宇宙&物理2chまとめ【宇宙】望遠鏡は理論的にどこまで性能が良くなるの?

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】望遠鏡は理論的にどこまで性能が良くなるの?

[ 2012/07/31 23:31 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(1) ]
entry_img_312.jpg

318: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 00:56:08.57 ID:HRlfvMP/

望遠鏡ってのは理論的にどこまで性能が良くなるんですか?
このまま進歩してって1万年ぐらいでどのぐらい良くなるのかと





Image Credit:NASA
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1339617769/









319: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 01:03:53.58 ID:NT0tPlRa

望遠鏡の性能は単純に口径に比例する。
それ以外の要素はぶっちゃけない。
なので、あとは要求とコストだけの問題なので時間はあんまり関係無い。


320: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 01:28:07.53 ID:d3cgxv8L

そのうちカーナビみたいに人工衛星とリンクして
地球の大気や天気の影響受けない望遠鏡とか一般家庭に普及したりしてなWW


321: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 01:42:58.17 ID:HfrrvZU9

まあ近未来でも直径2AUの光干渉計で分解能が10^11倍くらいは行きそうだな。


322: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 09:27:04.04 ID:nRQtfA8m

近い恒星・・・たとえばベテルギウスやシリウスの表面を可視光で観測できる
天体望遠鏡ってあるのでしょうか?


323: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 09:36:03.15 ID:EAFJq9nB

太陽表面の観測みたいな、という意味でなら無い。


324: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 10:08:23.20 ID:s9JEfEay

ハッブル望遠鏡を使っても星の広がりは何とかわかるが、なんかぼやーとしてる。


325: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 10:18:36.43 ID:+unRyxkY

>>324
ハッブルでもそんな分解能無いよ


327: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 11:42:54.51 ID:pmK3Dwzt

>>325
ベテルギウスはハッブルで大きさのある画像を撮られてる。
240px-Betelgeuse_star_(Hubble).jpg
ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたベテルギウス(1995年3月3日)

ベテルギウス - Wikipedia
ベテルギウス (Betelgeuse) はオリオン座α星で、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンとで冬の大三角を形作る。
M型の赤色超巨星。バイエル符号αが付けられているが、ベテルギウスは変光星でもあり、極大期を除いてβ星のリゲルより暗い[脚注 1]。また全天で9番目に明るい恒星である。



330: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 12:32:19.86 ID:Wd3To/U/

>>327
何枚も何枚も揺らめいてる恒星の写真撮って
その中にわずかにある偶然まん丸に撮られてた写真を抜き出す手法らしい
こないだテレビでやってたわ


331: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 12:51:33.06 ID:+unRyxkY

>>327
望遠鏡の性能は分解能で決まる。
分解能は鏡の直径で決まるから、口径たった2.4mのハッブルでは視直径0.047のベテルギウスの姿を撮影することは難しい。


346: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 23:59:08.13 ID:HRlfvMP/

>>331
もっと望遠鏡が小さくて済むような技術が必要なんすかね?
どんどん大きくしてくだけだと歴史をくり返してるだけのようなんで
天才待ちなんすかねえ


349: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/28(木) 01:17:35.32 ID:0vb7Q2SM

>>346
どんどん大きくしてるのに何でくり返してることになるんだ?
同じ望遠鏡では大きく出来ないから新しい原理の望遠鏡を考えてるんだろう。


351: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/28(木) 01:22:40.29 ID:cmAD4/go

>>346
そもそも望遠鏡技術の進歩はレンズを大きくしてるだけじゃない。
観測波長の拡張や光学的補正技術、すばる望遠鏡では反射鏡の歪み補正とか
いろいろ発達してるけど専門家以外には規模が大きくなっていることだけが注目されがちなだけ。

望遠鏡400年物語でも読んでみるといい。


331: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/27(水) 12:51:33.06 ID:+unRyxkY

なんとなくわかるぼやっとした姿ならwikiに載ってるけど、>>324 の回答は、それはそれで正解だった。
ハッブルでは、「大きさのある画像」は、さっきの分解能の件で、数百光年離れた恒星の姿を撮影することは不可能に近い。

しかしTMTが完成すれば、もしかしたらベテルギウス表面の観測や系外惑星を直接撮影するということができるかもしれない。

30メートル望遠鏡 - Wikipedia
ハワイ島マウナケア山頂に建設予定の超大型光学赤外線望遠鏡である。略称TMT (Thirty Meter Telescope)。
カリフォルニア工科大学、カリフォルニア大学、天文学研究大学カナダ連合の3機関が共同で計画している。日本では国立天文台ELTプロジェクト室が積極的な参加を検討している。
その名の通り有効口径が30メートルの巨大な望遠鏡となる。巨大マゼラン望遠鏡と同じく、宇宙望遠鏡との連携観測を行うことを主目的とする。






他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 1122 ]
口径以外にも検出器、分光器も大事だろ。知らんけど
[ 2012/09/20 23:55 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)