宇宙&物理2chまとめ【宇宙物理】60億光年彼方まで、誤差1%の精度で距離を「バリオン音響振動分光サーベイ」で測定成功

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙物理】60億光年彼方まで、誤差1%の精度で距離を「バリオン音響振動分光サーベイ」で測定成功

[ 2014/01/15 20:01 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(13) ]
entry_img_1282.jpg

1: 白夜φ ★ 2014/01/11(土) 01:30:50.74 ID:???

60億光年彼方まで、誤差1%の精度で距離を測定

【2014年1月9日 カブリIPMU】
観測プロジェクト「バリオン音響振動分光サーベイ」で、60億光年彼方の銀河までの距離を誤差1%の高精度で測定することに成功した。
宇宙の膨張を加速させると考えられている謎のダークエネルギーの正体解明につながると期待される。
---------------
米メキシコ州で行われている観測プロジェクト「バリオン音響振動分光サーベイ」(BOSS)で、60億光年彼方にある銀河までの距離を誤差1%の高精度で測定することに成功した。

これほどの高い精度で距離が測定できた天体は、従来は天の川銀河の中にある太陽から数千光年以内の星々だけだった。
今回の測定は、「バリオン音響振動」と呼ばれる、宇宙に存在する銀河の分布に周期的に現れる波紋を測定するという新しい手法で実施された。

近傍(現代)から遠方(昔)までおよそ120万個の銀河の位置を測定し、その密度分布から波紋の大きさ(みかけの角度)を観測すると、銀河までの正確な距離がわかる。
宇宙の歴史における各時代ごとの波紋の大きさを調べることにより、宇宙膨脹が時間と共にどのように変化してきたか、なぜ膨張が加速し始めたのか、手がかりを得ることができるという。


今回測定された銀河地図を利用した別の研究成果を、カブリIPMU特任研究員の斎藤俊さんらが発表している。
正体不明のエネルギー(ダークエネルギー)によると考えられている宇宙の加速膨張を、アインシュタインの重力理論の修正によって説明しようとする試みがあるが、この理論を検証したものだ。

斎藤さんらは、1億光年という大きなスケールで重力的に銀河がどう集まっているのかを観測し、赤方偏移歪みと呼ばれる効果を精密に測定して重力理論を検証した。
今回の観測では、アインシュタインの重力理論に修正が必要な積極的な証拠は見つからなかった。

赤方偏移歪みによる重力理論の検証は、宇宙加速膨張の謎に迫るうえで、バリオン音響振動による距離測定とは相補的な役割を果たすという。

現在のところBOSSプロジェクトの測定結果は、ダークエネルギーの働きは宇宙誕生以来変化していないことを示唆している。
現在の宇宙の姿や大規模構造を説明する宇宙モデルは、さらに裏付けを得て強固になっている。

(※参照リンク等は引用元でご覧ください)
_____________
▽記事引用元 AstroArts 2014年1月9日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/01/09boss/index-j.shtml

バリオン音響振動の波紋
bao.jpg
© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1389371450/









3: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 01:47:38.75 ID:68O77IIz

60億光年で1%って、結構壮大な誤差じゃないの?


10: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 03:12:47.62 ID:pUs2SYcA

>>3
> 60億光年で1%って、結構壮大な誤差じゃないの?
何とぼけたこといっているんだよ。1%の誤差って天文学では(ry

ベテルギウス - Wikipedia

>2008年になり、定説となっていた約427光年という推定距離が大幅に改められ約642光年となった

アンドロメダ星雲も結構多すぎる誤差が修正されていたな。



13: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 03:45:49.27 ID:SRUsDA/H

>>10
ベテルギウスとの距離がごく最近まで言われていた値よりも215光年も遠かったというのは驚くべきことだ。
しかしベテルギウスは宇宙的規模からみるといわばご近所のようなものだが、
それでその誤差が34パーセントというのはそれはもはや誤差ではなく何か根本的な理論的欠陥から来た完全な間違いの範疇に入る。
ところがこの場合相手にしている距離は実に60億光年で、それで誤差が1パーセントというのはその精度がいかに正確であるかを示している。


30: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 09:33:35.67 ID:SAT4uXVV

>>13
単なる誤差だよ
ベテルギウスまでの距離は年周視差を測定することで「実測」することができるが、年周視差による距離測定は
単なる三角測量だからそこに理論的欠陥とやらが入り込む余地などない
単に視差が小さすぎて今までの技術ではそれを正確に測ることができないってだけの話


年周視差 - Wikipedia
地球の公転運動による視差のために天体の天球上の位置が公転周期と同じ周期で変化して見える現象のことである。

年周視差による天体の見かけ上の運動は天球上の天体の黄緯によって異なる。黄緯±90度(黄道極)付近においては円運動をするように見える。黄緯が小さくなるにつれて黄緯方向を長軸とする楕円運動になり、黄緯0度(黄道上)では直線上を往復する運動となる。年周視差の大きさは楕円運動の長軸の長さの半分の角距離で表す。

年周視差の大きさは地球からの天体の距離に反比例して小さくなる。そのため年周視差が測定できれば、地球からその天体までの距離を知ることができる。地球からの天体の距離が3.26光年にある時、年周視差はちょうど1秒となる。天体の距離を表す単位であるパーセク (parsec) はこれに由来する。




5: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 01:52:52.83 ID:ubOsTUsT

>近傍(現代)から遠方(昔)までおよそ120万個の銀河の位置を測定し、その密度分布から波紋の大きさ(みかけの角度)を観測すると、銀河までの正確な距離がわかる。  
なるほど、分からんw


9: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 03:07:53.47 ID:pUs2SYcA

誤差の精度が一桁以上あがったのかすげーな。


11: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 03:40:45.42 ID:R3yzoRNo

この精度で世界の始まりがどこだったのか特定できるのかな


12: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 03:41:53.87 ID:1YPJdQg8

宇宙の立体地図とかあるやん。あれって距離に応じて情報古いよね。
それを補正した「現在の宇宙地図」なんてのは作られてないの?
それとも、スケールが変化するだけなので面白みないの?
宇宙の端まで含めたマップは点になっちゃうから意味ないとか?


14: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 04:02:32.20 ID:idJevNwx

おじちゃんたちこれ誰が得するん?


15: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 04:11:43.16 ID:O5w7XAS/

>>14
その謎のエネルギーを人類が利用出来るかも知れない


16: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 04:25:35.64 ID:T5dEzrkD

>>14
> おじちゃんたちこれ誰が得するん?

おじちゃんではないが、釣りにレスしてあげよう
この人が趣味でやってたことが今役立ってるので、
多分500年後位後の人たちが得すると思うよ


225px-Antoine_lavoisier.jpg

アントワーヌ・ラヴォアジエ - Wikipedia
フランス王国パリ出身の化学者、貴族。質量保存の法則を発見、酸素の命名、フロギストン説を打破したことから「近代化学の父」と称される。





21: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 06:50:04.38 ID:+jdPqKTp

>>16
おじいちゃん、ありがとう♪


19: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 06:45:01.34 ID:xvv/uS3q

宇宙物理なのに音響振動とはこれいかに


25: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 08:00:21.98 ID:htMPWifz

誰もほかに確認方法をもっていないから、誤差1%と言っても、

それが本当か嘘かもわからない。


27: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 08:48:21.26 ID:nnxSOF4p

見えるもの(物質)がすべてだと思っていたら、たった4%らしい

とかいう世界だからなw


29: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 09:30:44.24 ID:oQrxXGWR

>現在の宇宙の姿や大規模構造を説明する宇宙モデルは、さらに裏付けを得て強固になっている。
いつの間に?


34: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 10:24:52.78 ID:H/RyelGH

そもそも距離によって計る方法が違うので、この方法とベテルギウスの例の誤差を比較して、
どちらがどうというのはあまり意味が無い
wikipediaで「宇宙の距離梯子」を見るといい

ベテルギウスについては視差を用いているが、観測手段が違う
・427光年 : 衛星ヒッパルコス(93年運用終了)
・642光年 : VLA(電波望遠鏡のアレイ;映画コンタクトで出てきたあのパラボラ群だ) 2008年
ちなみにどちらも誤差は20%くらい


400px-uchuunokyorihasigo.png

宇宙の距離梯子 - Wikipedia
宇宙に存在する天体の、地球からの距離の測定方法の総称である。地球から遠方にある天体の距離を直接測る方法は複数提案されているが、それぞれには限界があったり、または期待される値の精度が距離によって制約されるなどの問題があり、使い分けを余儀なくされている。そのため、天体の距離判定は天文学における難問のひとつとなっている。

現状では広大な宇宙にあるすべての天体距離を測る統一的方法が存在しないため、ひとつの方法で近い天体の距離を測定し、それを基準に別な方法でさらに遠方の天体距離を求め、これを繰り返さざるを得ない。この過程が、高低差がある地面に梯子を架けながら徐々にステップを踏み進んでいく様に似ていることから、距離梯子という名で呼ばれている。




35: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 10:34:39.77 ID:90MudbJ+

どうして20%も誤差がある測定法で3桁も数字を出してドヤ顔していられるの?
天文学っていい加減だな


37: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 10:49:02.13 ID:H/RyelGH

>>35
学者がちゃんと197プラマイ45パーセクと発表しても、
マスコミや素人がドヤ顔で誤差の部分を省略しちゃうから


41: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 11:57:05.53 ID:XFi017VW

この波紋とやらの規則性が、実は合わせ鏡みたいなことになってるってことはないの?
つまり、何億光年前の天体を観測していたつもりが、実は何億年前の自分だったとか


48: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 15:03:13.36 ID:w7FnkBhR

>>41
たしか同じパターンが出てこないかも確認されてて
周期性は無い(=自分の背中を見ているわけではない)という結論だったと思う


43: 名無しのひみつ 2014/01/11(土) 13:41:17.97 ID:rhvSYj6P

どんなに観測精度が上がっても
僕とあの子の間の距離は
いっこうに縮まらない


55: 名無しのひみつ 2014/01/13(月) 20:40:39.60 ID:nPxiinTT

1%ってどんくらい?


56: 名無しのひみつ 2014/01/13(月) 21:10:56.55 ID:ocu7a8nx

そら±0.5%じゃないの?
実際に60億光年の距離にあるとすれば59億7000万光年から60億3000万光年の間にある、とまでは分かるんだろう


他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 13640 ]
距離によって測り方違うってめんどくせーな
[ 2014/01/15 23:22 ]
[ 13641 ]
暗黒エネルギーを、風船を膨らます空気の様な物と考えるなら
宇宙空間を膨張させるのは「時間」と思われるが…
2つを合わせて時空とか言われてるし。
[ 2014/01/15 23:29 ]
[ 13642 ]
ええな
[ 2014/01/15 23:31 ]
[ 13643 ]
このバリオン音響振動というのは、つまりケプラーの法則、銀河版と考えればいいのかな

そもそも銀河は自転して電波飛ばしてるの?
荷電粒子が加速度運動を伴う時、電磁波を発する
言われてみればモーターだよね

※13641
さあ? 反発しあうので、という事みたいだよ?
実際には加速度を伴う場合、分裂というか複製し合っていないとそうならないとは思うけどね
[ 2014/01/16 00:56 ]
[ 13645 ]
誰が得するとか言い出したらキリがない。
[ 2014/01/16 10:21 ]
[ 13652 ]
※13643
???すいません。素人の中2的妄想と思ってください。

〈中2的妄想実験〉
リアル宇宙から全ての物質(暗黒物質含む)を取り除き100%暗黒エネルギーの宇宙を生成したら、この宇宙はどうなるか?
多分、膨張は続くでしょう。
膨張が続く(変化し続ける)ならば、時間の流れも存在するはず。ってか、その宇宙にはそれしかない!?
人が知覚する時間の流れは、暗黒エネルギーの現れ…だったりして。
因みに、取り除いた物質を一纏めにして全宇宙質量のブラックホールを生成したら、内部はともかくその表面では時間は停止しているはず。

[ 2014/01/16 23:45 ]
[ 13658 ]
アインシュタインつえーな
俺らが生きてる内はアインシュタイン論破できないだろうなあ
[ 2014/01/17 11:48 ]
[ 13694 ]
宇宙は膨張しているといわれますが、どこに向かって膨張しているのですか?
膨張しいている宇宙の先はどうなっているのですか?
宇宙の起源が明らかになりつつあるといわれますが、起源の前はどのような状態なのですか?
[ 2014/01/19 16:11 ]
[ 13701 ]
※13694
全て、神のみぞ知る・・・ですね。
どれか1つでも知ることが出来たら、あなたは「神」になれます。
がんばってください。w
[ 2014/01/19 21:43 ]
[ 13735 ]
※CKM-100(改)さんへ
解くカギは「時間」のように思いますが。「時間」は「神」ではなく、重力がある素粒子によって生じたように、「時間」もある素粒子によって生じたのではないでしょうか。「時間」の発生のメカニズムが解明されれば、「無」から「有(宇宙)」が生じるメカニズムも解明されと思うのですが、どうでしょうか?
[ 2014/01/21 17:25 ]
[ 13738 ]
※むらおまもるさんへ
知る事とは、それを確かめる術を持つ事と考えています。
たとえ、答えを導き出せたとしてもそれを証明できなければ、単なる妄想に過ぎません。
今現在、宇宙の始まりについての最有力モデルも仮説に過ぎないのですから。
それらを踏まえた上での自由な発想は、新たな発見の種であり奨励こそすれ否定するものではありません。
※13735についてですが、…
私の妄想は、時空=真の反物質 です。(汗)
(???な感じですかね)
仮に、リアル宇宙をその外部から見れたとしたら、1つの物体が見て取れると考えられます。
大部分が時空(宇宙空間)から成る物体です。
つまりは、時空も1つの物質と捉えた考え(妄想)です。

あなたの問に対する答えに至っていませんが、私の妄想に興味があるなら…
とある携帯サイトにスレ立てしていますので、詳しくはそちらまで(こう言うの大丈夫かな?)
キーワード
「喪えラン臭んい」「十八金」「電波」
[ 2014/01/21 20:35 ]
[ 13751 ]
※CKM-100(改)
小生も段々妄想に憑りつかれてきましたが、宇宙は物質と反物質がせめぎあっている状態なのではないでしょうか?
物質は反物質を飲み込みながら膨張し、反物質は物質を飲み込みながら膨張している。したがって宇宙全体としては膨張しているのではなく、物質の世界から見れば膨張して見え、反物質の世界から見れば縮小しているのではないでしょうか。
たとえて言えば、メビウスの輪のように「表が裏であり、裏が表である」ような概念、仏教でいえば「色即是空、空即是色」ような概念です。
[ 2014/01/22 17:25 ]
[ 13753 ]
※13751
申し訳ないが、貴方の哲学的妄想には興味ありません。
反物質と言う言葉を使った裏には、私なりのロジック(理論)有っての事です。
妄想と言う言葉も貴方にとっては語弊が有る様で、繰り返しになりますが(答えを導き出せたとしてもそれを証明できなければ、単なる妄想に過ぎない)と言ったように、証明できないだけで本人はわりとガチに考えています。(超~恥ずかス)
本気で妄想を語り合う気はありませんので、此にて悪しからず。
[ 2014/01/22 21:39 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)