宇宙&物理2chまとめ【宇宙】無人補給船「こうのとり」、大気中で消滅へ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】無人補給船「こうのとり」、大気中で消滅へ

[ 2013/09/04 21:01 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(11) ]
entry_img_1128.jpg

1: ゴッドファッカーφ ★ 2013/09/03 21:52:07

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、国際宇宙ステーション(ISS)に結合していた日本の無人補給船「こうのとり」4号機が5日未明にISSを離れ、7日に大気圏に再突入すると発表した。

こうのとりは、飲料水や食料、超小型衛星などを積んで8月4日に鹿児島県の種子島から打ち上げられ、同9日にISSに到着していた。こうのとりはISS内の廃棄物を積んだ状態で切り離され、大気中で燃え尽きる。

▼YOMIURI ONLINE(読売新聞) [2013年9月3日21時41分]
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130903-OYT1T00999.htm
© By NASA
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1378212727/









3: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:53:09 ID:2iaRc9AN0

お疲れちゃーん


6: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:53:23 ID:+3lsoPmx0

かえってこないのね(´・ω・`)


13: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:55:39 ID:npnNYAFSO

>>6
間違っても落下して被害を出さないために、
突入角度調整して完全焼却するそうです

積んでるのもただのゴミだからね


8: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:54:03 ID:jNiY5r5f0

しかし鉄の塊が燃え尽きるんだから
大気の摩擦熱って凄いんだな。


72: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:11:08 ID:KotJZmrf0

>>8
大気圏突入時の熱の大半は断熱圧縮によるもので、実は摩擦熱は大した要因ではないという豆知識


155: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:27:51 ID:7BiViCS80

>>72
断熱圧縮というのがいまいちわからないけど
摩擦熱が主因じゃないのなら、仮にロケットが逆噴射しながらゆっくり地球に降下し
ロケットと大気の摩擦を減らしたとしてもやっぱり燃え尽きる?


170: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:31:13 ID:KotJZmrf0

>>155
その場合は断熱圧縮自体が起きない
要は機体の下の空気が逃げる間もなく押しつぶされていくことで圧縮されてくわけだから
ゆっくり降りられるなら下の空気は周りに逃げていくだけ


301: 名無しさん@13周年 2013/09/04 00:07:59 ID:1fSZarMD0

>>170
大気圏突入で燃える主要因が断熱圧縮たなると
空気が逃げるような構造
例えばロケットの逆さまみたいのだったら燃え尽きないのかな?


305: 名無しさん@13周年 2013/09/04 00:11:35 ID:VNpKDe/eP

>>301
そうなると減速できずにとんでもない速度で地上に激突・・・
ソニックブームも起きて、ロシアの隕石どころではなくなる

速度(位置エネルギー)を熱に変換して減速している訳だよね


311: 名無しさん@13周年 2013/09/04 00:16:42 ID:ZdBVom+a0

>>305
なるほど

なんか鉛筆形状のタングステンだかを宇宙から落とすだけっていう計画を聞いたようなないような・・・

ダイの大冒険のバーンパレス思い出した
ネタ分かる人いるかなあw


関連記事:
【宇宙】ロンギヌスの槍がついに? 米軍が開発 「神の杖」 、核兵器以上の威力で全てを貫通




219: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:50:46 ID:METZkLZOP

>>8
これが、ガンダムの罪か。
大気との摩擦なんて無いのに。


関連記事:
【物理】未だに隕石が高温になるのが摩擦だと言ってる奴多いが




14: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:56:04 ID:Z1Qf6GtY0

見れるもんなら見たいんだが落とすのは念のために太平洋上とかなのかな?


22: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:58:11 ID:crxrSJgf0

ちゃんと燃えるようにできてるのか、すごいなぁ


25: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:58:49 ID:jNiY5r5f0

コレって燃やしたりして見た感じは勿体無いような使い方してるけど
実はコスト的には一番安上がりなやり方なんだろうな。


33: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:01:01 ID:3nhNkxdG0

>>25
うん、その通り


27: 名無しさん@13周年 2013/09/03 21:59:38 ID:ZPQkF4P80

>>1
こうのとりなんて名前つけないでくれ
大気圏で燃え尽きる運命なのに、せつなくなるじゃないか


31: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:00:43 ID:Z+OLx+suO

大気圏で燃やし尽くす技術完全に確立したら、
観察出来るところで落としてくれんかね


37: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:03:08 ID:YT8dDs9Q0

こうのとりはその気になれば有人で打ち上げられるカーゴってアピールあったけど
再突入はできないから、やっぱソユーズ頼みになってしまうのか


39: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:04:30 ID:3nhNkxdG0

>>37
今回のは元々燃やすつもりだから、べっこのモノと考えた方がいい。


42: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:05:07 ID:qdIyUZCUi

大気圏葬‥

ビッグビジネスのチャンスきたな


50: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:08:11 ID:ZPQkF4P80

>>42
大気圏葬はさすがに数千人規模でやらないと金額的に無理がある


61: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:09:38 ID:OW4GXoEr0

>>42が大金持ちになる歴史的瞬間を見てしまった


107: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:17:45 ID:+3Dt4pLQ0

>>42
骨も残らない葬儀が金になるか?
やるなら証拠隠滅屋・・・・


118: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:19:37 ID:Dz73BkaW0

>>107
逆に火葬後の骨の一部を積んで燃やすみたいになるのではないかな
それなら軽いし


126: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:21:05 ID:xWUSn3sm0

>>107
それ以前に補給物資に死体が混ざっているとかISSの乗組員が嫌がると思う


175: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:32:57 ID:aBB27yCNP

>>42
海外でやってるって聞いたことある
宇宙葬って名で料金100万円也

宇宙葬 - Wikipedia
打ち上げるロケットには容積・質量の制約があることから、多くの例ではシリンダー状の容器に数グラムの遺骨を装填し、数十ないしは数百人分の遺骨を同時に打ち上げる方法がとられる。2004年に行われた例では150人分の「散骨」が行われた。打ち上げに用いるロケットは、費用削減のため既存の商業ロケットを転用、格安プランでは他の衛星を打ち上げる際に相乗りする場合もある。

この発展形としては、人工衛星に遺骨を搭載するもの、月面や外宇宙に対して遺骨を打ち上げる例もある。シューメーカー・レヴィ第9彗星の共同発見者であるユージン・シューメーカーは1997年に交通事故で急逝したのち、2005年に遺骨が探査機ルナ・プロスペクターにより月に送られた。これは月面に対して遺骨が送られた初の例である。また、冥王星の発見者クライド・トンボーは1997年の死後、遺骨の一部が2006年に打ち上げられた冥王星探査機ニュー・ホライズンズに搭載された。これは外宇宙に向けて遺骨が打ち上げられた初の例である。




45: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:06:30 ID:dHHQRQ7oO

一期一会の宇宙船なら昆虫の名前にしてほしいな。

カゲロウとかホタルとかヒグラシとか。


47: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:06:43 ID:D2B8SKwe0

なんか切ないね


51: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:08:15 ID:lB9J6+xG0

廃棄物が何かは知らんが海洋投棄や東電の垂れ流しと同じレベルで悪だと思う


346: 名無しさん@13周年 2013/09/04 01:24:56 ID:iQQCqi2R0

>>51
アメリカの衛星も、ロシアの宇宙ステーションミールも全部大気圏突入させて処分しているよ
それこそ、数千の数ほどね


53: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:08:33 ID:jNiY5r5f0

コウノトリの一部に普段着のISSクルーが入れるって事は
与圧&酸素があるって事だから
日本はいつでも友人打ち上げ可能なのか?


67: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:10:27 ID:mGaS9UxM0

>>53
構造的には国際宇宙ステーションに人員運べるっしょそら


69: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:10:53 ID:PnJLPfBD0

>>53
与圧部あるよ。

今現在のまま改修なしで、一応有人で打ち上げても、恐らく無事だろうとは言われている。


208: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:43:27 ID:nkFLUEpq0

>>53
HTVは、機体も与圧部も推進系もエンジンも、設計時から数学的信頼性が
「human rated」とか「有人対応」とかいうレベルをクリアしてるんで
ISSへの接近も許されるし、ドッキング後に中に人が入れる。

最大の問題は、「有人対応」レベルで設計されたロケットが日本には無いこと。


60: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:09:32 ID:J84L7hx70

燃えて無くなっても灰は雨雲となって降り注ぐんだろ?


65: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:09:58 ID:xd6qtll60

どうせ太平洋上とかで見えないんだろ


68: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:10:42 ID:3T993h2lP

お前ら感動が足りないぞ。もっと感動しろよ。


98: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:15:29 ID:3Nro2Z3v0

完全燃焼させるのも簡単では無いだろうな
残骸が降ってきたら大変だから


124: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:20:33 ID:FNH+CxOv0

カレン・ナイバーグさんがハッチ閉じるときに
「Thank You KOUNOTORI」
と言って壁にキスしたとかしないとか


135: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:23:27 ID:XnnTGKRF0

むしろ、ちゃんと燃える最近の宇宙機は優秀。

昔の衛星なんかは燃え尽きないようなものがあって、いざ落ちてくるとヤバイのだ。


162: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:29:27 ID:gNOfscZ80

いつのまにか国際宇宙ステーションとランデブーやってたのね

話題にもなってなかったじゃん
それだけ安定したって事なんだろうけど


166: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:29:58 ID:3nhNkxdG0

>>162
もう2回目とかだから、逆に事故が起きない限りは通常運転だと思うよ。


192: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:37:29 ID:IwIBbPZ90

放射性廃棄物もこの方法で燃やせば良いのに


199: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:40:38 ID:ZLwECahD0

>>192
海に流すより世界から非難を受けるぞ


287: 名無しさん@13周年 2013/09/03 23:49:49 ID:Pl/phqRB0

>>192
全地球上にばら撒くから。
太陽に向かってやるならいいけど


209: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:44:29 ID:75rWavht0

落下してくるときに発生する熱量は
宇宙に向けて打ち上げたときのエネルギーと同じと考えていいのかしら?


214: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:48:12 ID:KotJZmrf0

>>209
それよりは少ない
下りエスカレータに乗って下の階まで降りるのが降下、下りエスカレータに逆らって上の階に駆け上がるのが打ち上げとイメージするとわかりやすい?


221: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:51:25 ID:Qo5LxRqI0

>>209
打ち上げエネルギーの殆どはロケット本体を持ち上げるのに消費されている
こうのとりの分はほんのちょっと


225: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:54:23 ID:jNiY5r5f0

>>221
そう考えると帰る時にしか使わないスペースシャトルの翼を打ち上げるのは
結構無駄なエネルギーだったのかな?
でもそれ以上に翼があれば帰りのエネルギーが減るって事だったんだろうけど。


252: 名無しさん@13周年 2013/09/03 23:03:44 ID:nkFLUEpq0

>>225
宇宙ステーションと往復するだけなら、有翼形は無駄なんだろうね。

宇宙ステーションが無かった時代に、20㌧以上の物を軌道に持って行って、
また持って帰って来るには、翼は必然性があったんだろうけど。
カプセル形だと、大型重量物を地上に持ち帰る方法が無い。


265: 名無しさん@13周年 2013/09/03 23:11:45 ID:DFQzeewn0

>>252
つうか、スペースシャトルが廃止になったのは、メンテに金がかかりすぎるのと
死亡事故が多すぎるから。
高い金と時間をかけてメンテをしても、ちょっとしたミスで事故が起きて
高い金をかけて養成した宇宙飛行士を事故でなくすぐらいなら
見た目や考えが古臭くても安全性が高い、カプセル方式にするのは
ある意味当然の成り行き。


226: 名無しさん@13周年 2013/09/03 22:54:28 ID:75rWavht0

宇宙難しい



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 10435 ]
お疲れ様ですわ
[ 2013/09/04 22:08 ]
[ 10436 ]
[ 2013/09/04 22:11 ]
[ 10437 ]
コウノトリとか変な名前やめて違う名前に汁

大豆一号とかでいいじゃん。  ”もやし”てもポジティブな語感
[ 2013/09/04 22:26 ]
[ 10440 ]
燃やす前提なら
「流星1号とか流れ星」とかいいんじゃね
[ 2013/09/04 23:29 ]
[ 10447 ]
一度でいいから日本上空で燃やして欲しい。
一度でいいから。
[ 2013/09/05 01:33 ]
[ 10452 ]
いつも思うんやけどさー
なんで落として燃やすの?

そのまま月とかに落としてのちの材料として
鉄とかチタン(詳しく知らんが)溜め込んでったら
あかんの?
廃材でも役に立つかもやん?
加工する機材必要やけどさ…
まぁ費用とかなんやかんや問題があるんやと思うけどー
[ 2013/09/05 11:11 ]
[ 10460 ]
[10452]>そのまま月とかに落として・・・

地上から宇宙ステーションまでが400km
地上から月までが384400km その差は961倍な
「新宿から品川に行くなら(7.5km)、ついでに
 オーストラリアのブリスベンでも寄ってきたら」
と言うぐらい差がある
ましてや空気がない月に着陸させるには、それなりの減速装備が必要。
そのまま突っ込んだらクレーターを作りながらコナゴナになる。
[ 2013/09/05 19:41 ]
[ 10461 ]
[10452]>そのまま月とかに落として・・・
地上から宇宙ステーションまでが400km
地上から月までが384400km その差は961倍な
「新宿から品川に行くなら(7.5km)、ついでにオーストラリアのブリスベンでも寄ってきたら」
と言うぐらい差がある
ましてや空気がない月に着陸させるには、それなりの減速装備が必要。そのまま突っ込んだらクレーターを作りながらコナゴナになる。
[ 2013/09/05 19:43 ]
[ 10462 ]
宝くじで20億円すぐに当たる。
[ 2013/09/05 20:15 ]
[ 10484 ]
「火の鳥」にしたら復活するんか?
[ 2013/09/06 05:28 ]
[ 10578 ]
未だに摩擦熱で燃えるとか思ってる人いるんだ…
まあ理科離れの激しいTV局が「大気との摩擦熱で…」とかウソ広めてるからしゃあないか
[ 2013/09/07 13:14 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)