宇宙&物理2chまとめ【宇宙】謎だった宇宙誕生初期の巨大天体“ヒミコ”の正体が解明

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】謎だった宇宙誕生初期の巨大天体“ヒミコ”の正体が解明

[ 2013/12/05 21:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(11) ]
entry_img_1225.jpg

1: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/26 23:29:03

 すばる望遠鏡(ハワイ島)で4年前に発見された宇宙誕生初期の“謎”の巨大天体「ヒミコ」は、一直線に並んだ3つの星団を巨大な水素ガス雲が包み込んでいる構造をしていることが、東京大学宇宙線研究所の大内正己准教授や国立天文台、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターなどの共同研究で分かった。
3星団は合体してさらに大きな天体を形作ろうとしているところで、銀河が作られる最初の過程を明らかにする上で重要な成果だという。

 ヒミコは「くじら座」の方向、129億光年離れた遠方にある非常に明るい巨大なガス雲で、2009年に発見された。
137億年前に宇宙が誕生してからわずか8億年後のもので、“古代宇宙に輝く天体”として邪馬台国の女王「卑弥呼」の名前が付けられた。

 ヒミコの広がりは5万5000光年と、われわれの太陽系がある“天の川銀河”の半径にも匹敵する大きさで、同時期に存在した一般的な天体に比べて約10倍も大きい。
さらに、太陽の数百億倍という大質量をもつことが分かってきたが、これほど巨大なガス雲を高温で輝かせるエネルギー源などについては謎のままだった。


>>2に続く

NATIONAL GEOGRAPHIC November 25, 2013
http://www.nationalgeographic.co.jp/smp/news/news_article.php?file_id=00020131125003

アストロフィジカル・ジャーナル
An Intensely Star-Forming Galaxy at z~7 with Low Dust and Metal Content Revealed by Deep ALMA and HST Observations
http://arxiv.org/abs/1306.3572
131118_himiko_ai_sm_600x600.jpg
Image courtesy NAOJ
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1385476143/









2: 伊勢うどんφ ★ 2013/11/26 23:30:27

>>1の続き

 研究チームは、南米チリにある電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」やハッブル宇宙望遠鏡、スピッツァー宇宙望遠鏡を使って詳しく観測した。
その結果、ヒミコは巨大なガス雲の中に、3つの星団が一直線上に長さ2万光年以上にわたって並んでいることが分かった。
さらに活発な星の形成の様子も観測され、1年間に太陽の質量の約100倍におよぶガスが星に変化していることが明らかになった。
この激しい星形成活動がヒミコのガス雲を温めるエネルギーとみられる。

 その一方、アルマ望遠鏡による電波観測では、星が活発に作られている「爆発的星形成銀河」で観測される固体微粒子が発する電波や、星形成活動度の指標となる炭素原子ガスが出す電波がいずれも検出されなかった。

 宇宙創成のビッグバン(大爆発)によって水素やヘリウムの軽い元素が合成され、その後形成された星の中での核融合反応によって、さらに重い炭素や酸素などの元素が作られるとされる。
今回のアルマ望遠鏡の観測で、重い元素からなる固体微粒子や炭素原子が検出できなかったことは、ヒミコは水素やヘリウムを主体とする、まさに「形成中の原始銀河かもしれない」という。

 研究論文“An Intensely Star-Forming Galaxy at z~7 with Low Dust and Metal Content Revealed by Deep ALMA and HST Observations”は、12月1日発行の天文学専門誌「Astrophysical Journal」に掲載される。


11: 名無しのひみつ 2013/11/27 00:22:24 ID:NlI2pzrV

プレスリリース
>>1の記事には想像図だけだけどこっちにはちゃんとデータから作った合成写真もあります

ICRR: 【プレスリリース】宇宙の夜明けにある巨大天体ヒミコの姿が ハッブル宇宙望遠鏡とアルマ電波望遠鏡の観測で明らかに - 東京大学宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/2013/11/22000000.html
Fig11.jpg


13: 名無しのひみつ 2013/11/27 00:29:11 ID:D+UxrQZl

>>11
聖なるヒミコと闇落ちしたヒミコって感じだ


17: 名無しのひみつ 2013/11/27 01:09:13 ID:gu6s8Rdy

横一直線でよかったね。
縦だったら観測難しそう。


18: 名無しのひみつ 2013/11/27 01:12:17 ID:lVCRC2yR

なにこれ パライバトルマリンなの?
大きさは銀河系と同じなのに 渦巻いてないのかよ!


19: 名無しのひみつ 2013/11/27 01:13:42 ID:lVCRC2yR

これって、どういうふうに出来上がったの?
これから渦巻くの?
131118_himiko_ai_sm_600x600.jpg


21: 名無しのひみつ 2013/11/27 01:16:32 ID:xmWitsZA

>>19
銀河系中心にあるとされるブラックホールがないんだろうな。


24: 名無しのひみつ 2013/11/27 01:55:02 ID:vwzpPNoW

129億年前の光か…
う~ん宇宙って何処から始まったんだろ
定点からのビックバンで始まったのに129億光年って理解出来ないよ…


30: 名無しのひみつ 2013/11/27 04:44:30 ID:kYykvikx

>>24
一点(中心)から分裂して空間が広がったから、中心点は無いよ


28: 名無しのひみつ 2013/11/27 04:01:10 ID:UTfrnFYK

宇宙が137億年前に誕生したって定説だけど、
単純に技術的な問題で137億光年先までしか見えないだけじゃないの?


34: 名無しのひみつ 2013/11/27 08:28:17 ID:vwzpPNoW

>>28
137億光年先の光が始まりっだったらビックバンと同時に既に137億光年の世界が存在してる?
って言うか始りの光を観測するなんてあり得ないのでは…


35: 名無しのひみつ 2013/11/27 08:49:31 ID:1pNVRD/o

>>34
既に観測されている宇宙背景放射が始まり(から約38万年後)の光とされているのでは?


40: 名無しのひみつ 2013/11/27 10:15:20 ID:xmWitsZA

>>28
たしかに、観測できる限界が137億光年先だから137億年前に出来たってことになってるな。
実際には500億年前かも知れないし1000億年前かもしれない。
でも他の観測結果から137億年前って結論なんだとおもうよ。
背景放射とか様々な物質の割合とか。


関連記事:
【宇宙】宇宙の年齢は137億歳ではなく、138億歳の誤りでした




42: 名無しのひみつ 2013/11/27 11:26:06 ID:9Ar5Dn3/

>>28,>>40
違うよ。

宇宙の膨張速度を計測して、ハッブル定数を求めたら、一点に収束していた時代が逆算できる。
それが137億年前であり、それがビッグバンのおきた時期と言われている。
間接的な証拠としては、宇宙背景放射の現在の温度とかもあるけど、こちらは誤差範囲がでかいのでハッブル定数で求めた年齢が誤差範囲内に入っているという意味での補強材料になってる。

観測するということは見る対象物が必要で、その対象物は「手前に別の天体とかがあると隠されて見えない」ために、遠距離の天体を探すときには、手前に他の天体が存在しなさそうな、要するにスカスカな方向を探す。全天見ているわけではなく、見やすいところだけ見ているのが現状。

そして、今のところ最遠の天体とみなされているのは130億光年離れた天体。数ヶ月前に発見された。
それより遠い(古い)天体は、今も探しているところであり、宇宙が誕生して最初の銀河ができた時代より古い(遠い)ところには、観測できる銀河が存在しないと予想されているため、どこまで遠くの銀河を発見したのかってのが、宇宙の年齢の下限を決定する。これとても大事な作業。

今は、上記の例など、今わかっているいくつかの証拠からとりあえず137億年前という事で、概ね定説となっているけど、今後も色々な観測が続けられて、より正確な数字になっていくの。時には定説と矛盾する観測結果が出て、定説が間違っているのか、観測が間違っているのか、あるいは初期宇宙の発展モデルが間違っているのかという話を繰り返しながらね。


51: 名無しのひみつ 2013/11/27 17:22:07 ID:mlXYFd+8

>>42
宇宙の大きさが分からないと1点になる時期が逆算できないよね?
宇宙の端が観測できないのにどうして大きさが分かるの?


62: 名無しのひみつ 2013/11/28 01:53:03 ID:aTYb1RlK

>>51
全体がわからなくても大丈夫
観測地点と観測対象の距離、赤方偏移による移動速度で割り出せる


77: 名無しのひみつ 2013/11/28 15:04:08 ID:dpTau9AE

>>62
どうしてそれで分かるの?
赤方偏移で分かるのは相対速度だけじゃないの?
もちろんそこまでの空間の膨張速度は光以下。
その先どこまで空間があるかなんて分からんと思うがなあ。


78: 名無しのひみつ 2013/11/28 15:08:02 ID:vgu+LRFC

>>77
距離と速度から逆算して一点に集まってる時期がわかるから


33: 名無しのひみつ 2013/11/27 07:58:45 ID:CCvcRnzX

129億年前やから既にご老体になってるな


38: 名無しのひみつ 2013/11/27 09:41:41 ID:6UlPNjfe

もう、銀河になってるわけか。
つかもう崩壊してるかも。


43: 名無しのひみつ 2013/11/27 11:52:12 ID:Zor1xMbM

そんな名前勝手につけていいのか
M78とか記号にすればいいのに


47: 名無しのひみつ 2013/11/27 13:57:30 ID:Hrq9Raom

UDFj-39546284がz=10で光速の98%程度
ヒミコはz=6ちょい

光速より速く遠ざかっている領域は地球からは見えない

UDFj-39546284 - Wikipedia
UDFj-39546284は、知られている中で地球から2番目に遠い場所にある天体である。宇宙の遠くを見るということは、より古い時代を観測する事になるので、最も古い時代の天体である事になる。赤方偏移zの値が約10.3 ± 0.8と、初めて観測された10以上の値を示す天体である。地球からの距離は313億7000万光年であり、時代は132億4100万年前の天体である。これは宇宙の年齢の4%、宇宙誕生から約5億5700万年経った頃にある天体である。しかし、2012年になって、316億3300万光年離れた距離にあるMACS0647-JDが発見され、史上最も遠い天体の座を明け渡した。しかし、MACS0647-JDの発表からほぼ1ヵ月後になって、UDFj-39546284の赤方偏移の値が11.9である可能性が示され、再び最も遠い天体に返り咲く可能性が出た。仮に正しければ、見かけの距離は133億2200万光年、実際の距離は323億4600万光年となる。




53: 名無しのひみつ 2013/11/27 17:29:18 ID:mlXYFd+8

ねえねえ、空間が膨張するってことは、空間は何もないんじゃないんだよねえ、
空間というものがあってこれが膨れて行ってるんだよねえ?

空間ってうすまったりしないの?
あるいは濃い空間とか薄い空間ってあるのかな?


57: 名無しのひみつ 2013/11/27 19:27:34 ID:qnuuevOc

なぜか知らんが広がっても広がっても濃度が変わらない


87: 名無しのひみつ 2013/11/28 20:12:16 ID:BxtCFWhA

>>57
まじで?

だとすると俺らが居る宇宙って空間じゃなくてより大きな空間の状態なんじゃ。


91: 名無しのひみつ 2013/11/28 22:41:03 ID:vgu+LRFC

>>87
そもそも空間とはなんぞや?にまだ答えは出てない
重力もどこかの次元から漏れてる力の一部って説もあるし


関連記事:
【物理】空間ってなんなの?




56: 名無しのひみつ 2013/11/27 19:15:30 ID:SSw5Y6i+

129億光年あっちで空を見上げたら何が見える?
あっちにすばる望遠鏡やスピッツァーがあったらそこからどこまで見える?
訳がわからん


58: 名無しのひみつ 2013/11/27 19:49:11 ID:vwzpPNoW

>>56
今現在の129億光年先から天の川銀河を見たら129億年前の姿なんじゃ無いか129億年前の銀河から天の川銀河を見たらさらに倍の258億年前の姿を見てるんだろうけど宇宙は存在して無いから存在可能な範囲しか見れないって事かな


60: 名無しのひみつ 2013/11/27 19:55:55 ID:laJ8xps1

初心者質問していいかな?

129億光年って、今現在それだけ離れているってこと?
それとも今観測してる光がそれだけ離れているとこから発せられたてこと?


63: 名無しのひみつ 2013/11/28 02:31:15 ID:qGT9iddS

>>60
今の光は129億年前の姿
今の姿を観測するには後129億年後
宇宙が膨張してればもっと後か


67: 名無しのひみつ 2013/11/28 07:56:00 ID:ZXrQrhkG

物凄い倍率の望遠鏡があったとして、地球から100光年離れた位置から地球を観測したら
100年前の出来事が見れるということになるの?

つまり、過去の出来事を見れたり記録できるってことになるの?


68: 名無しのひみつ 2013/11/28 07:57:55 ID:8N1qX12H

>>67
そうだよ
遠くを見るってのは過去を見るのと同じ意味だから
太陽も8分前の太陽だよ


69: 名無しのひみつ 2013/11/28 08:14:11 ID:tPlblJl4

宇宙って、人類の最後のロマンだよな


70: 名無しのひみつ 2013/11/28 08:15:54 ID:8N1qX12H

見上げる星空は全て過去の映像


74: 名無しのひみつ 2013/11/28 11:58:35 ID:6/38ZgPL

129億年前の話かぁ・・・今はどんな天体になっているか見えるのは
129億年以上後の話なのか・・・だいへんだこりゃ


79: 名無しのひみつ 2013/11/28 15:47:49 ID:HOtqeaVC

・地球との距離は129億光年である
・ビックバンからわずか8億年しか経ってない位置である


宇宙のある1点で始まったビックバンなのにわずか8億年で129億光年も離れたの?


83: 名無しのひみつ 2013/11/28 17:51:55 ID:9o8jolet

>>79
大雑把にいうと129億年で129億光年離れた。
地球がその天体からどんどん遠ざかっているので、
その天体が129億年前に発した光が今見えている。


85: 名無しのひみつ 2013/11/28 19:03:10 ID:qGT9iddS

>>83
宇宙が光の速さで広がってるのか?
アンドロメダ銀河とは光より全然遅い速度で近づいてるみたいだけど…
宇宙はよう分からん


88: 名無しのひみつ 2013/11/28 20:48:29 ID:/gRF2Xds

>>85
光の速さを超えているから、その先は観察できない領域なのさ。
相対性理論では、空間の膨張により、その空間中にある物質が
光速以上の速度で運動する事は、禁止されていない。

あくまで、閉ざされた動かない空間内でのみ、光速以上で動く
物質は無いだろうとされていた。が、計算上ではタキオンだの
スーパーブラディオンだのが出てきたりする。

あと、基本光速が不変(上限がある)であろうという事は、
1670年代、木星とその衛星イオの観察結果から分かっている。


84: 名無しのひみつ 2013/11/28 17:55:18 ID:tzpHP3/o

>>79
8+129=138=宇宙の年齢
地球とこの星って宇宙の端っこに位置していて
129億光年かけて宇宙空間が広がったってことなのか?


106: 名無しのひみつ 2013/12/02 14:41:08 ID:BCB8UWbR

>>79
こまけぇこたぁ覚えてないが、129億年前に仮に地球と8億光年の距離にあったとしても、
その間の空間が光速以上の速さで膨張しているので、地球に届くまでに
129億年かかった、ってことだとさ。
なんかエスカレーターを逆走してるイメージ。
実際の天体間の距離は129億光年よりずっと遠くに離れてるかもしれない。


86: 名無しのひみつ 2013/11/28 19:04:16 ID:aTYb1RlK

宇宙の広さが138億光年だと思い込んでる人も多いけどさ、本当の宇宙はもっともっと広大だよ
ただ、地球から観測できる範囲が138億光年先までってだけ
このスレの主役の129億光年先の銀河から観測すればきっと全方向に138億光年ぐらいの広がりが見えるはず

たとえて言うなら大きな模造紙のある一点から半径13.8センチの円を描くようなもの
中点が地球で円周内が観測可能範囲


92: 名無しのひみつ 2013/11/29 01:42:14 ID:4IqAup6Y

わかった相対論や量子力学は素晴らしいが
宇宙の歴史や広さは謎って事だな
そもそも小っぽけな歴史の浅い地球人が理解出来る代物じゃ無いな
ロマンチックやな



関連記事:
【宇宙】望遠鏡は理論的にどこまで性能が良くなるの?

他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 12902 ]
卑弥呼?
[ 2013/12/05 21:21 ]
[ 12904 ]
途方も無いが、ロマンだよなぁ。
深海には禍々しさがあって宇宙には神々しさがある。
画像見ただけでも興奮するわ
[ 2013/12/05 22:28 ]
[ 12905 ]
やばいわ
[ 2013/12/05 23:06 ]
[ 12908 ]
質量的には中型の銀河より少し小さめぐらいなのかな。
最初の銀河もこのヒミコみたいに球状星団の衝突融合によって生まれたんだろうなぁ。
望遠鏡写真見た感じまだ3つの星団の距離はだいぶ離れているみたいだから完全に一つになるにはまだ数千万年から数億年かかりそうね。
周りのガス雲のほとんどは水素だろうしほとんど拡散しちゃうんだろうなぁ
[ 2013/12/06 01:47 ]
[ 12909 ]
> 12908
> 完全に一つになるには

逆。これから広がって銀河になるんだぜ。
って記事にある
[ 2013/12/06 02:07 ]
[ 12910 ]
>12909
確かに外周部は広がってハロやディスクを形成するだろうけど中心部はお互いの重力に引かれて圧縮、いずれ巨大ブラックホールとバルジを形成して銀河の中心部分になるんじゃない?

COSMOS J100054.13+023434.9ほどじゃないがかなり高頻度で星形成しているみたいだし将来のスターバースト銀河かと考える。
[ 2013/12/06 11:10 ]
[ 12911 ]
ヒミコとかオロチとかかっけえなあ。
[ 2013/12/06 12:57 ]
[ 12912 ]
空間が広がっても濃度が変わらないなんて連続体濃度の性質そのものじゃないか
あまりに直感的でないから頭の中にしか存在しないのかと思ってたけど現象として存在していたのか
[ 2013/12/06 18:05 ]
[ 12926 ]
観測可能な宇宙の広さは137億光年先までじゃなくて宇宙は光を超える速度で膨張しているから実際は470億光年が限界

↓ここに書いてあるよ
ttp://www.nationalgeographic.co.jp/quiz-poll/quiz/quizpoll_answer.php?kind=1&question_id=430
[ 2013/12/08 01:20 ]
[ 15780 ]
宇宙の果てはどうなっているのか? ~謎の古代天体「ヒミコ」に挑む ttp://www.amazon.co.jp/dp/4800226392/ref=cm_sw_r_tw_dp_za1-tb1Z1R3J4
[ 2014/08/26 00:35 ]
[ 19483 ]
130億光年かけて届いた光を発した天体は、現在は400億光年以上離れた位置にいるんだってね。
[ 2017/04/18 20:25 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)