宇宙&物理2chまとめ【宇宙】2014年度は日本の宇宙関連ニュースがめじろ押しな件

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】2014年度は日本の宇宙関連ニュースがめじろ押しな件

[ 2014/05/03 11:01 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(7) ]
entry_img_1353.jpg


若田光一さん5月14日に帰還、年末には「はやぶさ2」も打ち上げ…今年度は宇宙関連ニュースがめじろ押し - MSN産経ニュース
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の若田光一さん(50)が5月14日に帰還するのを皮切りに、今年度は日本関連の宇宙ニュースがめじろ押しだ。種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)でのH2Aロケットの打ち上げも過去最多の5回が予定されており、日常生活に欠かせない気象衛星や、国民的人気となった小惑星探査機「はやぶさ」の後継機などが宇宙へ旅立つ。

(※全文はソースにて)


© By 20nana75












■5月14日11時頃
日本人初のISSコマンダーを務めている若田光一さんが約半年間の任務を終え地球に帰還
・カザフスタンの草原地帯にソユーズ宇宙船で着陸予定

scn14042519530005-p9.jpg
Photo By JAXA・NASA

関連記事:
【宇宙】若田光一さんが宇宙から撮影した東京の夜景をご覧下さい






■5月24日
陸域観測技術衛星「だいち2号」がH-IIAロケット24号機によって打ち上げ予定
・地震による地殻変動を2センチの精度で計測可能
・解像度が初代の10mから1~3mに向上
・観測可能領域の幅は初代の870kmから、機体を左右に傾けられるようにして2320kmに拡大
・観測から画像入手までの時間が初代の3時間から1時間に短縮

scn14042519530005-p3.jpg
Photo By JAXA

だいち2号 - Wikipedia
だいち2号(陸域観測技術衛星2号、ALOS-2, Advanced Land Observing Satellite、エイロス2)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として開発している「だいち」の後継の地球観測衛星。高度628kmの太陽同期準回帰軌道を14日で回帰し(だいちは46日)、フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダーPALSAR-2により地表を観測するレーダー衛星である。






■2014年夏頃
気象衛星「ひまわり8号」が打ち上げ予定

scn14042519530005-p5.jpg
Photo By 気象庁
・欧米に先駆けて新世代の放射計(カメラ)を搭載し、性能が飛躍的に向上
・地球観測機能を大幅に強化した「静止地球環境観測衛星」として整備される予定
・16種類の波長で観測し、初めてカラー画像が実現
・解像度や観測頻度、チャンネル数が増加しデータ量は現在の50倍以上となる見込み





■2014年12月頃
小惑星探査機「はやぶさ2」打ち上げ予定
・2018年6月に1999 JU3に到着、1年半かけて探査し、2020年12月に地球へ帰還予定

scn14042519530005-p1.jpg
Photo By 池下章裕氏

はやぶさ2 - Wikipedia
地球近傍小惑星 (162173) 1999 JU3への着陸およびサンプルリターンが計画されている。
基本設計は初代「はやぶさ」と同一だが、「はやぶさ」の運用を通じて明らかになった問題点を改良した準同型機となる予定である。サンプル採取方式は「はやぶさ」と同じく「タッチ・アンド・ゴー」方式であるが、事前に爆発によって衝突体を突入させて直径数メートルのクレーターを作ることによって深部の試料を採取できるようにする。採取した物質は耐熱カプセルに収納されて地球に回収される。着陸機の「ミネルヴァ2」も搭載される。






■2014年度後半
政府の情報収集衛星「光学5号機」「レーダ予備機」を2回に分けて打ち上げ予定
・デジタルカメラで撮影する光学衛星と電波を使うレーダー衛星があり、
 各2基の計4基が揃うと地球上のどこでも1日1回以上撮影可能






■2014年度夏以降
小型地球観測衛星ASNARO-1打ち上げ予定
・経済産業省が主導する小型衛星シリーズ
・ロシア南西部のヤスネ基地から同国のロケット「ドニエプル」で打ち上げ予定

scn14042519530005-p2.jpg
Photo By NEC

ASNARO - Wikipedia
重量400kg級で設計寿命3年、分解能50cm未満、観測幅10kmの性能を持つ光学衛星ASNARO-1は、2008年(平成20年)度に開発が開始され、2014年(平成26年)度に打ち上げられる予定である。1基の価格は約50億円である。主鏡にはNEC東芝スペースシステムと東芝が共同開発した、従来のガラスより軽量・高強度・低熱歪みを達成した高強度反応焼結炭化ケイ素(NTSIC:New-Technology Silicon Carbide)を使用し、撮影された画像は従来のSDRAMではなく120GBのフラッシュメモリに保存され、新たな16QAM方式1系統で従来の大型衛星と同じ800Mbpsで地上にデータを伝送する。





種子島に友達いるから上手く予定が合えば打ち上げ見に行きたいけどなぁ。
離れた所からでも大地が揺れて空気の振動が体で感じられるとか。

 
他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 15093 ]
5回のH2A打ち上げは嬉しいな。
はやぶさはH2Aには軽過ぎると思うけど、相乗りできる衛星は無いのかな。
軌道傾斜角がアレだから難しいか。
[ 2014/05/03 11:24 ]
[ 15094 ]
年末か
なんとか2014年に間に合った様だな
まあ、まだ分からんが…
[ 2014/05/03 12:47 ]
[ 15096 ]
ばあさんやこうのとり5号はまだかのう
[ 2014/05/03 16:15 ]
[ 15097 ]
一度くらいは種子島で生で観たいもんだ
[ 2014/05/03 21:47 ]
[ 15098 ]
小型地球観測衛星ASNARO-1
これだけロシアに打ち上げ依頼してるのは何故なんだろう
[ 2014/05/03 22:34 ]
[ 15099 ]
ASNAROシリーズは本来イプシロンで打ち上げる予定だったんだけど、イプシロンの開発が遅れて使えるロケットが無くなった。
H2AはASUNAROを打ち上げるには大きすぎるし相乗りできそうな打ち上げも無い。
ドニエプルなら能力的にちょうど良いし費用も30億と安い。
ASUNARO-2以降はイプシロンを使う予定。
[ 2014/05/03 23:28 ]
[ 15100 ]
種子島行ってみたい
[ 2014/05/04 07:59 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)