宇宙&物理2chまとめ【物理】永久機関とかいう物理学の究極のテーマ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【物理】永久機関とかいう物理学の究極のテーマ

[ 2014/01/18 21:01 ] [ 物理 ] [ コメント(30) ]
entry_img_1286.jpg

1: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:27:03 ID:w5yY5Akx

ここに到達した時人類は神を超えるのだ


永久機関 - Wikipedia
外部からエネルギーを受け取ることなく、仕事を行い続ける装置である。
古くは単純に外部からエネルギーを供給しなくても永久に運動を続ける装置と考えられていた。しかし、慣性の法則によれば外力が働かない限り物体は等速直線運動を続けるし、惑星は角運動量保存の法則により自転を続ける。そのため、単純に運動を続けるのではなく、外に対して仕事を行い続ける装置が永久機関と呼ばれる。



© By Dims
元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1388867223/









2: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:30:55 ID:giQ4TKc/

無理ンゴ




8: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:33:38 ID:w5yY5Akx

>>2
それはないやろ
誰かが言ってたぞ
人間が想像できることはすべて実現出来ると


24: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:38:25 ID:MMzsuu7m

>>8
やっぱり無理ゲーやねコレ?と想像した方が先に理論付けられて実現したんやで


第一種永久機関 - Wikipedia
第一種永久機関とは、外部から何も受け取ることなく、仕事を外部に取り出すことができる機関である。これは熱力学第一法則(エネルギー保存の法則と等価)に反した存在である。機関が仕事をするためには外部から熱を受け取るか、外部から仕事をなされるのどちらかが必要で、それを望む形の仕事に変換するしかないが、第一種永久機関は何もエネルギー源の無いところからひとりでにエネルギーを発生させている。これは、エネルギーの増減が内部エネルギーの変化であるという、熱力学第一法則に第一種永久機関が逆らっていることを意味している。

科学者、技術者の精力的な研究にも関わらず、第一種永久機関が作り出されることはなかった。その結果、熱力学第一法則が定式化されるに至った。




3: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:31:03 ID:4UryLZJW

熱力学第二法則


第二種永久機関 - Wikipedia
熱力学第一法則(エネルギー保存の法則)を破らずに実現しようとしたのが第二種永久機関である。 仕事を外部に取り出すとエネルギーを外部から供給する必要ができてしまう。 そこで仕事を行う部分を装置内に組み込んでしまい、ある熱源から熱エネルギーを取り出しこれを仕事に変換し、仕事によって発生した熱を熱源に回収する装置が考えられた。 このような装置があればエネルギー保存の法則を破らない永久機関となる。

第二種永久機関を肯定する実験結果は得られておらず、実現は否定されている。第二種永久機関の否定により、「熱は温度の高い方から低い方に流れる」という熱力学第二法則(エントロピー増大の原理)が確立した。これによってすべての熱機関において最大熱効率が1.0(100%)以上になることは決してないため、仕事によって発生したすべての熱を熱源に回収する事は不可能であるということになり、第二種永久機関の矛盾までもが確立されるに至った。




6: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:33:10 ID:bHcVaMXn

小学生の頃は磁石を落下させて磁力で引き上げるからくりでいけるやん!と思ってた


7: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:33:14 ID:JK5SNr28

電気→モーター回す→モーターに接触するタービンが回る→発電→電気

これ見たことあるな


11: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:34:41 ID:22D6A4WD

>>7
最初に使った電気より得られる電気の方が小さいからすぐに動かなくなるで


9: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:34:10 ID:6lzBBvMo

錬金術なら出来るからそっちを実用化しよう

なお必要なエネルギー


10: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:34:25 ID:I/KWeTsN

大正義エントロピー


14: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:35:34 ID:NVfGsyik

永久機関マジで研究してるとこなんてあるのか?


16: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:36:21 ID:6lzBBvMo

>>14
アメリカなら真剣に考える奴いてそう


18: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:36:52 ID:9nPUd4Y+

猪木が記者集めて永久機関お披露目とか言って全く動かなかったってのなかったっけ


30: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:39:39 ID:MMzsuu7m

>>18
猪木氏曰くネジを一本締め忘れたらしいわ


疑似科学的永久機関 - Wikipedia
熱力学の法則の確立以後も疑似科学者や詐欺師によって、永久機関が「発明」され続けている。 日本では1993年から2001年6月の間に35件の出願があり、うち5件に審査請求があったが、いずれも特許を認められていない。

アントニオ猪木の永久機関
(記者会見時に不動。原因はネジを一本締め忘れとの弁明だったが、二度と世に出ることはなかった。後年に効率99%の発電機を立ち上げたことにより、事実上の永久機関完成撤回宣言)




22: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:37:26 ID:EvQ6NWss

磁石をうまく使って無限にエネルギー蓄えんのって無理なんですか(小声)
ちな文系


31: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:39:45 ID:GG93kVkG

>>22
むり


34: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:40:23 ID:6lzBBvMo

>>22は無理なんか?
永久磁石でタービン長期間回せそうやけど


35: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:40:53 ID:A20l6QRf

>>34
どうやっても熱損失は出る


42: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:44:00 ID:6lzBBvMo

>>35
あー、なんとなく理解した


26: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:38:47 ID:M5jcXMzF

宇宙は無限に膨張してるらしいからその分のエネルギーを貰ってくればいいだろ
別に宇宙が膨張辞めた所で人類は困らないし


32: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:39:54 ID:UEr9Iu07

重力は幾ら使っても減衰しないらしいしいけそう
なお別次元宇宙から伝わる力の模様


33: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:40:05 ID:4Z/oLSk5

昔考えてたけど発想で終わったわ
ドミノみたいなの使って最終的にでかい物動かせればいけそう(小波感)


39: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:43:14 ID:npE36FB9

核分裂なしの核融合はまーだ無理そうですかね


113: 風吹けば名無し 2014/01/05 07:02:06 ID:QxTSj4NM

>>39
核融合は核分裂しないけど
中性子としてエネルギーでてくるから炉が放射化するんやで
しかも放射化するから脆くなって熱を効率よく取り出す前に
炉を交換しないとあかんなる
これは物理の世界のお話やからどうしようもない

近くに人間のタイムスケールからみれば無限の核融合やってる天体あるんやから
それからどうやってエネルギー得るか考えた方がマシ


40: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:43:19 ID:MMzsuu7m

おもちゃの水飲み鳥が永久機関に見えてた時期がワイにもありました


62: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:56:07 ID:TrOh9Uab

>>40
安心せえ、あれにはアインシュタインも悩んだくらいや


水飲み鳥 - Wikipedia
鳥の形を模したおもちゃ。頭部に相当する部分から蒸発する水が熱を奪い、鳥の上下の温度差を維持する。鳥は頭部と胴体部をガラス管で接続した構造で、内部に揮発性の液体が入っている。鳥はシーソーのように中心付近を支点として固定されている。通常時は頭が起き上がっている。頭部にある吸水性のフエルトを水で濡らすと、蒸発する水が気化熱を奪うため温度が下がり、液体がガラス管の内部を上昇する。液体が上まで届くとバランスが崩れ、頭部が重くなって頭を垂れる。このとき頭部が浸かる位置に水を入れたコップを置いておき、頭を垂れた時に頭部へ入った液体が流れ落ちるように調整しておくと、再び頭が起き上がる。水がなくなるか室内の空気の湿度が100%になるまで、この運動が半永久的に続く。




41: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:43:53 ID:1GTz7kDP

数年前、水からエネルギーを得る素材を開発したンゴwwwww
って発表したベンチャー企業がおってネットで失笑されてたな

その会社もさることながら大真面目に報道したらワールドビジネスサテライトは更に呆れられてた


45: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:44:33 ID:ox6aRuQ9

なお完成してもただの動き続けるオブジェになる模様
それよりラジオメーターみたいなのつくる方が楽しいで


48: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:45:44 ID:tt+N1DNS

水といえば海洋の温度差発電とかやろうとしとるね
永久にはほど遠いが


52: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:48:10 ID:/gTtFCcJ

エネルギーは減衰するもんやし無理やろ


53: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:48:35 ID:D+rlWmJ6

水圧発電とか無いの?
海中に機械設置して圧力で発電


79: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:16:12 ID:EtmMnDFp

>>53
圧の変化が無いのに電気作れるわけない
潮汐発電や波力発電なんてのは一応あるが


55: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:48:55 ID:9Oe6vmU3

縮退炉作れや
実質無尽蔵のエネルギーやろ


縮退炉 - Wikipedia
実現の可能性
ブラックホールは周囲の質量を吸収することによって成長する一方、ホーキング放射によって質量をエネルギーに変換しながら蒸発しており、ブラックホールの質量が小さければ小さいほど蒸発速度=エネルギーの放出速度は大きくなる。したがって極小のブラックホールに適切な量の質量を投入し続ければ、ブラックホールの成長と蒸発が平衡状態となり、ブラックホールを一定の大きさに維持することができる。ブラックホールの生成(および保持)に必要なエネルギーをブラックホールが蒸発するときに放出されるエネルギーよりも小さくすることができれば、極短時間で直接的に質量をエネルギーへと変換する極めて効率の高い動力源として利用することができる。しかも、理論的には投入された質量が100%エネルギーになり、核分裂や核融合と違って廃棄物が全く残らない上に質量さえあれば何でも燃料にできるというメリットがある。




59: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:54:55 ID:i0uoatEM

何をしようが投入したエネルギーより取り出すエネルギーの方がでかくなるわけないだろ


60: 風吹けば名無し 2014/01/05 05:55:02 ID:SQm5eHXf

「都合のいいものは存在しない」がこの世の全てだと思う


65: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:05:22 ID:2uY+kaKG

なんかしら損失でてまうんよなぁ…


67: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:06:55 ID:M0rmolxR

ガチの永久は無理でも人間個体としての視点からみた永久くらいなら割と実現可能じゃね?
規模のでかいエネルギーはゴロゴロしてるんだし


68: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:07:33 ID:1GTz7kDP

一つ言えるのは水に執着を見せる企業は大体インチキ


69: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:08:57 ID:i0uoatEM

水車一つあれば俺1人に必要なエネルギーくらいは稼げそうではある


70: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:08:58 ID:rEpAmtQb

要するにありとあらゆる所にソーラーパネルを貼ればいいと


73: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:10:14 ID:qWzu8WSG

永久機関は無理でも半永久機関はいけるやろ


75: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:12:08 ID:ojfkDXmy

やはり平行宇宙からエネルギーを取り出すしかないな


81: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:18:47 ID:hZSNzquW

地熱発電はマグマの熱ですぐ熱を受ける機材が駄目になってメンテの費用がかさむから
実用的じゃないんだっけ、セラミック使えば問題解決するらしいけど

軌道エレベーターぶっ立てて太陽光発電パネル貼りまくればええんや!
太陽光発電で最も理想なのが
恒星を直接太陽光発電パネルで囲うダイソン球とかいうのやったっけ
太陽の熱に耐えるパネル開発せなあかんとか問題山積みやけど


92: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:33:24 ID:yGM+heb4

永久機関ですって特許申請したら門前払いやろ
認めて欲しけりゃ実物作って来いって言われて


97: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:39:49 ID:9q2o1yqU

自転公転している地球って永久機関にならんのか?
そりゃいつか太陽に飲み込まれるけどさ
永久機関の定義がわからん


101: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:46:04 ID:6TIlMAoC

>>97
それは単に慣性の法則に従ってるだけだろ


100: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:44:29 ID:zBL7dUHZ

理論的に実証されてもそれを再現するためのマテリアルに永続性がないんとちゃうか


103: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:48:34 ID:Ug/twqke

いけそうな感じがするけど深く勉強すると無理っぽい

物理学に人をいざなう有能テーマ


104: 風吹けば名無し 2014/01/05 06:51:35 ID:yGM+heb4

>>103
永久機関のおかげで熱力学が定式化されたから
昔は大変に有能な研究テーマやったろうな
今はただの詐欺師やw



関連記事:
【物理】人間が物理的に壁をすり抜けるのって

他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 13676 ]
【物理】じゃなくて【無理】だろ
[ 2014/01/18 21:43 ]
[ 13677 ]
とりあえず、安定した核融合炉を完成させると良いと思います。
[ 2014/01/18 21:58 ]
[ 13678 ]
>人間が想像できることはすべて実現出来ると
この妄想が人類発展の原動力にして最大の障壁
[ 2014/01/18 22:02 ]
[ 13679 ]
とりあえず、最低でも宇宙さんは永久機関だと思います
で、この宇宙で永久機関を生み出してしまえると
宇宙よりも大きくなるのか、ならないのか、で分類できます(つまり加速度)
大きい場合が当然凄いわけで、時間を越えて新たな世界へ旅立てます

答えはYES
作れます
宇宙を宇宙で作ればいいだけです
[ 2014/01/18 22:12 ]
[ 13681 ]
ながれてる川に水車を敷き詰めたら結構なエネルギーじゃね?
つーか勝手に水車設置したら捕まるかな?w 携帯充電ぐらい出来そうだよね
[ 2014/01/18 22:22 ]
[ 13682 ]
できたとしてもそこからエネルギー取り出せるかなぁ
何もしなかったらどんどん加速してくってことでしょ?
[ 2014/01/18 22:52 ]
[ 13683 ]
>ながれてる川に水車を敷き詰めたら

流速がとんでもなく遅くなって、環境破壊が起きる


ていうか、永久機関より、湯沸かしに代わる発電装置を作らんと小型・効率化が進まない
[ 2014/01/18 23:23 ]
[ 13685 ]
できそう
[ 2014/01/19 01:44 ]
[ 13686 ]
でかい滝の下に水車設置してそれっぽく見せるくらいしかできんやろ。
この宇宙から摩擦という存在を消さない限り無理だお。
[ 2014/01/19 03:09 ]
[ 13687 ]
水って発想がいかにも蛇口ひねればいくらでも水が出てくる日本人の発想だよなw
[ 2014/01/19 03:50 ]
[ 13688 ]
永久機関の基礎になるやつが見つかってて、永久機関は不可能でーす!という内容の本に掲載されている図の中に紛れ込んでいたりする。見分けるのは機械についての知識センスの有無なのだ。
座学の法則を積み上げても判別のためのノウハウなどはまったくべつなところにあって、良い学校出ましたくらいの知識では恥をかかないという選択肢しか選べないようになってるんだ。(学歴システムの不思議を掌握してから取り組むべきテーマだ)
[ 2014/01/19 03:52 ]
[ 13691 ]
縮退炉作れねえかなあ
[ 2014/01/19 06:15 ]
[ 13697 ]
毛細管現象を用いた永久機関の反証が、いまだに思いつかない。

あと、

1海に近い砂漠に、とっても広くて海水面より十分深い穴を掘る
2海水を引いて落差で発電
3たまる水は穴の底で蒸発させる

これも地球では実質永久機関になると思う。
[ 2014/01/19 17:43 ]
[ 13699 ]
ダム発電でいいじゃん
[ 2014/01/19 19:18 ]
[ 13709 ]
宇宙は無から生まれたんだよ
これを利用すれば
[ 2014/01/20 02:11 ]
[ 13716 ]
しりとり永久機関

こぶた たぬき きつね ねこ
[ 2014/01/20 12:07 ]
[ 13720 ]
水を電気だけで効率よく酸素と水素に分けて
燃焼させて効率よく発電、出てきた水を発電した電気でまた燃料にして発電、…とかできればいいのに。
水は熱と光とかになって無くなるらしいけど微々たるもんだろうし。
[ 2014/01/20 21:25 ]
[ 13727 ]
結局
E=mc^2
という数式が成り立ってしまう時点で永久機関はありえない
もし、永久機関があるのならE=mc^2+xになるだろうし
存在してるだけでエネルギーを消費してるからな
まぁ100%は絶対に無理だが、それでも効率を99%まで近づけることはできるのかもしれんが
よくわからん・・・・・
[ 2014/01/21 04:18 ]
[ 13732 ]
誰もつっこまないので義務感にかられて。
永久機関の定義を間違えてるやつが多すぎる。
永久に動くだけであれば今の技術でも十分達成可能だ。
[ 2014/01/21 15:49 ]
[ 13733 ]
第一種は不可能でも第二種またはそれに近いものはそのうちできるんじゃないかなぁ~と。
無制限に周囲の熱を吸収するのではなく、周囲に十分な熱量がある場合に限り、周囲の熱を吸収し入力より大きな出力を得る...的な。
まぁ、個人的な妄想ですけどね。
[ 2014/01/21 16:04 ]
[ 13736 ]
デブの脂肪を自転車で電気にすれば中々捗ると思う
[ 2014/01/21 17:35 ]
[ 13749 ]
水圧発電って出来そうじゃね?
波の高低があるんだから、圧力は変化しそうじゃん。

…あ、でも太陽光発電の方がマシか。
[ 2014/01/22 04:51 ]
[ 13752 ]
理論上は可能、ただ素材が無い。摩擦係数0、完全剛性、エネルギー変換効率100%、電気、熱伝導率100%なんていう夢の…というかありえない素材が無ければ無理、でも逆に言えばこれらの素材があればコイルを最初は手動で回し、発生した電気でモーターを動かしコイルを回し電気を発生させ…という永久機関ができる。
[ 2014/01/22 21:34 ]
[ 13757 ]
真空無重力でくるくる回ってればおk
[ 2014/01/23 00:55 ]
[ 13857 ]
効率を上げるために何かしようと考えるが複雑なことするほど効率悪くなる
よりシンプルにするためにはと考えるがそれだと大したことできない
以下ループ

現在悩みの種
[ 2014/01/28 18:51 ]
[ 14003 ]
物質の劣化を考えると永久機関と言えないかもしれないが部品の交換可なら理論はできている
しかしそれを組み立てる技術をもちあわあせていないので理論のまま進まない
[ 2014/02/04 20:31 ]
[ 14012 ]
※13752
いや絶対無理だからソレ
全ての摩擦他の損失ゼロで効率を完全100%に出来たとしても、それは「永久に動く」だけであって「永久機関」ではない
「永久機関」は、そこから永久にエネルギーを取り出せる機関のこと
「モーターで動かしたコイルが発電する電気」は、完全効率100%でも絶対に「モーターを動かすのに使う電気」以下にしかならない
その発電した電気を、ほんの少しでも別目的に取り出せば、そのぶんモーターを動かす電気が減っていってすぐに機関は停止してしまう
それは「永久機関」ではないんだよ
[ 2014/02/05 10:58 ]
[ 14115 ]
重力のような、どのような状態でも普遍的なものをエネルギーにしないと無理。
[ 2014/02/12 00:16 ]
[ 14378 ]
お金を刷れるかただの大金持ちかの違い
[ 2014/03/01 00:36 ]
[ 18790 ]
どこでもドアがあれば簡単
[ 2016/04/08 08:50 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)