宇宙&物理2chまとめ【宇宙】俺達って宇宙のこと何も知らずに死んでいくんだよな

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】俺達って宇宙のこと何も知らずに死んでいくんだよな

[ 2015/01/02 21:13 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(19) ]
lgf01a201411220800.jpg 


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:23:17.51 ID:VNEf5O5PE.net

半径470億光年で今も広がり続ける宇宙のほんの片隅の半径6,000km余りの地球の中にある
小さな小さな日本という国でたった80年ばかり生きて死んでいくんだよな
そんで俺達が死んだ後も当たり前みたいに時間は流れていくし宇宙は広がっていくんだよな



photo by Daniele Malleo
元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1420132997/









2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:24:06.59 ID:DCbmkEgF0.net

俺が死んだらこの世界の消滅と同義だと思ってる


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:28:58.14 ID:VNEf5O5PE.net

>>2
目や耳、鼻……自分の感覚器官を通ししかこの世界を感じることができないのであれば
それは観測者あってこその世界であってそういう意味では俺自信が宇宙そのものと
言えなくもない気がしてきた


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:35:30.74 ID:DCbmkEgF0.net

>>9
結局俺目線でしか世界は存在しないんだから、俺が死んだら世界が消滅したのと同義なんだよな

死後の世界とやらがあるとは思えないし


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:24:27.39 ID:ZtVeK8GO0.net

おまえも宇宙の一部だぞ


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:25:01.11 ID:o3GcK1KP0.net

俺以外機械だから


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:25:23.14 ID:2xXPec/r0.net

なんのために生きてるんだろうな


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:26:20.32 ID:nplbE2ema.net

そういう視点をわかりやすくいつでも確認出来るようにして欲しい
俺の人生はくだらなくて当たり前なんだって思わせて欲しい


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:27:04.13 ID:eK7K+5db0.net

でも仕事しなきゃいけないことに変わりは無いぞ
働け


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:27:15.89 ID:xMQYxaLra.net

少しだけ物理やれ
高校物理の触りでいい


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:29:04.30 ID:DCbmkEgF0.net

>>8
等速直線運動とかやっても宇宙の真理に触れてる感無くね?


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:33:10.81 ID:3KLIWGCu0.net

>>10
相対性理論かなり面白いよ
深みにハマるとマニアックになって宇宙もクソも無くなるから同じくさわり程度推奨


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:35:33.14 ID:xMQYxaLra.net

>>10
高校の範囲に万有引力の公式あったよな?
あれを元に地球と太陽の微分方程式たててがんばって解く
そしたら楕円の方程式が出てくる

その瞬間お前は太陽の楕円軌道に地球を乗せたことができたんだ
神にも近しい所業だ 感動するぞ


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:36:27.02 ID:DCbmkEgF0.net

>>14
高校物理の範囲にはあったかもしれんけどそれは高校物理のさわりの範疇超えてないか?


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:39:07.87 ID:xMQYxaLra.net

>>15
たしかに微分方程式とかあんまやらないもんな…
でも俺が高校生の時に先生から言われた言葉だから、まぁ頑張ったらできるんだと思う


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:43:48.80 ID:xMQYxaLra.net

>>15
すまん完全にアスペだった
触りは超えてるかな?でも高校物理の中のほんとに狭い範囲だからってことで勘弁してくれ


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:34:56.99 ID:m8zXUIhk0.net

俺らよりも前の人達は海の向こう側の事も知らなかった
それよりもは良くね


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:40:11.39 ID:o3GcK1KP0.net

俺達がvipやってる今この瞬間も宇宙の外側は存在してるという事実


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 02:46:19.88 ID:4ZL2WB3VE.net

もし俺が全知全能になって全宇宙の全てを理解したとしたら
これまで通りの生活をするんだろうか
この人生を生きるという事にどれだけの意味を見いだせるんだろうか
金はこれまで通り大切なのだろうか



宇宙を創る実験 (集英社新書)宇宙を創る実験 (集英社新書)
村山 斉

集英社
売り上げランキング : 1415

Amazonで詳しく見る
他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 16446 ]
時代はファンタジーからファンタシーへ
[ 2015/01/02 21:52 ]
[ 16447 ]
ファンタシーからエクスタシーへ
[ 2015/01/02 22:37 ]
[ 16449 ]
エクスタシーからウルトラCへ
[ 2015/01/02 23:04 ]
[ 16450 ]
そして伝説へ
[ 2015/01/02 23:05 ]
[ 16455 ]
伝説からたまCへ
[ 2015/01/03 00:06 ]
[ 16456 ]
真善美の探究【真善美育維】

【真理と自然観】

《真理》

結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。

“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのか, と。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”

私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。



我々の世界は質感。

また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居ない。この世界・感覚・魂(志向性の作用した然としてある意識)の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。



《志向性》

目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。

『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』

『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』

我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。



《思考》

『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』

思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)

『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』

『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』

考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』

『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』


生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。

生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。


*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。

己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体に作用して意識に影響を及ぼす。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。

『志向(作用)→肉体・機構』



然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。

然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)



【世界創造の真実】

世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。

しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?

言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。

これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。

例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。

そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。

愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。

私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。

しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。

「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」

同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。

「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」

神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。

あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。



【真善美】

真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。


善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。

△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)

千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。


美は活活とした生命の在り方。

『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』

予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることなく認識と相互作用してこれを成し遂げようとする生命の在り方。



《抑止力, 育維》

【育】とは或技能に於て仲間を自分たちと同じ程度にまで育成する, またはその技能的な程度の差を縮める為の決まり等を作り集団に於て一体感を持たせること。育はたんなる技能的な生育ではなく万人が優秀劣等という概念, 価値を乗り越え, また技能の差を克服し, 個人の社会参加による多面的共感を通じて人間的対等を認め合うこと。すなわち愛育である。


【維】とは生存維持。優れた個の犠牲が組織の発展に必要だからといっても, その人が生を繋いで行かなければ社会の体制自体が維持できない。移籍や移民ではその集団のもつ固有の理念が守られないからである。組織に於て使用価値のある個を酷使し生を磨り減らすのではなく人の生存という価値を尊重しまたその機会を与えなければならない。


真善美は生命哲学を基盤とした個人の進化と生産性の向上を目的としたが, 育と維はその最大の矛盾たる弱者を救済することを最高の目的とする。
[ 2015/01/03 01:19 ]
[ 16458 ]
大宇宙、小宇宙
ロマンだねぇ
[ 2015/01/03 08:28 ]
[ 16459 ]
冷蔵庫の中さえ把握してない
[ 2015/01/03 08:53 ]
[ 16460 ]
聖書に宇宙創造のことは書いてあるよ
[ 2015/01/03 09:19 ]
[ 16461 ]
髪は死んだ
[ 2015/01/03 12:16 ]
[ 16464 ]
>俺達って宇宙のこと何も知らずに死んでいくんだよな

心配すんな。宇宙などそもそも「無い」。
死んだらそれを「知る」ことになる。
[ 2015/01/03 15:17 ]
[ 16465 ]
俺達って宇宙どころか女心も知らずに死んでいくんだよ
[ 2015/01/03 17:59 ]
[ 16466 ]
人の心に比べれば、物理や数学のなんと素直なことか
[ 2015/01/03 18:24 ]
[ 16477 ]
こういう果てのない事考え出すと女抱きたくなる
宇宙空間に放り出されたら孤独でどこかにしがみ付きたくなるんだろうが、女は地球みたいなもんだな
[ 2015/01/03 23:36 ]
[ 16516 ]
「死んだら終わり」って、おれの親父の常套句だ。自分の存在が自分一人で成立してるとする思想的勘違い野郎がどうして偉く成れると思うかね。君が消えても世界は動いていくし回って行く。死んで行く者があれば生まれてくる者もある。その過程でどれだけ自覚を深め責務を果たしていけるか、それを問い実現して行くのが人生じゃないか?もちろん親父はクズの家畜野郎だ。君も同じ種類の人間か?バカもさっさと卒業しろよ。人間が社会的存在だということを自覚しろな。

[ 2015/01/07 21:34 ]
[ 16648 ]
私という宇宙には何兆もの細菌が住んでいて、しかし私を理解することはない。
[ 2015/01/19 18:13 ]
[ 16692 ]
※16516
何抜かしてんだ家畜以下の説教野郎。
死んだら個人としての存在は終わりだろうが。死後なんて存在しねぇよ。
だからといって、どう生きてもいいなんて言ってない。その人間が行ったことの影響は世界に残り続けるだろうからな。
[ 2015/01/25 23:21 ]
[ 16720 ]
※16516
お前は、可哀想な人だな。
だからといって、まわりに不愉快を撒き散らしていいってことはないぞ。
お前はそのままオヤジの呪縛に囚われて何処までも沈んで行け。
[ 2015/01/31 00:04 ]
[ 17375 ]
ヒント
オリバーロッジ氏のWiki見てみ。「まぼろしの壁」のとこ
[ 2015/05/13 18:59 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)