宇宙&物理2chまとめ【宇宙】太陽系史上最大の「危機的状況」…7万年前に恒星が0.8光年まで接近していた模様

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】太陽系史上最大の「危機的状況」…7万年前に恒星が0.8光年まで接近していた模様

[ 2015/02/23 22:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(3) ]
jvgfhtftddsf.jpg


1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:29:54.90 ID:???.net

太陽系と恒星「最接近」か、7万年前に「危機」 国際研究 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000027-jij_afp-sctch

地球から約20光年離れた距離にある赤色矮星(わいせい)のグリーゼ581の惑星系。手前は惑星グリーゼ581g。NASA提供の想像図(提供日不明、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】今から約7万年前、太陽系からおよそ8兆キロの距離を1個の恒星が通過したとの研究論文が17日、英学術誌「アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ(Astrophysical Journal Letters)」に掲載された。
これは宇宙の基準からすると、史上最大の「危機的状況」だったという。

 米国、欧州、南米の天文学者らからなる国際研究チームが発表した論文によると、最近発見されたこの暗い恒星は、オールトの雲(Oort Cloud)として知られる、太陽系外縁部を取り巻く彗星の集まりの中を通過した可能性が高いという。

 この時の距離は、現在のところ太陽系に最も近い恒星のプロキシマ・ケンタウリ(Proxima Centauri)までの距離の約5分の1で、これまで知られている中でこれほど太陽系に接近した恒星は他にないと研究チームは指摘している。

 発見者の名にちなんで「ショルツ星(Scholz's star)」と命名されたこの赤色矮星(わいせい)は、軌道分析の結果、太陽系から約0.8光年離れたところを通過したことが示唆された──天文学的スケールでは、これは「接近」である。

 論文主執筆者で、米ロチェスター大学(University of Rochester)のエリック・ママジェク(Eric Mamajek)氏によると、ショルツ星は現在、20光年離れた距離にあるという。

 研究チームは、南アフリカとチリにある分光器と大型望遠鏡を用いて同星の速度を算出し、時間の流れをさかのぼって同星の軌道を再構成することに成功した。また現在は、太陽系から遠ざかりつつあることも突き止めた。

 現在のところ、太陽系に最接近通過する見通しが最も高い候補は、いわゆる「ローグ星」のHIP85605だ。この星については、今から24万年~47万年の間に太陽系に接近すると予測されている。

 だがママジェク氏と研究チームは、HIP85605までの本来の距離が10分の1ほど小さく見積もられている可能性が高いことも明らかにした。
【翻訳編集】 AFPBB News
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424345394/








4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:37:07.71 ID:xLJg3yAK.net

非常に興味深い
7万年、人類の大量絶滅が起こっている
人類はその時にわずか数千人にまで激減したのだ


19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:21:52.42 ID:CAV5+r/B.net

>>4
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


45: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:10:38.39 ID:kiBiE8nl.net

>>4
コズミックフロントだね
たしか1億5千万年ぐらいの周期で太陽系が銀河系渦状湾の密集地帯を突き抜けるので
宇宙放射線が増加して雲の核となり、寒冷化を引き起こすという説

近接する星がある場合、太陽風が打ち消されて宇宙線が地球に降り注ぎ、
雲の核となって寒冷化を誘発するシナリオはあるかもしれないな


57: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 14:16:23.41 ID:a8pXv+3q.net

>>4
トバ火山噴火とセットで寒冷化増大だったのかも


トバ・カタストロフ理論 - Wikipedia

今から7万年前から7万5千年前に、インドネシア、スマトラ島にあるトバ火山が大噴火を起こして気候の寒冷化を引き起こし、その後の人類の進化に大きな影響を与えた(参考:カタストロフィー)という学説である。地質学・古人類学の分野では、火山の噴火とその後の気候変動を指してトバ事変(Toba event)と呼ぶ。 人類の進化における、ボトルネック効果の例を示す学説として言及されることが多い。




6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:39:49.29 ID:AXLfX0CY.net

Wolf424。
7700年後に太陽から1光年の距離を通過するかもとのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A6%E3%A9%E3%AB%E3%95424

関連記事:【宇宙】たった7700年後にとある恒星が1光年の距離まで近づく件




7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:40:54.12 ID:CPqQsIw8.net

多分だが、その頃はオレはもういないかもしれない


9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:42:22.09 ID:I3USuRKu.net

>オールトの雲

ゴミ掃除していってくれたんじゃないwww


23: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:39:59.66 ID:iyUg84VL.net

>>9
持ってってくれただけならいいけど
軌道を乱されて内側に落ちていって彗星になったもの多かっただろうと思われ


13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 20:56:49.19 ID:poGbZKkY.net

銀河系の恒星の密度って、太平洋の大きさにバレーボールが2個くらいだから、
確率的にまず重力で影響でるような距離まで近づくことはない


16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:13:21.83 ID:AdBl+OOh.net

宇宙ってスカスカなのね


18: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:17:07.26 ID:YTtMnjST.net

7万年前にあったってことは
過去数十億年の間にはもっと接近してたのもあるんだろうな


20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:23:00.13 ID:YhnC/gFO.net

>>18
大量絶滅は太陽系が銀河の腕に突入したからって何かの番組でやってたな


24: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:43:38.72 ID:Uv35vtkv.net

オールトの雲内の星屑が大量に軌道を外れてるわけね、、、
もう落ち着いてるのかな?


25: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:45:46.00 ID:dzYLVXWF.net

7万年とか24万年とか意外と頻繁だな


26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:07:23.38 ID:1zXQVDR7.net

グリーゼ581も銀河系で回ってるんだろ、1回転するのに2億年?

そのうちもっと近いのが来るだろ。


27: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:19:42.57 ID:15ZK6fqd.net

冥王星の軌道がおもいっきし傾いた原因だな。

ひよっとしたら、土星のわっかの原因かもしれない。


土星の環 - Wikipedia

土星の環は恐らく非常に古く、土星そのものの形成時にまで遡る。土星の環の起源には、主に2つの説がある。1つ目の説は、19世紀にエドゥアール・ロシュが提唱したもので、土星の環は、かつてはヴェリタス(井戸に隠れたローマ神話の女神)と名付けられた衛星であり、その軌道がロシュ限界よりも近くなり、潮汐力によって粉々になったとするものである[。この説のバリエーションとして、衛星は、巨大な彗星か小惑星が衝突して破壊されたとするものもある。2つ目の説は、土星の環は、土星を形成した物質の残りから形成されたというものである。
しかし、現在では、約40億年前の後期重爆撃期に、ミマスよりも大きい直径400kmから600kmの衛星に大規模な衝突が起こり、破壊されてできた塵から形成されたという説が有力となっている。




28: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:53:57.55 ID:et6DOY8x.net

1光年は9兆5000億㌔㍍


35: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 23:40:19.55 ID:uitzdRE5.net

この恒星を捕獲したら資源の宝庫じゃん。
誰か捕まえてこい。


36: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 23:42:06.60 ID:3rI1ny+g.net

オールトの雲の擾乱による太陽系への彗星の爆撃はもう終わったのか
それとも宇宙の時間スケールではむしろこれからなのか?


37: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 23:49:50.05 ID:gUNwP+6x.net

たった7万年前? そんなに頻繁なら、これまでにも相当ニアミスがあったはず。

ニアミスの影響で大量絶滅とか起こったりしてないのかな?


40: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:01:27.07 ID:JC8mnsJ0.net

どれくらいの明るさだったんだろうね。


55: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 13:48:39.34 ID:AolZEarE.net

>>40
100倍明るい星は、等級では5だけ小さい値とか、距離が0.8ly/20lyなら625倍明るく
見えるはず、とか考え計算したら7等級明るく見えることがわかり、現在の見かけの
等級の18.3等から7を引いて約11等の暗い星に見えたことに。尤も、明るい星≒大きい星、
だから、明るい星なら太陽系は大混乱だ。矮星なのが幸いだった。
でも、よく下記を読んだら「最接近のとき11.4等」て書いてあったw

http://en.wikipedia.org/wiki/Scholz 176_star


41: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:15:48.54 ID:jMTR95uC.net

頼むから8兆キロって概念をビリヤードの玉同士の距離に例えて教えてくれないか


46: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:26:44.18 ID:fRUIBQ6Z.net

惑星の軌道には影響なかったのかな


47: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 02:03:48.30 ID:bqD4Z1yn.net

>>46
あと100倍ぐらい太陽に近づかないと(1/100の距離)、
惑星圏への影響は無いと思われる。


59: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 15:22:36.29 ID:Owash4CS.net

何の関係もないグリーゼ581の絵を載っけてるのはなんなんだ


64: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 16:30:10.80 ID:UL7ZtGGX.net

> 24万年~47万年の間に太陽系に接近すると予測
こんなに間近な時間でこの幅の予測って
他の銀河速度もいい加減てこと?


69: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 17:08:16.89 ID:rNqx0+GX.net

>>64
HIP85605までの距離が不確かだから。より確かだと思われる200光年の距離により
計算されたこの星の軌道はオールトの雲に突入しない、とか。
このくらいの距離は年周視差での測定が難しい。
http://www.rochester.edu/newscenter/scholz-star/


66: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 16:33:39.36 ID:Hxa7JrjO.net

心配しなくても24万年後に地球に人間はいないよ。


68: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 16:46:28.01 ID:ezM+eC3s.net

ビリヤードの玉同士で距離を例えるなら
それでも数十キロ離れてるレベル、宇宙デカすぎワロタw


77: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 21:36:52.88 ID:X11lEBNW.net

これは衝撃的だね。7万年前なんてつい最近のことだし。
自宅の庭をクマが通過して行ったようなもんだろ


86: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 01:36:39.57 ID:02XuI/Y6.net

>>77
野犬レベルだろ11.4等星だろ
0.8光年まで近づいてこの暗さ


83: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 00:46:47.61 ID:vn3Y6Fbb.net

百武彗星の周期が約10万年で遠日点距離が約4700天文単位だから、
10000天文単位あたりにあるといわれるオールトの雲から7万年前に散乱された
彗星はまだ地球に届いていない計算になるな。


89: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 06:25:29.16 ID:55YyzE91.net

>>83
そろそろ現れる頃か...
やばいじゃん!


88: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 02:10:05.61 ID:xzMcvwvX.net



102: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 19:39:29.78 ID:t4/zN2JY.net

再接近したのは7万年前として、前後どのくらいの期間が危機的状況だったのかな?


44: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:28:08.42 ID:EaQMelF8.net

相変わらず宇宙のスケールには圧倒されるな
宇宙基準なら俺の100年足らずの人生なんて幻にすらならないものだな
と言いつつ、明日も他人の顔色を伺いながら職場で小銭稼ぐために労働する僕ちゃんでした



ショルツ星 - Wikipedia

ショルツ星系は今から約7万年前に、太陽から5万2000天文単位(0.25パーセク、0.82光年)の距離を通過したと計算されている。この距離は、長周期彗星や非周期彗星の起源として想定されているオールトの雲の外側の領域にあたる。なお、仮にショルツ星系の影響でオールトの雲から彗星が散乱されたとしても、太陽系の内側に達するには200万年を要するとされる。この星が太陽に最接近した際の地球からの見かけの明るさは11.4等級と考えられている。7万年前のショルツ星に匹敵する距離まで恒星が太陽系に接近するような出来事は、900万年に1回程度の頻度で起きていると考えられている。



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 16915 ]
何故か何兆キロっていわれるとピンと来ないけど、オールトの雲を蹴散らしたって言われるとすげー近い気がする。
[ 2015/02/24 22:56 ]
[ 16917 ]
1光年以下の距離なのに11.4等級て暗すぎやろ
小さい星とはいえそんなもんなのか
[ 2015/02/25 02:09 ]
[ 16928 ]
木星の10倍くらいの大きさの彗星が飛んでくると考えたら恐ろしいな
[ 2015/02/26 14:26 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)