宇宙&物理2chまとめ【物理】ビッグバン・トモグラフィー 全原子情報を再構成して原子分解能の三次元画像を形成

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【物理】ビッグバン・トモグラフィー 全原子情報を再構成して原子分解能の三次元画像を形成

[ 2012/06/22 19:01 ] [ 物理 ] [ コメント(1) ]
entry_img_188.jpg 

1: pureφ ★ 2012/06/18(月) 00:19:17.05 ID:???

Highlights: 計測:原子分解能の電子線トモグラフィー 

最先端の電子顕微鏡は、サブ原子分解能で構造を容易に解像できるが、同様の分解能で 
三次元画像を形成することは、かなり難しい。今回、D Van DyckとF-R Chenは、1回の投影 
だけから、平面に加えて垂直方向の全原子の位置情報を抽出する独自の画像再構成法に 
ついて述べている。 


この方法は、「各原子が点源となって球面波を散乱し、その球面波が検出器まで伝搬する間に 
ほかの原子からの球面波と干渉する」という前提に基づいて構想されている。観測される「出射 
波」には試料中の全原子に関する情報が含まれており、適当なアルゴリズムを用いればこの情報を 
回収できる。 

この再構成法は、2層グラフェン試料を用いた実験で実証され、宇宙論でのハッブル図作成法と 
似ているためにビッグバン・トモグラフィーと名付けられた。 


Nature ハイライト Nature 486, 7402 (Jun 2012) 
http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=88924 

原子分解能の電子線トモグラフィーを実現する新しい手段としての「ビッグバン」トモグラフィー 
‘Big Bang’ tomography as a new route to atomic-resolution electron tomography 
Dirk Van Dyck & Fu-Rong Chen 
Nature 486, 243–246 (14 June 2012) doi:10.1038/nature11074 
http://www.nature.com/nature/journal/v486/n7402/full/nature11074.html



Image Credit:abdul / yunir




元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1339946357/




2: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 00:23:27.45 ID:cxT3mSMp

日本語で


3: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 00:23:35.03 ID:ax1ibJvD

なるほど
さっぱり分からん


5: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 01:40:04.49 ID:HNeKQGVc

>>1
>ハッブル図作成法と似ているためにビッグバン・トモグラフィーと名付けられた
なら、ハップル・トモグラフィーと名付けてあげて。
こんなキラキラネーム、いじめられる・・・


6: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 01:52:28.83 ID:RKwwnnrM

2原子層しかないじゃん


7: 地に足 改め 地に足 ◆IIIIiIiiII 2012/06/18(月) 04:22:43.78 ID:IcPHqN5H

ほうほう。


8: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 11:13:35.90 ID:nWRL5YeN

原子ってどれくらいの大きさだったっけ
1000万分の1mmくらいだっけ。
598px-Helium_atom_QM.png 

原子の大きさの直感的な定義は電子雲の広がりであり、一般には球状とみなされているが、電子雲は文字通り雲状あるいはもや状のものであり、その境界面を定義することは難しい。特に、化学結合をして分子を形成している場合等には、どこまでがある原子に属している電子雲かを定義するのは難しい。また、原子が電子を得るか失うかしてイオンとなった場合には、原子雲の広がりも当然変化し、原子の大きさも異なってくる。
このような事情のため、原子の大きさを定量的に示す原子半径にはいくつかの定義があり、場合によって使い分けられる。




9: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 12:25:03.34 ID:6yw3LIjr

で???


10: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 15:41:08.80 ID:dlE1azNv

オレの考えとほぼ一致した
後は任せたよ


11: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 16:32:56.30 ID:gifyxD7h

誰一人理解できてないw


12: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 16:42:04.38 ID:MEZQRzFk

光学分解能が波長の程度となるのは、観測が波の強度だけを得ている
場合であって、発生源の周りを完全に囲む球面の上での強度とその
位相も完全に取り込めれば、原理的には分解能は無限大になる。
実際にはそれはほとんどの場合には不可能で、立体角の一部分しか
捕らえられないことが普通だし、強度も位相も無限の精度では
観測できない。


13: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 20:29:19.71 ID:ysFpXOpV

画像つきでもほとんど分からんのに
画像なかったら全く分からんw


14: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 21:18:00.39 ID:PSqoZJcV

三次元画像を形成することだけは分かった。


15: 名無しのひみつ 2012/06/18(月) 22:47:31.65 ID:tRVxTrfB

音波も似た様な考え方で最構成させる手法あったな


16: 名無しのひみつ 2012/06/19(火) 00:07:45.71 ID:Mo4PvZSi

こういうことが考えられる頭のいい人に生まれたかった


17: 名無しのひみつ 2012/06/19(火) 12:27:16.52 ID:MOhX09ZD

ふんふんなるほど・・・・・・・・グーグー


18: 名無しのひみつ 2012/06/19(火) 12:46:29.58 ID:lwo/sIf2

見事にわけ分からんということは分かる


19: 名無しのひみつ 2012/06/19(火) 13:30:18.33 ID:LJvIRrx2

位相情報も得れば、立体構造も再構築可能ってか

この手の研究はノーベル賞とりやすいから、くるかもな


21: 名無しのひみつ 2012/06/19(火) 18:30:18.30 ID:iBiUPDdH


この装置で、オレの毛根を原子レベルでちゃんと調べて欲しい


22: 名無しのひみつ 2012/06/19(火) 18:31:00.35 ID:xcBLBizl

>>1
同意。


23: 名無しのひみつ 2012/06/19(火) 18:46:42.86 ID:cdZyHc76

なるほど。


24: 名無しのひみつ 2012/06/20(水) 21:15:53.61 ID:mmowH76C

ビッグバン・トモグラフィー
・・・くらった者は死ぬ


25: 名無しのひみつ 2012/06/20(水) 21:43:21.66 ID:Kl3XrPhV

>>1
それしか考えられへんがな!


26: 名無しのひみつ 2012/06/21(木) 15:55:45.37 ID:WXgDCrmS

記事を3回読んで理解したことは、
とりあえず電子顕微鏡で三次元画像を形成できるようになったよって事だな
よく分からん


27: 名無しのひみつ 2012/06/21(木) 16:19:30.74 ID:6sZvexhe

頭がビッグバーンしましたorz






他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 116 ]
水面の波の「山と谷の数」を全て検出してアルゴリズムで整理すれば『元々の波の形』が分かると言ってるんだよ。
(この説明は二次元だけど、これを三次元でやれば立体が出てくるというわけだ)
[ 2012/06/25 23:01 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)