: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 00:35:35.29 ID:rRbgS2uY

「熱」も「エネルギー」も「エントロピー」も、唯物論的な実在ではない。
かと言って、人間の「心の主観的な状態」との説明はぎごちない。

生物/ヒトの進化の過程で獲得した認識形式のひとつ。
だから、ヒト皆で共有できる。しかし唯一的なものでもない。

波動関数も似たようなもの。


54: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 01:19:14.00 ID:KyTt9V1A

>>49
そんなのは全ての物理法則に言える話だよね
物理法則なんて人間が観測した結果に合うように数式を当てはめただけなんだから

波束の収縮の解釈ならともかく、観測結果と合致する波動関数を他とは分けて
主観と結びつけるのはどうも違和感を感じる


50: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 00:38:21.49 ID:vGP/SaIr

なんで観測者の主観が出てくるのかよくわからん。

スリットでの電子の干渉にしたって、波束の収縮が起きて
フィルム上の1点になるのは、電子という不確定性が大きい微小なものと
フィルムという不確定性の小さい大きい物体が反応した時に起こると
思うんだが。


51: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 01:00:20.00 ID:XW436vw3

>>50
波束の収縮って解釈がそもそも間違いだという事なんじゃないの???


53: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 01:18:09.19 ID:KjBYlGes

つまり人類が滅亡したら宇宙が崩壊するの?


91: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 08:30:44.80 ID:PyWLn3I+

>>53
人間がいなくなっても宇宙は何も変わらんよ。
人間にとっての宇宙が消滅するだけ。


58: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 01:48:12.76 ID:h2xAGKDY

観測すると収縮するのはわかったが
電子の発射時は、どの時点で波になるんだ?
発射装置の中にあるときは周りの物質にぶつかりまくって収縮しまくって粒子状態だよな?

接触(観測)されなくなってから時間が経つとだんだん位置がぼやけてくるのか?

電子に対する「観測による接触」と「発射装置から発射される瞬間の接触」の違いってなんだ?

電子を一個づつ発射する装置に肝があるのか?

う~ん


61: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 01:55:45.90 ID:nK/R4rCC

>>1
コペンハーゲン解釈を厨二病的に言い換えただけで、何一つ知的進歩がないと思う


63: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 01:58:34.81 ID:0xyd6Orb

日経サイエンスでこれ
「QB主義」という風にも書かれててワロタ


65: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 02:13:11.76 ID:rqqZDe4q

波動関数の収束がレンダリングだと考えると、ただでさえ魅力的な宇宙ホログラム説が眩い光を放ち始める


66: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 02:14:42.74 ID:eMxJidZl

日経サイエンスでこれ読んで気になったのは
心の中にしかない波動関数がなんで干渉を起こすのかってこと


67: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 02:20:21.13 ID:cCFZuRDf

もうここら辺までくると正直宗教と区別が付かんわ
馬鹿でごめんなw


93: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 10:42:20.25 ID:7R7hlc2j

>>67
科学って数字を崇める宗教だろ


68: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 02:33:07.83 ID:XJDoAsA8

ダランベールの解は、波動をサインカーブに限定しないよね。
物質波がサインカーブであるというのも、特に説明も無く受け入れてるけど、根拠無いよね。
こういうのが「波動関数は世界に実在するのではなく、個人の主観的な心の状態を反映しているだけだ」ってことなのかな。
解ってることと主観の混同はやめないとね。


86: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 05:46:28.24 ID:31/r7fRz

>>68
>物質波がサインカーブである

誰もそんなこと言ってない。
現在のところ「重ね合わせの原理を逸脱する物質が発見されていない」だけだ。

三角関数の重ねあわせで表現してもいいし、
他の関数の重ねあわせで表現してもいい。無限の表現の方法がある。
議論するときに便利だから三角関数が登場する機会が多いだけだ。


70: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 02:40:31.87 ID:BvzZUZ6+

解決できるのは哲学だけ

物理だけでは不足
数学だけでも不足

哲学だけがそれらを補って統合できる表現をもつ


71: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 02:44:33.77 ID:BvzZUZ6+

「信念の度合い」なんてそもそも測れるもんじゃない
それを「波動関数」と言い換えてるだけ

「私は7割で信じる」なんて「信念」の扱い方はおかしい


72: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 02:54:19.40 ID:BvzZUZ6+

「われわれが量子論において数学的に定式化した自然法則は、
もはや粒子そのものにかかわるのではなくて、
粒子に関するわれわれの知識を扱っているのである。」 ハイゼンベルク


76: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 03:53:04.36 ID:MAPn9GNp

どういう事なんだYO
この世界の物理法則は人間フィルターを通してるから現存する数式は正確じゃないって事か?

あれか、神様に数式見せたらプゲラッチョって言われるのか?


78: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 04:12:56.15 ID:A5mMDaEE!

まず、実在ってのは何か定義しろや。


80: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 04:43:56.56 ID:/vPwYglS

そもそも科学的な理論は思考やインスピレーションの産物で
その理論を指す具体的なものが現実に存在したのではなく
その考えやアイデアを現実に当てはめるとよく一致したというものじゃないか
だから極小単位の世界で古典物理学が通用しなくなったり考えそのものが適用できない領域を発見する度に新たな考えが生まれる
そういうことの繰り返しだからなにを今更言っているんでしょうか?


81: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 05:00:29.96 ID:/vPwYglS

だからその考え方が実際の現象とあまり一致しないならば新たな考えが必要ということ
そしてもし法則を特定できなければ科学終了・・・・かどうかは知らない


82: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 05:25:53.84 ID:cqO05OIW

そんなの判ってるだろ!
その結果が誰がやっても同じになるから説明できねーんだよ!


83: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 05:33:38.85 ID:voCSPxKk

QB主義は、既存の量子論が導く「猫の生と死が重ね合わせ状態になってる」等が気にくわないから、
波動関数を実在ではなく「信念の度合い」とするだけ。

「では真には何が実在してるのか?」という問いには、「波動関数以外の未知の何か。将来に期待」としか答えない。


94: 名無しのひみつ 2013/06/12(水) 10:46:39.93 ID:eMxJidZl

宗教と科学の違いは
根拠を「偉大な誰かが言ったこと」に求めるか
「誰も文句をつけられないこと」に求めるか


関連記事:
【物理】量子力学ヤバすぎワロタwwwwwwwwwwww



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 7504 ]
科学で解析しても、解釈はその人次第だもんなぁ
[ 2013/06/12 21:26 ]
[ 7505 ]
観測問題とかそういうものじゃなくて今まで議論されていた物は一種の認識的錯視なんじゃないかということでは
例えば時間という概念もそういう本当は実在しない物なんじゃないかと言われてるよね
[ 2013/06/12 21:37 ]
[ 7506 ]
中二病的に捉えると人の意識が物質に影響を与え得るという事を示唆してるよな?
極端に言えば超能力もOKになりそうな理論だけに
既存の学者からの反発は多いだろうなぁ
オレ的には好きだけどなこういう理論
[ 2013/06/12 22:18 ]
[ 7507 ]
アーヴの感覚が理解できないのは仕方ない
[ 2013/06/12 22:21 ]
[ 7509 ]
すごい虚数を定義したら手当たり次第矛盾が消えちゃったから良いんじゃね的な何かを感じる。
すごい所詮はミクロレベルの話で世の中を変え得る力なんか出て来ないんだろ的な何かを感じる。
すごい熱が実在しないとかキリっと言える人々の方が理解できなくね的な何かを感じる。
>7505
時間て普通に無いくね?針とか星とかクルクル回してたり水や砂が移動してたりミクロレベルの変化はスルーしたり完全と証明されていない生命体の細胞分裂がコピーエラー検知して確率的に止まったり意外に止まらなかったりするから時間が存在するんだゴラァ的な何かを感じる。五感異常で分からんから時間が虚数扱いなら分かる。
[ 2013/06/12 23:43 ]
[ 7510 ]
呪力
[ 2013/06/13 00:06 ]
[ 7511 ]
量子ベイズ主義ってことはベインジアン?
ゲーム理論の人間だから詳しいことはわからないけどここでの信念ってベイズ的な信念(Belief)だよな?
それってこの位置に粒子を観測する私は○○%で存在する的な?
粒子の位置が確率的なんじゃなくて観測者の状態が確率的ってこと?
[ 2013/06/13 01:56 ]
[ 7514 ]
言語が世界を区分しているからじゃないの?
[ 2013/06/13 06:39 ]
[ 7515 ]
主に人間の自由意志が、物理法則の因果律を無視しているって意味

昆虫は利己的に動作する
動物の全てが利己的な判断を下すとすれば、それは決定論であり、誰も運命に介入は出来ない

人間は時として利他的に動く、自己の保存を無視して行動する人間は自由意志を持っている

波動関数だのどうだのと言う話は、結果を選択できる自由意志を持つ人間だから成立するのであって
”利己的にしか動けない”昆虫には、最初からそんなもんは存在しないってこと
答えを一つしか出せないのだから、未来は分岐などしない
[ 2013/06/13 07:18 ]
[ 7516 ]
そりゃ世界は物理法則に従って動いてるんじゃなくて自然に従って動いてるんだから当たり前だろ
最初に実在したのは自然、あとから定義されたのが量子力学
それだけでしょ?
ニュートン力学は世界に(以下同文
とか言ったって何の意味もない気がするんだが
[ 2013/06/13 09:04 ]
[ 7519 ]
人間原理とどう違うん?
[ 2013/06/13 11:38 ]
[ 7538 ]
く、クオ
[ 2013/06/13 19:55 ]
[ 7556 ]
蛮性と理性の差
[ 2013/06/14 05:10 ]
[ 7658 ]
ネーミング的にはキュビズムよりシュルレアリズムっぽい
[ 2013/06/16 16:49 ]
[ 7683 ]
この説明聞く限りだとなんかうさんくさい説だな
[ 2013/06/17 03:11 ]
[ 7771 ]
>Qビズムによれば,波動関数は,対象の量子系がある特定の性質を示すはずだとの個人的な「信念の度合い」を観測者が割り当てるために用いる数学的な道具にすぎない。

意味不明。ミクロスケールの状態なんて想像すらできないのに、信念なんて荒い枠組みがパラメータになるはずがない。

というか長々書いてるけど、要は重ね合わされた各状態の確率が、その状態の実現に対する個人の信念の度合いに対応してるかもしれない!ってだけの主張だろ。
万歩譲って正しかったとしても量子力学の数理を一切発展させない無害かつトンデモな何の力も持っていない解釈。
[ 2013/06/19 23:53 ]
[ 16844 ]
数学的に高度で抽象的なつじつま合わせに過ぎないと・・・。
[ 2015/02/15 14:46 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)