宇宙&物理2chまとめ【宇宙】地球の生命誕生は、火星から飛来した隕石の「モリブデン」と「ホウ素」がきっかけか?

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】地球の生命誕生は、火星から飛来した隕石の「モリブデン」と「ホウ素」がきっかけか?

[ 2013/09/03 21:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(8) ]
entry_img_1126.jpg

1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★ 2013/08/31(土) 21:43:03.64 ID:???

【8月30日 AFP】地球の生命の誕生は、火星から飛来した隕石(いんせき)によってもたらされたカギとなる鉱物のおかげだという新説が29日、発表された。

 カギを握る要素は、酸化鉱物の形態の「モリブデン」という元素だ。
この形態のモリブデンは、生命の形成に欠かせない要素の炭素分子が分解してベトベトしたタール状物質になるのを妨げる働きをする。

 この説を提唱するのは、米ウエストハイマー科学技術研究所(Westheimer Institute for Science and Technology)のスティーブン・ベナー(Steven Benner)教授だ。
同教授は、イタリア・フィレンツェ(Florence)で開催される地球化学者の国際会議でこの説を発表する予定だ。

 ベナー教授は「初期の生命がどのようにして形成されたかにモリブデンが影響を与えられるのは、モリブデンが高度に酸化された場合に限られる」と声明で述べている。
「この形態のモリブデンは、生命誕生当初の地球では得られなかったかもしれない。
30億年前の地球の地表には酸素がほとんどなかったからだ。だが火星にはあった」

 荒れ狂う環境だった当時の太陽系では、初期の地球には彗星(すいせい)や小惑星が何度も衝突していた。
火星もまた、この激しい衝突にさらされていただろう。
火星の地表は衝突の衝撃で砕かれ、破片となって宇宙空間に飛び出し、そこを漂っているうちに、最終的に地球の重力で捕捉されたのだろう。

 火星の隕石に関する最近の分析で、モリブデンとホウ素の存在が明らかになった。
ホウ素もまた、水の腐食作用からRNA(リボ核酸)を守る働きによって、生命を育むのを助けたのだろう。

 ベナー教授は「実はわれわれは皆火星人であり、生命は火星で始まり岩に乗って地球にやって来たという説が、この証拠によって構築されるように思われる」と話す。
「それにしても、われわれがここ地球にたどり着いたのは幸運だ。
生命を維持するという点では、地球は確かに火星より優れているからだ。
われわれの仮説上の火星の祖先が火星にとどまっていたなら、語るほどの話はなかったかもしれない」(c)AFP

AFPBB
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2964881/11264675 
© By Vate
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1377952983/









2: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 21:45:54.15 ID:xQm7Lmfc

ロマンやなあ


3: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 21:46:13.60 ID:BSbDcSZT

パンスペルミア説かとおもった


15: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:14:39.36 ID:jBUaUFtF

>>3
パンスペルミア仮説は大まかに分けて三通りくらいあって
まず始めに生命はほかの天体で生まれ何らかの要因で地球に運ばれた最もスタンダードな仮説と
神か宇宙人みたいな存在が意図的に生命を地球に持ち込んだSFチックな仮説が二番目で
そして生命の材料が宇宙から運ばれ地球で生命が誕生した仮説が三番目
学者が真剣に議論してるのが三番目

500px-Panspermie.jpg

パンスペルミア仮説 - Wikipedia
この仮説は《生命の起源》について多くの人々が無意識のうちに前提条件として地球の生命は地球で生まれたと思ってしまっていることについて注意を喚起するものである。
この説のアイディア自体は元々は1787年ラザロ・スパランツァーニ(スパランツァーニも自然発生説を否定した実験で有名である)によって唱えられたものである。





6: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 21:52:04.70 ID:ZEFj/Qc3

最近こういうトンデモ説っぽいのがよく大々的にニュースにされるようになったね


7: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 21:56:10.37 ID:BSbDcSZT

元はといえば超新星爆発でばら撒かれた元素なのだから
われわれは超新星人ではないか


9: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 21:57:37.13 ID:VJt23pR1

逆に地球から微生物入りの隕石が火星に行くこともありえるんだよな?


79: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 14:51:30.25 ID:T1VwGgbC

>>9
火星にあるプラスティック片とか


10: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:01:45.34 ID:djBu72sN

この理論で人工生命作れたら信じる
太陽系内で発生したとは思えんけど


11: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:04:45.40 ID:hIK3zwRR

丸山茂徳は現在の火星が赤い(=酸化鉄)があるのは
酸素発生生物がいた証しだといってるな。


12: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:05:54.39 ID:BRwWwjon

地球生命の隕石由来説は以前から有力な説として知られてるね。
これもその一種だろうけど、火星由来説は初じゃないかな。


21: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:41:21.45 ID:/JKHAKQ3

>>12
> これもその一種だろうけど、火星由来説は初じゃないかな。

いや、信憑性はともかく、まえから有名な話だろ、MMRにものってるぐらいだしw


14: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:09:50.73 ID:Z/XDWkVC

少量だけど必須元素だしな。
ホウ素はどうだろう?隕石より先に原始ウィルスが現れてるかもしれんし。

ホウ素 - Wikipedia
原子番号5の元素。元素記号は B。第13族元素のひとつ。
単体は黒みがかっていて、非常に硬く、単体元素としてはダイヤモンドに次ぐ硬度9.3を示す。
ホウ素が単体で使用されることは少ないが、化合物や合金の形で様々に利用されている。
身近な用途で使用される場合は、ホウ砂やホウ酸の状態であることが多い。




16: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:20:37.42 ID:BrjdJoaL

>>1水が彗星由来だから生命が彗星由来だとは言わないだろ、
炭素が小惑星由来だからって(ry


22: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:43:15.53 ID:so8evH09

地球にある物質はいくつか存在する素粒子のほぼ一部しか使われていない。
未知の物質が宇宙にあると思うとワクワクするな。


23: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:45:46.44 ID:2sbqD27u

はじめに光ありきって教わったけど。。。


25: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 22:57:18.27 ID:t4VtEUS/

モリブデンって潤滑剤のイメージしかなかったが
かなり大事な元素なんだな

260px-Molybdenum.jpg

モリブデン - Wikipedia
原子番号42の元素。元素記号は Mo。クロム族元素の1つ。
モリブデンは、人体(生体)にとって必須元素で、尿酸の生成、造血作用、体内の銅の排泄などに関わる。微生物の窒素固定に関しての酵素(ニトロゲナーゼ)にも深く関わっており、地球上の窒素固定量の70 %以上は、モリブデンが関与していることになる。
また、植物にとっても必須元素であるため、モリブデン酸のナトリウム塩やアンモニウム塩の形で、肥料として販売されている。




26: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 23:01:59.30 ID:MCYDyApE

原始地球の素材から生まれるのと、地球が安定してから
地球外の素材が地球に降ってきて生まれるのと
どっちが可能性高いんだろうな。

どーもインパクトが欲しいのか、最近は地球外由来説
の方が勢いあるように見えるが。


27: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 23:04:44.09 ID:IOOuw8Ju

当時の地球にもたくさん隕石や彗星ぶち当たって、地球から弾け飛んだのが火星に行ったりしたんだろ?
お互い様って事よ。


29: 名無しのひみつ 2013/08/31(土) 23:11:34.71 ID:LxURpg7E

火星由来と限定しちゃうのがいただけない。
仮説で始まったのにしまいには「この証拠によって構築される」
おっさん臭い、じゃない胡散臭いな。


34: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 00:52:55.57 ID:bB6LkgNJ

コイツどうしても火星にこじつけたいんだろね
カルト信者っぽい


36: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 01:11:26.37 ID:IoXWmRlu

木星、土星、海王星、冥王星の大気中にメタンが含まれている
生物程度は大量に居るんでしょ


37: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 01:14:39.66 ID:eQpo1LK8

地球にはなくて当時の火星には酸素があったんだろう?


38: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 02:15:41.77 ID:L4OrGYFD

地球でゼロから(単純な無機物から)生命が生まれる経路を描くのは難しいのかな?
RNAのような自己増殖機構が数億年の間に1つでも生まれれば、
そこから増殖を始めて、少しずつ変異して、膜や代謝機構を手に入れられるわけだから、
なんとかなりそうな気もするんだけど。

RNAワールド仮説 - Wikipedia
生命が発生した頃にはRNAが遺伝情報の維持(現在のDNAの役割)と、酵素のような生化学的触媒の両方の役割を担っていたとする仮説である。これはRNAがDNAと比較して無生物的に合成されやすいことなどが根拠となっている。
この仮説では生物は遺伝情報の貯蔵媒体としてRNAを使用し、その後の変異と進化によりDNAとタンパク質が徐々に台頭してきたと考えられている。ただし2006年現在、ゲノムとしてRNAを保持しているのはRNAウイルスのみであると考えられている。




61: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 11:32:13.92 ID:WIIaJ29C

>>38
錬金術じゃないが、試験管に材料入れて色々条件
変えて生命誕生しないか研究してる人達はいるが
未だに誕生したという話は聞かないな。

何か発生のキーとなる条件があるのか、それとも
数億年の偶然の中で生まれたのか…


39: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 02:18:57.85 ID:Egg4BpRW

地球で生命が出現した時期は心配するぐらい早かったらしい
ほぼ上限ギリギリ


43: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 03:19:19.60 ID:0Uf2UN59

原始地球でタンパク質が合成されて生命が誕生した!
とかいういまだ何の証拠も発見されてない
トンデモオカルトは信じているくせに
地球外起源説はまるで淫祠邪教みたいにみなして叩くんだな
オツムの程度の低いここの住人らはw


45: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 04:02:35.28 ID:Cc7J8X2n

いやいや、もしかすると、他の系外惑星の文明からカプセルで微生物を
あちこちに送ったのかもよ、その1つが地球に来て運良く環境に適合した


46: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 04:06:57.78 ID:rhzx64Sv

>>45
エヴァか何か?


50: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 06:55:47.11 ID:qNIIV+kW

生命由来はソーラー・システム内の話じゃないでしょ。ギャラクシー・レベルの
話だと思うぞ。太陽系だったらボイジャーがすでに離れようとしている。


51: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 07:02:07.31 ID:VAqUf8X2

彗星小惑星がガンガン衝突してガンガン弾ける原始太陽系で、
「火星由来」ってのにどれほど意味があるんだか。
モリブデンとホウ素だけ言ってりゃいいのに、それじゃ誰も聞いてくれなかったか。


54: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 08:06:13.95 ID:k8Ue5gZE

火星に酸素がたくさんあった理由は?
生命活動によって酸素が大量に発生した以外の理由がなんかあるのかしら
生命活動の結果だとしたら生命の発生に高度に酸化したモリブデンが生命発生の
必須条件ではないんじゃないかと思うけど・・・


58: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 10:03:32.36 ID:ja7O7ebT

>>54
なんで地球になくて火星にって結局そこだよね
太陽とか隕石とかなんらかの化学反応で増えたのか
太陽系が出来る時に遠心分離器の内と外で成分が違ったのか

火星
大気の組成は二酸化炭素が95%、窒素が3%、アルゴンが1.6%で、他に酸素や水蒸気などの微量成分を含む。ただし、火星の大気の上層部は太陽風の影響を受けて宇宙空間へと流出していることが、ソビエト連邦の無人火星探査機のフォボス2号によって観測されている。したがって上記の火星の大気圧や大気組成は、長い目で見ると変化している可能性、そして今後も変化してゆく可能性が指摘されている。




56: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 09:11:01.48 ID:0NsTnC6I

いややっぱり生命はこの地球で生まれたんだと思うな
元素は他の星系から飛んできたんだろうけど
もし他からやって来たんだったら、以降も今もどんどんいろんな種が外宇宙から飛んできてるはずと思うがそんなことないから


62: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 11:46:28.37 ID:e51TJi0+

偶然なら、例え成功しても再現性無いし、当然それが偶然に出来た証明ができ
ないわけで、意味はないだろうな。


64: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 12:10:02.80 ID:WIIaJ29C

>>62
まあ偶然と言っても偶然起きる条件があるからねw
原始から今までの地球の定常的な環境ではない
という意味での偶然。
(例えばある特殊なタンパク質を持った隕石が
地球に落下したが、隕石の形状質量が特殊で
その時の地球の環境が絶妙だったとか)


65: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 12:17:27.03 ID:PHrOPHfQ

太陽系の出来る過程で地球と火星で元素を別々に取り込むなんてありうるのかね
となりだし片方にあるならもう片方にもあるだろう


69: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 12:43:42.33 ID:ZQ5cZNIj

太古の火星に生命が存在したとしても
隕石に付着して地球に飛んでくるとなると
途中の宇宙空間で生きていないとだめだよね


76: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 13:38:09.52 ID:OgTeZiRU

>>69
氷河の中で鉄とか硫黄だけで150万年以上生きてる奴とか居たしなんとかなるんじゃね


92: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 19:19:52.65 ID:k2w3Cc90

>>69
それはたぶん余裕で生き残ると思う


77: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 13:40:10.70 ID:kuHVzbCT

火星から飛来した隕石って。隕石にロケットエンジンでも着いてたのか?


85: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 16:36:33.50 ID:cqfUqJpl

>>77
火山噴火とか、隕石衝突の衝撃で地表の岩石が宇宙空間まで吹っ飛ぶとか
重力や大気もあまりないからね

関連記事:
【宇宙】火星は年200発の「小惑星による攻撃」を受けているらしい




82: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 15:13:28.51 ID:9PeL+32Y

火星研究の予算獲得の為の方便だな
ま、いいけど


86: 名無しのひみつ 2013/09/01(日) 16:56:47.52 ID:cS9oWpmR

地球があちこちの小惑星が衝突しながらくっついて出来る
大きめの隕石なりがぶつかって一部剥がれながら月が出来る

まだ大気が無いから隕石がそのまま衝突 氷粒の彗星なんかも衝突
内部から火山などで活動 氷粒は解け、内部の蒸気も外部に出て大気や水が一部を覆う
重力によって大気なども留まり温度も上がる
少し落ち着いてくる 暫くそのまま 化学反応も置き、大気は二酸化炭素や窒素が主成分
太陽の紫外線などで一部有機物質も構造変化が起こる 有機物同士求めてくっつく様なものが出来る
太陽光や化学物質を取り込む有機物質も出来、増える  原始ミトコンドリアの様な物も形づくられる

何億、何十億年という単位のお話


103: 名無しのひみつ 2013/09/02(月) 03:08:27.85 ID:ZA8/NHpH

ロマンあるじゃん



関連記事:
【宇宙】火星で惑星レベルの危機…直径50kmの彗星C/2013 A1が衝突、200億メガトンの爆発が起きる恐れ


他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 10410 ]
なるほど
[ 2013/09/03 22:20 ]
[ 10413 ]
カルテックのカーシュビンク教授の仮説とはちょっと違うの
[ 2013/09/04 00:06 ]
[ 10414 ]
生命の起源を外に求める説はそもそもの期限をなにも説明してないんだよな
[ 2013/09/04 00:36 ]
[ 10415 ]
他の天体でも、あるいは宇宙人でも神でもいいけど、
ではそれらはどうやって出来たのかって話になるものね。
[ 2013/09/04 00:43 ]
[ 10425 ]
別の惑星から来たのに、地球の環境によく耐えられるね。
この説が一番好き。
[ 2013/09/04 16:42 ]
[ 10427 ]
じょうじ
[ 2013/09/04 18:07 ]
[ 10438 ]
そういう映画があったね。火星に顔の構造物がみつかって、地球人が宇宙船で見に行ったら実は・・・ってやつ。
[ 2013/09/04 22:53 ]
[ 10822 ]
モ・モ・モリブデン♪
[ 2013/09/11 22:14 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)