宇宙&物理2chまとめ【宇宙】時速300万kmで広がる、天の川の巨大バブルが凄い

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】時速300万kmで広がる、天の川の巨大バブルが凄い

[ 2015/01/12 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(3) ]
bubble


1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 00:20:32.61 ID:???.net

掲載日:2015年1月6日

 2010年、NASAのガンマ線天文衛星「フェルミ」が天の川銀河の円盤から垂直方向にそれぞれ3万光年も広がる2つの巨大なバブル構造を発見した。「フェルミバブル」とも呼ばれるこの構造は、200万年以上前に銀河中心部で起こった爆発的なガス放出により作られたものと考えられている。その引き金としては、(1)星が次々に生まれ、次々に超新星爆発を起こした、(2)単独の星または星の集団が銀河中心のブラックホールに落ちこんだ、といったことが候補として挙げられる。いずれにせよ、銀河の長い歴史の中では瞬間的な出来事であり、繰り返し起こっているのかもしれない。

 Andrew Foxさん(米宇宙望遠鏡科学研究所)らの研究チームでは、バブルの向こう側にあるクエーサー(明るく光る遠方の銀河核)をハッブル宇宙望遠鏡で紫外線観測し、その光の分析からこの構造内のようすを探っている。

 その初期成果から、バブル内のガスは時速300万kmで広がっていること、ケイ素や炭素、アルミニウムといった星生成の名残りである重元素が豊富であること、温度はおよそ摂氏9700度とそれほど高くないことがつきとめられた。この温度については、銀河円盤内の星間ガスの流入により冷えているものと考えられる。

 研究では20個のクエーサーについて同様の観測を行ってバブル全体の総質量や複数箇所での速度を調べ、フェルミバブルを作り上げた現象を解明しようとしている。

<画像>
バブルごしに見た遠方クエーサーの光から、バブル内のガスを調べる(提供:NASA, ESA, and A. Feild (STScI))
fermi_bubble.jpg

<参照>
HubbleSite - NewsCenter - Hubble Discovers that Milky Way Core Drives Wind at 2 Million Miles Per Hour (01/05/2015) - The Full Story
http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2015/03/full/

Cornell University Library - [1412.1480] Probing the Fermi Bubbles in Ultraviolet Absorption: A Spectroscopic Signature of the Milky Way's Biconical Nuclear Outflow
http://jp.arxiv.org/abs/1412.1480

<記事掲載元>
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/01/06fermibubble/index-j.shtml
photo by lee
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1420557632/









2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 00:33:32.40 ID:5PRxI7SO.net

膨らみすぎて弾ける 何処かの経済みたいに


3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 00:35:37.08 ID:fDz7Q8KA.net

>温度はおよそ摂氏9700度とそれほど高くないこと

てめー9700度の風呂入れんの?


9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 00:47:58.68 ID:Bh/uUU0k.net

あわわ・・・


11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 00:59:02.71 ID:6BhJnwF9.net

>>1
> バブル内のガスは時速300万kmで広がっていること、ケイ素や炭素、アルミニウム
> といった星生成の名残りである重元素が豊富であること、温度はおよそ摂氏9700度とそれほど高くないことが
> つきとめられた。 


太陽系の方には来ないのか?
来たら人類終了だな


31: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 02:42:00.14 ID:xFA4RGyB.net

>>11
太陽風に比べたら大したことないから問題ないよ
太陽圏の泡沫境界を越えて僅かしか入って来られないから


太陽圏 - Wikipedia
太陽系の周囲の荷電粒子の泡であり、太陽風の届く範囲の空間である。電気的に中性な原子は太陽圏を通り抜けることができるが、事実上、太陽圏の全ての物質は太陽自身から放出されている。
太陽から半径数百億㎞は、太陽風は100万km/h以上の速度で吹く。星間物質と相互作用をし始めると、太陽風の速度は低下し始め、最終的に止まる。太陽風が減速し始める地点は末端衝撃波面と呼ばれ、太陽風は減速しながらヘリオシースを進み、星間物質と太陽風の圧力が平衡になるヘリオポーズに達する。





17: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 03:08:27.70 ID:GIBC4bKX.net

時速300万キロで広がっても、宇宙全体から見れば広がらないも同然ぐらい
の規模なのかね。


19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 05:44:49.52 ID:2NQklwxe.net

宇宙の広大さに比べると、光速はあまりにも遅い。


25: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 10:55:51.62 ID:kCQXDZR0.net

10万年・30万[km/s]・3600[s]/300万[km]=3600万年
この速度でも銀河系の直径に相当する距離10万光年を走るのに3600万年かかるとは。


26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 11:27:16.23 ID:PV/0+1rd.net

まんまM82銀河ですやん


M82 (天体) - Wikipedia
M82_Chandra_HST_Spitzer_20150112094040a41.jpg
チャンドラ、ハッブル、スピッツァーのデータの統合処理画像

M82 (NGC 3034) は、おおぐま座にある銀河。距離は1200万光年。1774年にボーデがM81と同時に発見した。
M81に近接されたためにスターバーストが引き起こされているスターバースト銀河である。また中心部から極方向に向かって、電離した水素ガスが吹き出している。これは「スーパーウィンド」という。




30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/09(金) 00:27:47.72 ID:MLk8iHwi.net

バブルが大きすぎて
どっちが本体か分からんな


32: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 03:20:42.11 ID:8LQd069l.net

宇宙規模で行ったら時速1mm位


他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 16566 ]
どんどん想像してた理想的な銀河系とかけ離れていくな
[ 2015/01/12 21:46 ]
[ 16597 ]
かっこいいいいい!!!!!!!!⇒(( (E) ))
空間が引きずられて回ってると卵型にたわむのかな?
(空間とその周囲が可塑性を持つなら)

さらにてきとーブッこきますと、
きっとフェルミバブルって巨大なガス電球ってだけじゃなくて、
銀河の回転を生み出す、ヒッグスの手なんじゃね?
銀河系円盤のフライホイールでさ、対消滅と対生成で歯車を廻してんジャネ。 なんつってってつっちゃって≒ゆゆ式
[ 2015/01/14 23:07 ]
[ 16723 ]
まぁ宇宙とか最初期のころ秒速1000000000000000光年の速度で広がったしな
[ 2015/01/31 23:18 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)