宇宙&物理2chまとめ【物理】空の色について詳しい人教えて

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【物理】空の色について詳しい人教えて

[ 2013/09/13 22:01 ] [ 物理 ] [ コメント(25) ]
entry_img_1141.jpg

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 12:52:02 ID:nf+mVMIS0

なんで、昼の空は青色なの?




Photo:管理人撮影@北海道・哲学の木
元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378871522/









2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 12:52:34 ID:jAtXDp6l0

青は希望の色だからさ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 12:53:00 ID:k9QISA2i0

波長
日が傾くにつれ色も変わる


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 12:54:48 ID:UuzlyEL20

>>1
お前の目には青色にみえるのか?


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 12:59:49 ID:n52tgAJu0

1何歳?

理由は赤い光の方が遠くまで届きやすいから


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:03:32 ID:nf+mVMIS0

>>9
20
じゃあ、なんで昼間も赤くならないの?


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:07:36 ID:n52tgAJu0

>>11
斜めから差すのと真上から差すのじゃ大気を通る距離が全然違う
家に牛乳あったら風呂に少し濁る位垂らして光当ててみろ
光源から遠くなるほど不思議と赤くなるから


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:18:35 ID:V97yhAh0i

>>13
いや、距離が短いのなら赤い光はもっと届きやすいじゃないですか
なのに何故赤色にならないの?


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:21:25 ID:3Qn6qv+f0

>>19
青く見える理由→散乱による→空気層が短いほうがよく見える
赤く見える理由→吸収されずに残った→空気層が長いほうがよく見える


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:26:38 ID:nf+mVMIS0

>>20
いやなんで、短い時に赤が見えないの?
赤も残ってるんじゃないの?


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:30:43 ID:3Qn6qv+f0

>>21
もちろん残ってるよ
混ざってる


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:33:37 ID:nf+mVMIS0

>>22
じゃあなんで青ばっかりに見えるの?


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:31:47 ID:3Qn6qv+f0

>>21
どうしても赤が見たければ
昼間の太陽の光を理科の実験でつかったプリズムに通せば
虹色に分離されて赤い波長がはいっているのが見える


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:34:07 ID:nf+mVMIS0

>>23
いや、それはわかるけど


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:39:03 ID:3Qn6qv+f0

>>26
わかるならそれでいいじゃない
混じってても量が相対的に少なければわからないだけだよ
あと、たぶんあなたは絵の具の足し算と光の足し算をごっちゃにしてると思う
前者は混ぜるほど濃くなるが、後者は混ぜるほど薄くなる


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:42:18 ID:nf+mVMIS0

>>28
いや、まず昼間の私たちが地上で浴びている光と、
空の青色に見える光が同じである根拠がわからない

それと、相対的に少ないって赤色の光が?なんで赤が少ないの?


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:50:28 ID:3Qn6qv+f0

>>31
根拠もなにも私達が視覚で感知できるのは可視光しかないし、
仮に電球とかが全くないとすれば可視光の発生源は太陽しかないと思うのだが、、、
赤が少ないのではなく青があなたの目の近くの分子で散乱して目に入りやすいということだと思います


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:54:09 ID:V97yhAh0i

>>33
直進する方が目に入りやすそうだけど、なんで散乱する方が目に入りやすいの?
目の近くで散乱するなら地上も青く見えるんじゃ?


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:57:54 ID:3Qn6qv+f0

>>35
ある場所に同じワット数のレーザー光線を出すのと白熱灯をつけるのを想像してみればいい
レーザー光は真正面に行かない限り見えない、白熱灯の光はどこからでも見えるでしょ

地上にもし地面も何もなければ(その時点で地上じゃねえなw)青く見えると思うよ
実際にはアスファルトや草があるので、その表面特性によってはね返った色が見えるわけだが


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 14:04:17 ID:nf+mVMIS0

>>38
地面がなかったら青色に見えるってのがわからない
例えば地上を煙だらけにしても青色には見えないと思うけど…


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 14:07:24 ID:3Qn6qv+f0

>>40
煙があったら煙の色が見えちゃうからねえ
もちろん同時にレイリー散乱による青も見えてると思うよ薄く

レイリー散乱 - Wikipedia
レイリー散乱(レイリー卿ジョン・ウィリアム・ストラットにちなむ)は、光の波長よりも小さいサイズの粒子による光の散乱である。透明な液体や固体中でも起きるが、典型的な現象は気体中の散乱であり、太陽光が大気で散乱されて、空が青くみえるのはレイリー散乱による。
散乱の量は粒子の大きさと光の波長による。散乱係数は波長の4乗に反比例する。




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 14:09:15 ID:nf+mVMIS0

>>42
じゃあ、地上の空気はどうして青色にならないの?


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 14:12:07 ID:3Qn6qv+f0

>>44
だから薄くは青くなってると思うよ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:32:13 ID:8/PWPegTO

>>21
昼について
赤は散乱しない→太陽が赤く見える
青は散乱しやすい→周りの空は青く見える


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:35:11 ID:nf+mVMIS0

>>24
太陽って赤い?


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:39:44 ID:8/PWPegTO

>>27
赤っぽい白色…かな
青系が散乱しやすいとは言ったものの散乱してるのは一部
だから純粋な白色からちょっと青みを引いた色になる…はず


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:44:10 ID:nf+mVMIS0

>>29
なんで太陽は散乱された光が引き算された色になって、空は散乱した色になるの?

空は太陽の光で色づいてるんだから、太陽の色と同じにならないの?


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:52:24 ID:8/PWPegTO

>>32
太陽光(本来ならば紫外線、赤外線とかも混じってるけど)は「可視光線」
その「可視光線」は通常、人間には白く見えるけど
実際は赤~紫の光が集まっていて白く見える

だから色の足し引きができる


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 14:04:10 ID:8/PWPegTO

>>34では可視光が赤~紫の光が集まって白く見えると説明した

そしてその中の青系の光が周りの空に散乱してから目に届き
(↑昼の空が青く見える理由)
可視光の中の、散乱せずに太陽から直接目に届くのが
白色から青みを除いた色の光となる

Linear_visible_spectrum.png

可視光線 - Wikipedia
電磁波のうち、ヒトの目で見える波長のもの。いわゆる光のこと。JIS Z8120の定義によれば、可視光線に相当する電磁波の波長の下界はおおよそ360-400 nm、上界はおおよそ760-830 nmである。可視光線より波長が短くなっても長くなっても、ヒトの目には見ることができなくなる。可視光線より波長の短いものを紫外線、長いものを赤外線と呼ぶ。
可視光線は、太陽やそのほか様々な照明から発せられる。通常は、様々な波長の可視光線が混ざった状態であり、この場合、光は白に近い色に見える。プリズムなどを用いて、可視光線をその波長によって分離してみると、それぞれの波長の可視光線が、ヒトの目には異なった色を持った光として認識されることがわかる。




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 13:09:09 ID:8/PWPegTO

可視光線中には赤~紫の光があって
赤←波長長い
紫←波長短い

波長が長いと空気中の微粒子との衝突回数が少なくなるため
太陽との距離が遠くなる夕方では青系の光は弾かれて赤系の光が残るので
夕方では空が赤く見えるらしい


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/11 14:10:20 ID:2SLzJhhZ0

物質そのものに色があって、それに光が当たって見えるわけじゃないよ
光そのものはいろんな色を同時に持ってて、それが反射だったり散乱して残った色が目に届いてる



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 10870 ]
>家に牛乳あったら風呂に少し濁る位垂らして光当ててみろ
>光源から遠くなるほど不思議と赤くなるから

マジで?
[ 2013/09/13 23:15 ]
[ 10871 ]
>家に牛乳あったら風呂に少し濁る位垂らして光当ててみろ
>光源から遠くなるほど不思議と赤くなるから

是非ともやりたいが親に怒られる・・・
[ 2013/09/13 23:30 ]
[ 10873 ]
お風呂でなくても出来るのか知りたい…
特に条件とかないなら白いホーロー鍋でも出来るかな?
[ 2013/09/13 23:57 ]
[ 10874 ]
昼の太陽は赤っぽいんじゃなくて黄色ッぽいでしょ
実際に昼の太陽を見てみてもそう思えるし、
大体白色から青色抜いたら黄色だよ
日本人、に限ったことじゃないかもしれないけど、
少なくとも日本人ってなんで絵を描くときに太陽を赤く
描いちゃうのかたまに不思議に思うよ
[ 2013/09/13 23:59 ]
[ 10875 ]
本スレみんな説明下手すぎ。

牛乳の実験は本当に赤くなるよ。
風呂より透明な水槽の方が分かりやすいと思う。
片方から光を当てると反対側に行くにしたがって赤くなる。
だけど牛乳の分子(?)くらい大きな物だとレイリー散乱じゃない(ミー散乱?)ような気もするが。
[ 2013/09/14 00:12 ]
[ 10876 ]
牛乳のやつ透明の瓶でやってみたよ

瓶にLEDを当てると瓶の中の液体は青白く光

瓶を貫通した光は橙色と黄色の間みたいな色になった
[ 2013/09/14 00:15 ]
[ 10877 ]
牛乳のやつやりたい
[ 2013/09/14 01:15 ]
[ 10878 ]
ん? 結局、どういうこと?
大気の邪魔が大きい夕方には波長が長い(散乱しづらい)赤が生き残って「太陽の周りの空」赤く見える
で、邪魔の少ない昼間には逆に光が集束?してる太陽の周りはマトモな白色だけど、
光が分散した「太陽の周り以外の空」では青が優勢になって青空になる
で、おk?
[ 2013/09/14 01:52 ]
[ 10881 ]
日の出、日の入りは観測者と太陽が直線上に並びやすいので直進性の強い赤色が見えやすいから、朝焼け夕焼けになる。
日中の太陽は観測者と直線上には並ばないので、より多く散乱させらた青い光が見える。
球状の上に立ってるので水平線上の太陽が一番直線的に見えるらしい。
って犬HKで言ってた。
[ 2013/09/14 08:52 ]
[ 10882 ]
[ 10878 ]

それで、おk

物質の色とは、吸収もしくは透過できずに反射してしまう光の種類である。

地球の大気は、波長の短い青系の光を反射しやすいが波長の長い赤系の光は透過しやすい。
なので、昼間に見上げた空は大気が乱反射した青系の光を認識しやすい。

夕方には、太陽光が通過する距離が長く青系の光が大気の乱反射で減衰し相対的に赤系を多く含む光と成る為全てのモノが赤っぽく見える。
[ 2013/09/14 08:53 ]
[ 10883 ]
地球ってすばらしいなぁ
これが金星や火星に近かったらいつも茜色か青空のまま
程よい大気だから夕焼けができて「そろそろ日が暮れますよ」ってわかる
地球って色々変化に富んでてすばらしいなぁ
[ 2013/09/14 10:11 ]
[ 10884 ]
本文の解説者じゃ先生は務まらないだろうなあというのは伝わった。
[ 2013/09/14 11:08 ]
[ 10885 ]
まず理解したほうがいいこと。
青空それ自体が、かなり強い面照明になっている。
[ 2013/09/14 11:27 ]
[ 10886 ]
太陽はG型主系列だから黄色じゃないのか?
[ 2013/09/14 11:28 ]
[ 10892 ]
絵を描けばわかるんでね?
[ 2013/09/14 15:05 ]
[ 10895 ]
結局どういうこと?

高卒だがさっぱり理解できなかった。
[ 2013/09/14 20:00 ]
[ 10902 ]
夕方も太陽が雲に隠れていれば空は青くというか紫色にみえる
直接見なければ散乱光が、直接見ると散乱されていない光"も"みえる
空が赤くなるのは薄い雲とかに反射したり屈折した光がみえる
でOK?
[ 2013/09/14 22:46 ]
[ 10906 ]
>10895

光には波長があるんだよ
波長より小さいモノに当たると波長の4乗に反比例して曲がりやすくなるんだってさ

赤と青とでは約10倍の差がある

調べて計算してみた
[ 2013/09/14 23:48 ]
[ 10908 ]
>10902

うん

きちんと分光しているのが判るよね
[ 2013/09/14 23:56 ]
[ 10909 ]
この手の質問をわかりやすく説明することが出来ない人は
きちんと理解しているとは言えないんじゃないだろうか
[ 2013/09/14 23:58 ]
[ 10952 ]
太陽は可視光では「赤」でも「黄色」でもなく「白」だよ

よく見れば普通にわかるんだが、この太陽の色問題って意外と正答率が低いんだよね
[ 2013/09/16 02:19 ]
[ 10962 ]
>>1は女の子なのかな?
「はじめて会った>>1のかわいらしさにびっくりして青ざめてるんだよ」
夕暮れ?
「>>1に恋して赤くなってるのさ」

え?男?
しらねーよ
[ 2013/09/16 12:43 ]
[ 10976 ]
結局、波長の長短と衝突回数の関係が理解できないんだよなあ
光って~~~~→みたいに蛇行してるわけじゃないよな?
[ 2013/09/16 18:12 ]
[ 11026 ]
*10883
色は違うが金星にも火星にも空の色の変化はあるで。夕焼けとか。
[ 2013/09/17 18:49 ]
[ 16006 ]
大気が太陽光を反射・散乱させていて、大気そのものが青く光っているとも言える(暴論的に)。
なので、遠くの山ほど青く、塵や散乱などによって薄く見える。
ごく薄い青いフィルターがかかっているようなイメージ。
夕刻や朝の場合は、『主役』になる波長が異なってくる。
[ 2014/11/06 11:07 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)