宇宙&物理2chまとめ【宇宙】いよいよ7/14に冥王星到着!誰も見たことない探査機ニュー・ホライズンズの冥王星近接画像も続々到着!!

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】いよいよ7/14に冥王星到着!誰も見たことない探査機ニュー・ホライズンズの冥王星近接画像も続々到着!!

[ 2015/07/14 00:11 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(13) ]
guyuygieed.jpg


1: 名無しSUN 2015/07/10(金) 06:36:17.37 ID:MvzJv/Pa.net

9年の長旅を終え、いよいよ7/14冥王星到着!
今まで撮影困難だった冥王星とその衛星の近傍写真も充実し始めており、期待度は最高潮!
NASAの冥王星探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons/新視野号)を応援するスレッドです。

☆公式WEB
http://pluto.jhuapl.edu/

★探査機の現在の位置↓
http://pluto.jhuapl.edu/Mission/Where-is-New-Horizons/index.php

★最新の◯リ画像↓
http://pluto.jhuapl.edu/soc/Pluto-Encounter/index.php

ニュー・ホライズンズ - Wikipedia (スケジュールなど)

photo by NASA/JHUAPL/SWRI








3: 名無しSUN 2015/07/10(金) 06:50:25.88 ID:MvzJv/Pa.net

~今年になってからの経緯~
 2015年1月15日: 冥王星の観測を開始したと発表。
 2015年2月5日:1月25日に撮影した冥王星とカロンの画像を公開。
 2015年2月14日:冥王星探査開始。
 2015年4月後半:この頃には、画像の画質がハッブル宇宙望遠鏡による最良のものと同等になる。
 2015年6月初旬:全ての観測機器が常時観測体制に入る。
 2015年7月4日:通信途絶が発生し、回復後も一部の機器しか動作しない状態(セーフモード)に陥ったが、その後の作業により復旧した。

~今後の予定~
 2015年7月14日:11時47分に冥王星をフライバイ(接近通過)し、冥王星と衛星カロンを撮影。最接近時の距離は13,695kmで、カロンの公転軌道の内側を通る。そのときの速度は14km/s。
 2015年8月まで:冥王星とその衛星を観測。
 2015年8月後半:接近後の探査終了。
 2016年4月後半:全てのデータを送信完了。

 2016年 - 2020年頃:エッジワース・カイパーベルト内の太陽系外縁天体を観測。
 その後は太陽系を脱出する。


10: 名無しSUN 2015/07/10(金) 09:19:30.32 ID:16d5zWMu.net

スレ立て乙
こっちにも貼っておいた方がいいかな
http://www.nasa.gov/feature/pluto-and-charon-new-horizons-dynamic-duo
nh-pluto_charon_150709.png

pluto_charon_color_final.png


12: 名無しSUN 2015/07/10(金) 19:24:13.56 ID:MtaVPJQb.net

折角到着するんだから逆噴射で止まれないの?


13: 名無しSUN 2015/07/10(金) 19:41:18.79 ID:16d5zWMu.net

>>12
他に行く所があるから今回は通過だけ


14: 名無しSUN 2015/07/10(金) 20:26:41.19 ID:D5hBBiTW.net

スレ立てるのはやすぎない?

>>12
いままで宇宙にあげた探査機でも最速のやつを
あんな重力小さく公転も遅い天体に周回軌道させるだけの減速をするには
理屈上、もう1機地球から探査機を打ち上げるだけの燃料が必要。
つまり無理


17: 名無しSUN 2015/07/10(金) 20:38:22.46 ID:QMZuB4bf.net

減速スイングバイできれば良かったんだけど天王星も海王星も位置関係が悪かったね
まあそんな事したら到達に時間がかかって費用増って事になるしエッジワースカイパーベルトにも行かなきゃならないし…


22: 名無しSUN 2015/07/11(土) 12:51:53.75 ID:vmEIopZM.net

他の観測機ってもっともっと低速なの?


26: 名無しSUN 2015/07/11(土) 20:01:09.78 ID:+CA6BgsK.net

>>22
地球を出発した時のスピードはニューホライズンズが最速だったけど、今のスピードは
はるか先を飛んでいるボイジャー1/2号の現時点での速度より遅くなってる
だから突然ニューホライズンズが謎の力で急加速するかボイジャーが急減速するかしない限り
ニューホライズンズは太陽からの距離では永遠にボイジャーを追い抜けない


23: 名無しSUN 2015/07/11(土) 14:38:16.58 ID:2XniT+WC.net

今が一番楽しい時期
過ぎ去ったら惜しい感情だけが残る


32: 名無しSUN 2015/07/11(土) 23:24:33.02 ID:66l725M4.net

クレータは月や水星より少なそうだね
メタンの大気が有るからなのか?


38: 名無しSUN 2015/07/12(日) 01:38:39.52 ID:NPbGrkVU.net

>>32
季節によるメタン循環があるからでしょう。


39: 名無しSUN 2015/07/12(日) 01:47:54.57 ID:w7CTDYmz.net

>>32
メタンの大気といってもせいぜい10万分の1気圧とかそんなレベルだろ?
地球と比べたらほとんどないに等しい気もするが


79: 名無しSUN 2015/07/12(日) 12:49:18.62 ID:asmohViq.net

>>32
表面が岩石なら隕石等の衝突でも解けて液体や気体になることは少ないからクレータとして残る
冥王星の温度でも氷や固体の窒素や一酸化炭素は隕石等の衝突で一時的に液体や気体になる
巨大なものだと広範囲に影響が及んでクレータを消したりする
結果的にクレータが少なっているのではないか


174: 名無しSUN 2015/07/13(月) 08:34:32.72 ID:E6hvB1Kq.net

>>32
冥王星付近は太陽の重力も弱くなってる上に冥王星自身の重力も知れてるから
衝突時の相対速度が水星なんかと比べるとかなり小さいと思われる


36: 名無しSUN 2015/07/12(日) 01:10:56.97 ID:wf6aaShM.net

カロンの反射光で冥王星の夜側を撮影するみたいだけど
どの程度のものが撮れるやら


37: 名無しSUN 2015/07/12(日) 01:33:26.64 ID:NPbGrkVU.net

>>36
やはりボイジャーで1980年代に行ってほしかったね。
今の位置関係だと、双方から見て、満月になることはないんだな。


40: 名無しSUN 2015/07/12(日) 01:55:23.10 ID:XRgKGySt.net

基本的なことだけど冥王星最接近時、日本は何日の何時頃なのかな?NASATVとかでライブ中継やるだろうし見れたら見たい!


42: 名無しSUN 2015/07/12(日) 02:07:39.65 ID:7REvqOnb.net

>>40
14日の20時49分57秒かな。標準時のプラス9時間でいいんだよね


47: 名無しSUN 2015/07/12(日) 02:54:54.20 ID:G466nEsm.net

今更だけど
こんな小さい星よく見つけたな


51: 名無しSUN 2015/07/12(日) 07:29:24.77 ID:n3ygey8A.net

org411902.png
クレーターの縁に模様があるっぽいかな?
黒いのはトリトンの模様に似てる


57: 名無しSUN 2015/07/12(日) 09:42:35.09 ID:vp6+mT/y.net

なんというか、いままで真っ暗闇の中にいて寂しかったろうなあ。
やっと会えたねって感じだ。


58: 名無しSUN 2015/07/12(日) 09:49:13.87 ID:+y2ib0SM.net

つくづく南半球側のほうがが変化に富んでて、見えないのが残念。

季節が変わればまた飛ばしてほしい


63: 名無しSUN 2015/07/12(日) 10:18:33.15 ID:JAQ5AqKt.net

>>58
変化に富んでいるのは、南半球側ではなくて赤道周辺と言うべきだろう
南半球の大半はまだ何も観測できていないから、変化に富んでいるかさえわからない


64: 名無しSUN 2015/07/12(日) 10:25:53.05 ID:wbXyPSDe.net

太陽の光の当たらない南半球も可視光だとカロンの照らしでしか撮影できないけど
赤外線なら撮影可能だろう。ただ赤外線だからモノクロでしか撮影できない。


89: 名無しSUN 2015/07/12(日) 14:39:42.10 ID:n3ygey8A.net

今までのどの天体とも様相が違うな
血管ぽいキモさを誰が予想できた


95: 名無しSUN 2015/07/12(日) 15:28:30.47 ID:oh6ZaGNJ.net

this image as “the last, best look that anyone will have of Pluto’s far side for decades to come.”

次は何十年後だろうかね、ボイジャーの海王星や天王星だって
周回探査計画はあったけど立ち消えだし。 リアルに50年くらいは次に
飛ばさなかったりして。100年ってことはないかもしれんが。


102: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:15:15.96 ID:FTYOiCzI.net

凄く気持ち悪い地表だなぁ、、、。
ゲームや映画に出てくる感じだと、冥王星は間違いなく悪い奴が住んでるタイプの星やなw
闇の帝王とかそんな奴が住んでる。


103: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:17:41.20 ID:UqzVk8Jn.net

解像低いからイラストみたいに見えるね。
どこまではっきり写るんだろう。


104: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:24:37.01 ID:s8nqmq/P.net

メタンとか聞くと微生物いないのかな?って思っちゃうけど、寒すぎるね


107: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:37:23.17 ID:NPbGrkVU.net

>>104
タイタンでメタン溶媒の生命か発見されたら
冥王星やトリトンだってハビタブル・ゾーンになる。
自主発生は困難でも。

例えば、エウロパは自主発生はなくとも、
地球の微生物が住み着く可能性(危険性)がある環境。


105: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:30:20.91 ID:NPbGrkVU.net

やはり冥王星には何かいるね。
これからもSFの主要舞台になるのは間違いない。

全然、退屈しない。もう一度探査機を送りたくなる星。


106: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:36:18.71 ID:wm11c0xx.net

到達するまでの時間がなー
例えば木星→土星→冥王星って都合良く並ぶのって何年後なんだろ?


108: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:42:19.45 ID:vp6+mT/y.net

惑星直列ねぇ

ボイジャーの時は地球文明も含めてまさにベストタイミングだったんだろうね


109: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:46:46.65 ID:8uvJUoaD.net

>>106,108
ボイジャーと同じ状況になるのは176年に1回だとか以前に見た記憶が。


113: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:58:21.76 ID:NPbGrkVU.net

光速の0.1%(秒速300km)まで加速して、
中間点で減速を開始する核融合エンジンがあれば
10000時間=400日で到着し、
なおかつ周回軌道に乗れるのだが。


114: 名無しSUN 2015/07/12(日) 17:58:53.32 ID:oh6ZaGNJ.net

日本も海王星周回探査機あたり打ち上げて
トリトンでもくまなく調べてほしいけど
まあDSN持ってないし、原子力電池ないし、で厳しいかな。。
ただ技術的にはできないこともないとは思うけど無理だろうな。
まずは近場で月や火星や金星ってとこだろうし、NASAだけ一人ぶっ飛びすぎてる
気はするけども、圧倒的すぎて他の国はどこも追いかけれない
と思ったらはやぶさとかもあるし日本とか思いたくなる。


118: 名無しSUN 2015/07/12(日) 18:30:15.89 ID:P2CrexoL.net

それにしてもマスコミは取り上げないね。
最接近の時は取り上げるか。


119: 名無しSUN 2015/07/12(日) 18:46:24.75 ID:xakDQFpP.net

今売りのニュートンも10ページくらい
天体史中心の地味な特集だったな
情報がそろう秋以降に大きく取り上げるのかな?


123: 名無しSUN 2015/07/12(日) 19:23:12.69 ID:oh6ZaGNJ.net

近接クローズアップのカラー写真が送られてくれば
さすがに新聞各紙が1面にフルカラー掲載すると思うけどね。
なんか重大な他のニュースが発生した場合は無理だけど。


127: 名無しSUN 2015/07/12(日) 20:28:32.99 ID:FTYOiCzI.net

クレーターの数は間違いなく少ないね。トリトンだって、クレーター全然見当たらんかったでしょ。
表面を更新する力が働いているんだ。


128: 名無しSUN 2015/07/12(日) 20:32:37.58 ID:ymuH20fe.net

一年周期でグルグル公転している地球あたりに比べたら他の天体と衝突する機会が少なそう


134: 名無しSUN 2015/07/12(日) 21:34:12.07 ID:AykdqogL.net

07:26:28
New Horizons is taking 130 images of Pluto with LORRI from 23859.780 km away at est. resolution 0.12 km/pix.

07:43:07
New Horizons is taking 67 images of Charon with LORRI from 34200.236 km away at est. resolution 0.17 km/pix.
07:45:29
New Horizons is taking an image of Charon with MVIC from 33245.206 km away at est. resolution 0.66 km/pix. New Horizons is 31.8 AU from Earth.
07:50:47
New Horizons is taking an image of Pluto with MVIC from 13735.372 km away at est. resolution 0.27 km/pix. New Horizons is 31.8 AU from Earth.
07:50:00
Closest Approach to Pluto #PlutoFlyBy Go #NASANewHorizons! 


最接近24分前に130枚写真撮って、その後は最接近時に冥王星とカロンの写真は1枚ずつしか撮らないんだな
姿勢制御とかに注力するためか?
その1枚上手く撮れる自信はあるのだろうか・・連写するものと思ってた


135: 名無しSUN 2015/07/12(日) 21:48:59.72 ID:JAQ5AqKt.net

最接近は、冥王星を少し通り過ぎたタイミングで
太陽光が当たらない領域を含んだ状態で撮影することになるだろうから
可視光で観測するには不向きなんじゃないの


136: 名無しSUN 2015/07/12(日) 21:49:26.51 ID:3i8ThkPm.net

冥王星って昔はずっと水星や月みたいなイメージだったなあ
まさかこんなに変化に富んでいるとは


141: 名無しSUN 2015/07/12(日) 22:39:51.57 ID:NPbGrkVU.net

>>136
地殻が岩石か氷かの違いが大きい。
氷は衝突が起きると容易に溶け、
クレータの痕跡を残しにくい。

また岩石は太陽光では変成しにくいが
氷(水氷、アンモニア氷、メタン氷)は
太陽光で化学反応を起こし、
窒素ガスを作ったり、有機化合物を作ったりする。
これらが昇華したり、凝固したりして、
表面に複雑な模様を作る。

冥王星はさらに過去においてカロンとの潮汐により、
氷火山が活発だった時期もある。


153: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:26:54.70 ID:ynqx2Fhs.net

>>141
でも地殻が氷と思われる天体で、クレーターが多く残ってるものって結構あるじゃん?
レア、テティス、エンケラドゥスとか


170: 名無しSUN 2015/07/13(月) 01:53:53.54 ID:c023RsOU.net

>>153
そのあたりはいろいろ説があると思う。個人的には「窒素」が鍵だと思う。

木星系は暖かすぎて水氷は維持できたが、アンモニアやメタンは維持できなかった。
土星系はタイタンにメタンがあるので、水もアンモニアもメタンも氷として維持できた。
ただ、アンモニアから生成する窒素ガスは、タイタン以外の衛星は小さすぎて維持できない。

トリトンや冥王星は、寒いし重力もそこそこあるから、窒素ガスを引きとめて、
窒素の昇華と凝固で、地面を更新できるようになった。
そこが、タイタン以外の土星の衛星との違いかな。

トリトンは海王星の衛星だけど、同じ海王星の衛星のプロテウスは
クレーターボコボコだ。衛星も直径2000キロが一つの分かれ目かもしれない。
このあたりはカロンの接写画像が出れば、比較できるだろう。


144: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:04:06.47 ID:qJz12jlx.net

潮汐と火山の関係がわからないんだけど
潮汐ってカロンの重力で変形するやつだよね?なんで熱が発生するの?


147: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:15:24.63 ID:7REvqOnb.net

>>144
例えば針金とか同じ所を何度も曲げたり伸ばしたりすると熱くなるでしょ。


148: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:16:15.04 ID:bybJToiI.net

>>144
潮汐により、何度も伸縮を繰り返すと、摩擦が発生する。その結果、熱エネルギーが発生すると考えられる。


145: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:08:02.04 ID:qJz12jlx.net

火山は熱は関係ない磁場とかの影響?
メカニズム教えて


146: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:14:24.12 ID:rpZlIlpT.net

潮汐力によって天体が歪むときに摩擦によって地殻内で発生する熱が火山活動のエネルギーになる


149: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:18:08.39 ID:bybJToiI.net

とは言っても、木星や土星なんかの大型本ガス惑星並みの重力じゃないと、そこまで影響があるは分からないね。


154: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:30:17.75 ID:bybJToiI.net

俺の中では冥王星と言えばメーテルの墓がある氷の惑星だったり、ガミラスの基地だったりの想像の世界でしか無かった。
それが間もなく、鮮明な画像が観られるのだから感慨深いな。


157: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:55:57.20 ID:XRgKGySt.net

水曜日の午前中くらいには最接近時の画像がでてくるらしい


158: 名無しSUN 2015/07/12(日) 23:57:11.71 ID:FTYOiCzI.net

楽しみやな~。最初からカラーで出してくれるんかな?


172: 名無しSUN 2015/07/13(月) 07:50:19.90 ID:6jFNmU17.net

遠ざかりながらの送受信。
光速と物体速度とは全く次元がことなるだろうけど、
何か工夫ってされてるもんなのかね

素人的にはドップラー効果的なことを想像してしまうのだが。


173: 名無しSUN 2015/07/13(月) 08:22:47.65 ID:IcGH6Dx/.net

そらまあ14.52km/sでもドップラー効果はありますが…
光速の2万分の1ですぜ。
音で言うなら1.7cm/sでドップラー効果が問題になるかってレベル。


195: 名無しSUN 2015/07/13(月) 11:58:58.21 ID:6jFNmU17.net

水は100℃の幅があるもんな、そう考えると水もまた奇跡の物質なんですね。

冥王星表面で液体でいられるのはヘリウムくらい?


ドップラー効果については申し訳ありませんでした。>>173さん


198: 名無しSUN 2015/07/13(月) 12:23:51.18 ID:ajvc6R8b.net

液体が存在できる条件は温度だけじゃなくて圧力もだよ
例えば水は1気圧だと0℃~100℃の範囲で液体だけど、
真空に近い低圧だと常温でもあっさり沸騰してしまう
冥王星表面の気圧はほとんど真空みたいなもんだから、
仮に液体が湧いてもすぐさま凍りつくか蒸発するかして
液体のままではいられんだろう
蒸発したガスが引き留められるだけの十分な重力があれば
濃い大気が形成されて液体の存在条件を満たすだろうけど、
冥王星くらいの小さな星じゃそれも不可能だな

>>195
液体ヘリウムが存在するためには高温低圧過ぎで無理だと思う
1気圧でさえ液体ヘリウムの沸点は-269℃で絶対零度に近い


176: 名無しSUN 2015/07/13(月) 09:38:15.08 ID:UngeFLxF.net

今日の画像はカロンちゃんが主役
http://www.nasa.gov/feature/charon-s-chasms-and-craters
071215_charon_alone.png

charon_annotated.jpg


177: 名無しSUN 2015/07/13(月) 10:00:01.42 ID:j7Oi9SKJ.net

冥王星の黒い部分はメタンとかの液体の可能性はあるのかな?
タイタンは北極南極がメタンが液体になりやすい温度で湖が多かったが
冥王星はタイタンより寒いので赤道付近がメタンの液体になりやすい温度
だったりしてね~。


190: 名無しSUN 2015/07/13(月) 11:35:18.59 ID:KRjz3QiZ.net

>>177
>冥王星の黒い部分はメタンとかの液体の可能性はあるのかな?

冥王星の温度だと赤道でもメタンは個体になります

メタン
融点 -182.5℃  沸点 -161.6℃  三重点 -170℃

冥王星表面温度
最低33 K  平均44 K  最高55 K


191: 名無しSUN 2015/07/13(月) 11:42:01.74 ID:UngeFLxF.net

>>190
これを見る限り、メタンが液体として存在しているタイタンは、
太陽系でも希有な存在なんだな


178: 名無しSUN 2015/07/13(月) 10:19:18.77 ID:Eobhl2K8.net

冥王星系の赤道傾斜角を考えたら太陽光の影響じゃなくて、公転軌道上の粒子の付着と考えるほうが自然かと


184: 名無しSUN 2015/07/13(月) 11:07:35.53 ID:j7Oi9SKJ.net

>>178
そうなんだろうね。
しかし公転軌道上の粒子の付着なら途切れなく、ぐるっと黒くなっててもいい気もするが
白いところもあるし何だろうね。


186: 名無しSUN 2015/07/13(月) 11:14:08.33 ID:IcGH6Dx/.net

>>184
自転軸は公転方向に対して固定じゃなくて、天球に対して固定。
だから冥王星の公転に連れて軌道進行方向正面の緯度は変化する。


179: 名無しSUN 2015/07/13(月) 10:29:39.32 ID:UngeFLxF.net

冥王星の最新画像も公開されてた
http://pluto.jhuapl.edu/News-Center/News-Article.php?page=20150712-3
071215_Pluto_Alone.png

Pluto Annotated 7-12-15


189: 名無しSUN 2015/07/13(月) 11:34:21.43 ID:d5S53+Pb.net

つるんとした部分とごつごつした部分があって面白いな
冥王星はこうでなくちゃw


199: 名無しSUN 2015/07/13(月) 12:26:09.27 ID:v3GIN3TU.net

人類が初めて見る冥王星の詳細な姿に胸熱


205: 名無しSUN 2015/07/13(月) 13:12:57.60 ID:j469Now3.net

ほぼ表面の詳細が分かったな
トリトンに似てるのは間違いない


215: 名無しSUN 2015/07/13(月) 14:21:24.15 ID:x1c9Y31H.net

オレンジ一色なのかもっと色に濃淡があってカラフルなのか知りたいな。
今までは広角カメラのラルフの色データを望遠カメラのロリーに乗せてたから
単一のオレンジと後は白と黒という感じだけど実際はもっと微細な色がありそう。


233: 名無しSUN 2015/07/13(月) 17:09:47.15 ID:scMQAqkB.net

すごく硬くて歯が立たない感じに見えるね、これらの写真だと。


245: 名無しSUN 2015/07/13(月) 19:01:50.05 ID:6jFNmU17.net

教科書の一部書き換わりも出てきますね。
美しい写真とともに勉強できる人たち、うらやましい!


246: 名無しSUN 2015/07/13(月) 19:04:21.62 ID:j40SCHzJ.net

子供の頃読んだ図鑑だと地球と同じくらいの大きさと書かれてるのもあった
本当にどんどん縮んでいったよな


264: 名無しSUN 2015/07/13(月) 20:46:51.31 ID:bjYQ0v9X.net

しかし時速5万キロで移動しながら鮮明な画像って撮れるのかね
こっちはたかだか時速100キロの列車の流し撮りでさえ苦労してるのに


271: 名無しSUN 2015/07/13(月) 21:20:16.26 ID:fRX0sXKT.net

>>264
最接近時の角速度は毎秒0.18度
露出時間にもよるが簡単な補償機構で十分対応出来ると思われる


283: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:31:30.60 ID:Uo9p3Vpy.net

>>264
史上最速の流し撮りだよねw


272: 名無しSUN 2015/07/13(月) 21:24:23.45 ID:KsBzagVA.net

もう24時間切ったか・・


275: 名無しSUN 2015/07/13(月) 21:57:57.13 ID:iqf064hA.net

いま出てきてる写真って、これまで冥王星の表面を表すのに使われてきた
ハッブルのぼやっとした大まかな模様の画像とはどこが一致するんだろ。


277: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:04:00.90 ID:SirISj09.net

接近する前に冥王星想像図コンテストとかやればよかったな。


281: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:23:17.24 ID:kGlWMqN2.net

ざっと見た限りだと明日、TVでの特番は無さそうだね。
クローズアップ現代とか期待したんだけどな。
21時からのNHKニュースで大きく取り上げられるようだけど。

NASATVでは管制室のライブ中継とかやるの?
今回は着陸でも軌道投入でもないけど拍手喝采で抱き合うってシーンは流れるのかな?


282: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:30:22.46 ID:KsBzagVA.net

>拍手喝采で抱き合うってシーン

これがあるなら再接近の画像を受信した時だろうな


286: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:38:09.48 ID:fgtUPzw3.net

データ送信が4月までかかるってどういう原理なんでしょう


292: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:50:00.30 ID:oPT94j3U.net

>>286
ニューホライズンズに搭載された8ギガバイト(=64Gbits)のデータを
800bpsの速度で全部送ろうとすると
64×1000×1000×1000 / 800 = 80,000,000秒かかる
つまり80,000,000秒 / 3600 / 24 = 約926日かかることになる

送信が4月に終了するなら、8GBの1/3くらいしか使わないということかな


288: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:41:23.36 ID:UngeFLxF.net

生画像が更新されたね

冥王星
lor_0298959350_0x630_sci_1.jpg

カロン
lor_0298959629_0x630_sci_1.jpg


289: 名無しSUN 2015/07/13(月) 22:43:40.65 ID:2uhUlrLw.net

すばらしい


247: 名無しSUN 2015/07/13(月) 19:09:08.82 ID:UngeFLxF.net

今後50年、もしかしたら100年以上使われるかも知れない画像が、明日撮影されるんだよね
あんまり実感が湧かないけど、歴史的な瞬間に立ち会おうとしているんだよな


249: 名無しSUN 2015/07/13(月) 19:24:35.08 ID:T5g30xhj.net

>>247
冥王星探査機は今世紀はこれで終わりかねぇ
今後超高性能の宇宙望遠鏡が打ち上げられれば今回と同じくらいの冥王星画像が撮れたりするだろうか


251: 名無しSUN 2015/07/13(月) 19:36:22.48 ID:5MZbzsJu.net

>>247
イイハナシダナー





他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 17722 ]
>>1のリンクがおかしいと思う
[ 2015/07/14 01:46 ]
[ 17723 ]
これモノクロ画像だよね
実際の色は何色なんだ?
[ 2015/07/14 01:49 ]
[ 17726 ]
ついに来た♪
今日最接近!画像が楽しみ♪
[ 2015/07/14 10:48 ]
[ 17727 ]
なんか、新たな発見をした気分だなぁ。
何もかも期待しかないわ。冥王星去った後の観測も期待。
ボイジャーに会ったらよろしく言っておいてね
[ 2015/07/14 10:56 ]
[ 17728 ]
ワーイ。更新きたー。
[ 2015/07/14 17:46 ]
[ 17732 ]
おっ一ヶ月振りですね
天体素人だけど楽しく拝見してますよ
ワクワクするなー
[ 2015/07/14 22:14 ]
[ 17733 ]
小学生の頃から夢見ていたことが、遂に実現するのか。
[ 2015/07/14 22:22 ]
[ 17735 ]
ジミーサムPのThe 9thとKulfiQのカロンをヘビロテしながら最接近時データを待っている
[ 2015/07/15 06:31 ]
[ 17738 ]
これが冥王星ですよ!トンボーさん!
[ 2015/07/15 11:21 ]
[ 17739 ]
パーシヴァル・ローウェルの遺志を引き継ぎ、1930年に冥王星を発見したクライド・トンボー。夢見がちに焦がれた惑星Xから99年。ニューホライズンズに遺灰として搭乗し、太陽系をひたすらに駆け抜けて9年。近づいてくる冥王星のハートマークを見て、彼は、いったい何を思ったのだろう。 ここから見れば、二人はまるで通じ合っていたみたいで、両想いにしか見えなかったわけで。 回合。おめでとうございます! これから送られてくるデータも期待しています (わくわく / わくせいだけになっ) 系外に向けてもよい旅を、そして良い知らせを、がんばれ!ニューホライズンズ!  感動をありがとー

以下はご存じ、クライド・トンボー氏の遺灰を納めた、宇宙を旅するニューホライズンズに刻まれている銘文です。

INTERNED HEREIN ARE REMAINS OF AMERICAN CLYDE W. TOMBAUGH, DISCOVERER OF PLUTO AND THE SOLAR SYSTEM'S 'THIRD ZONE'. ADELLE AND MURON'S BOY, PATRICIA'S HUSBAND, ANNETTE AND ALDEN'S FATHER, ASTRONOMER, TEACHER, PUNSTER, AND FRIEND: CLYDE W. TOMBAUGH (1906-1997)


(訳)ここに納めるは、冥王星および太陽系"第三領域"を発見したアメリカ人、クライド・W・トンボーの遺灰である。 アデルとムーロンの息子、パトリシアの夫、アネットとオールデンの父、天文学者、教師、駄じゃれ好き、そして我らの友、クライド·W·トンボー(1906-1997)。
[ 2015/07/15 22:05 ]
[ 17743 ]
トンボーさん初めて太陽系外に出る人類になるのか?(遺灰だけど)
何はともあれ成功してよかった
[ 2015/07/16 15:46 ]
[ 17746 ]
目押せ
[ 2015/07/16 23:25 ]
[ 17748 ]
記事がね…重すぎるのか開けないの…(ガラケー民)
[ 2015/07/17 04:17 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)