宇宙&物理2chまとめ【物理】「親殺しのパラドックス」って結局どうなの?

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【物理】「親殺しのパラドックス」って結局どうなの?

[ 2012/04/27 00:13 ] [ 物理 ] [ コメント(10) ]
entry_img_36.jpg 

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31(火) 14:38:42.41 ID:ilUNG3Ey

議論してください











2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31(火) 18:04:26.59 ID:/0fdl89s

それはタイムマシーンが出来てから考えよう




5: 亀雄 2012/01/31(火) 20:25:05.41 ID:KKKW+qkf

なにかが起こり最終的に殺すことはできない方向に収束する




6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31(火) 23:40:58.51 ID:R5ke6swM

殺すことはできない方向に収束する
その物理的原理を教えてください




9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31(火) 23:56:56.73 ID:BW1jiS+q

観測者自身を含めた系の中に過去の親が存在するので、この系と矛盾するパラメータを観測者は観測することが出来ない。
結果として、常に観測者が成立するパラメータへと収束が導かれるので親殺しを観測することは出来ない。




10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/02(木) 01:32:25.20 ID:kDwC7TdA

過去へ行くってよく言うけど、タイムトラベラー本人からすれば「自分以外が過去と同じ」である未来を迎えるという事になるんだろうから問題無しでは?




11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/04(土) 08:25:33.35 ID:2/3CKOHv

第三者から見れば親を殺した時点で元の時間ではいなかったことになり
時空の歪みから突然現れたことになる




12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/05(日) 11:49:28.30 ID:yAqB+gmS

>>1
出来ない事をやろうとすれば矛盾が起きて当然




13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/06(月) 19:06:15.97 ID:/Y4/aje0

そこでパラレルの議論にいく




14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/07(火) 07:19:00.42 ID:17slJ8JT

過去に行けた時点で本来の時間軸からすればパラレル




18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/11(土) 12:50:44.05 ID:6H5jz+JT




この動画でもみて時間についてもっと深く考えろ




20: ガラナ 2012/02/12(日) 19:18:25.14 ID:8/POWqTM

馬鹿らし。仮にタイムマシーンを作って無理やり時間を遡った時点でもう別世界であり、自分を殺しても自分の親を殺しても何の意味もない。




21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/13(月) 08:43:49.22 ID:XtD2MD5P

タイムマシーンは科学じゃ無理
今でいうオカルト的なものじゃなきゃタイムとラベルできない




22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/14(火) 18:27:17.73 ID:6LllVoOK

その時点で世界線移動すんじゃねえの?w




23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/16(木) 10:00:12.01 ID:3v5a9pTJ



この動画では親殺しできないといっている




25: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 2012/02/20(月) 08:42:10.29 ID:/mDppPzZ

別に宇宙空間の事象の領域にはパラレルワールドとか平行世界とか多元宇宙が存在するのでタイムマシンは有りえます。




30: K&K 2012/03/03(土) 12:37:44.03 ID:Nswsh1kc

タイムマシンが既に観測された過去へと戻るものなのか
それとも観測をやり直すものなのかハッキリ分けてから議論すべきなのは確定的に明らか




32: 2012/03/07(水) 23:20:54.00 ID:AefgDaMh

タイムパラドックスは親殺しを考えると、4つの説ができます。

1つ目は過去にタイムトラベルし、親を殺そうとしても元いた世界と
同じように自分の親は死ななかった、という結果に収束してしまうため、
どんな手段を使っても殺すことはできない。
しかしこれは過去が変わってしまったわけではないのでパラドックスにはなりませんね。

2つ目はタイムトラベルし、親を殺してしまえば無論自分は産まれなかったことになる。
そうなると自分がタイムトラベルすることはなくなり、自分の親を殺すことも
無くなってしまうわけだ。ここで矛盾が生じる。タイムパラドックスが
起こってしまう。

3つ目は自分が親を殺しても、自分が産まれてくることにはかわりがない。
つまり過去改変を行っても結果は大して変わらないということだ。
ここでい言えることは、親を殺しても自分は別の親同士から産まれてくる、
ということだが当たり前のようにDNAは変わってくるので矛盾が生じ、
タイムパラドックスが生じる。

4つ目は親を殺した瞬間世界線が分岐するという理論。
これは多世界説にあてはまる。
タイムトラベルをする前の世界線を世界線Aとおく。タイムトラベルをし
親を殺した瞬間、自分の親は死に、自分は産まれてこなかった
という世界線Aとは別の世界線Bができる。
これは親を殺した後タイムマシーンに乗って世界線Aにもどってきても
親は生きている。
親殺しをしてしまっても自分が主観としている世界線Aには
影響が無いことから、タイムパラドックスにはならない。




41: K&K 2012/03/10(土) 07:17:44.05 ID:KsJXD0EC

とりあえす多世界理論や多世界説じゃなくて多世界解釈な。
今の物理学にとってコペンハーゲン解釈だろうが多世界解釈だろうがパイロット解釈だろうが不都合は無い。

ところで、F氏の3番目だが同じDNAである必要はあるのだろうか。犯罪捜査で使われるようなDNA解析は繰り返し配列の回数を見ているだけだし、
今後医療で役立つと言われている個人のSNP解析にしても全部の配列が読まれるわけではない。少しくらい異なっても観測されなければ問題ないのでは?




42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/10(土) 15:04:30.51 ID:ZJ68GsL+

ふと思ったんだけど、なんで「親殺し」なの?
「自分殺し」の方がシンプルな気がするんだけど。




43: 2012/03/11(日) 19:11:55.11 ID:qPcLIzxs

>>41
タイムパラドックスというのはタイムトラベルする前の状況とタイムトラベルして過去改変を行った時の状況との矛盾です。

DNAの変化もタイムパラドックスになりますが、私が前に説明した2つ目のタイムパラドックスみたいに自分の生死が関係する深刻なタイムパラドックスにはならないと思います。

その理由は過去改変(親殺し)後、自分が別の親同士から違うDNAとなって生まれて来る事は過去改変(親殺し)した記憶が無くなり、記憶がその世界線に合うように再構築されるからです。
つまり自分が世界線を変えたことや、過去改変をしたことにすら気づかない。
あくまで私が前に3つ目で説明した仮説で、これが親殺しの全てではありません。


>>42
自分を殺していまえば観測ができないからでしょう。確かに自分を殺してもタイムパラドックスになりますが、それ以降の自分による観測が完全不可能になります。

過去の自分に会ってしまった時点で深刻なタイムパラドックスになりますね。




46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/19(月) 02:38:04.86 ID:07zjTp8A

私個人としては、殺害できないんじゃないかと思う。
例えば、現在(過去から見た未来)あなた方の親が確かに生きているとして、そこから過去に遡り親の殺害を試みたとする。
しかし、現在(過去から見た未来)には親は生存している。
私は過去が未来を作るだけじゃなく、未来が過去を作るとも考えています。
なので、現在に親が生存しているという結果から、過去でどんなに殺害を試みようとも、それこそ絶対的な因果が働き、殺害はできない、そう思います。




47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/19(月) 02:43:21.87 ID:07zjTp8A

>>46
追記
ただ、過去が未来を、未来が過去を構成しているとなると、ある程度の人の行動や死は世界が誕生したその瞬間に決まってしまっているということになりますよね。
自分はそこが腑に落ちずにいるのですが、皆さんはどう考えますか?




49: 2012/03/21(水) 23:50:51.78 ID:q3+P9O6Y

>>47
確かにそうですね。
因果関係によって一つの結果に収束するというのは確定した未来だと思います。
ですが私はその世界しかないとは考えませんね。

多世界解釈を取り入れ、あらゆる結果に収束する確定した世界線がいくつもあると思います。

しかしこの世界線を移動することができるのか、出来ないのか、

確定した未来を変動することが出来ないと仮定すると世界線を移動することはできませんね。
その世界線に産まれた瞬間に自分はこの世界線で生き、この世界線で死んで逝くという未来が確定するから。




53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/22(木) 11:02:48.86 ID:3clHyfgD

親を殺した瞬間に自分も含めて全てが再構成されるよ
下手したら親を殺した瞬間に自分を構成する粒子が分散して
他の何かの一部に組み込まれて世界そのものが再構成される
並列世界なんかないよ
この世は直列宇宙で一冊の本
過去のページに修正加えれば瞬時にその後のページも書き変わる




57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/25(日) 01:54:46.14 ID:xFVuBqp7

>>53
最後の例えわかりやすいですね。

確かにその通りだと思います。

しかし、直列宇宙を一冊の本として、それが本当に一冊しかないのでしょうか?

本にジャンルのまったく異なるものが沢山あるように、世界にもまた、根本から大きく異なる世界がそれこそ無限にあると私は考えます。

一冊の本の内容の前後を書き換えれば、内容も再構成される。

これはよく理解できます。

しかし、それ以前に、まったく異なる本が他にも沢山ある、という可能性もあるのではないでしょうか?




58: 2012/03/25(日) 22:04:09.97 ID:l7o7ft3C

>>57
ありえますね。

しかしその本同士が干渉することはない。
つまり世界線の移動は出来ない。




55: 神鳥颱駝 2012/03/22(木) 20:29:45.24 ID:wfG0/BR2

何らかの邪魔が入って殺せないと思われる。殺せたとしても、その瞬間自分という存在が消えるのではないか?




59: 2012/03/25(日) 22:12:23.69 ID:l7o7ft3C

>>55

確定した未来があるならそうなりますね。

一つの結果に収束してしまう世界、又は世界線。

例えば25歳のAさんがいて、タイムトラベルし過去の15歳のAさんを殺そうとする。しかしこの世界線でAさんは60歳に死ぬという未来が確定していたとすると、Aさんが60歳になるまでどうやったって殺すことができない。




61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/01(日) 01:14:33.82 ID:Jts4PtW6

量子力学で考えればパラドックスが起きる確率はゼロになり、起こそうとしても偶然に妨げられる。
これは歴史を変えれないという意味ではない。矛盾が起こせないだけ。
歴史変更が歴史変更自体を否定するというのが矛盾=パラドックス。




68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/13(金) 15:59:13.09 ID:KkBS2dJj

パラレルワールドがあったとしても歴史改変だろうが何だろうが影響も交流も出来るはずがないから、観測も存在証明も出来るはずがない。
何か出来たらパラレルじゃない、交差してるじゃないか。




69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/13(金) 16:01:48.15 ID:KkBS2dJj

存在を証明できたらパラレルワールドじゃない。
従ってパラレルワールドは存在しない。




75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/26(木) 23:43:42.22 ID:Wr3XiLrt

多世界解釈って多世界「論」じゃなくて「解釈」なんだよな
面白い考えで好きだけど確かめようがないからどうしようもない





美しき絶対者 物理学者の野望と多世界解釈
美しき絶対者 物理学者の野望と多世界解釈長良木 靖史

Amazonで詳しく見る
他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 5 ]
これなんかも仮定ばかり。なんだけれど、考えることに意義があるんだね
[ 2012/04/27 00:37 ]
[ 397 ]
タイムマシーンとは一口にいっても自分はそのままで過去に…とか考えようとすると凄いぶっ飛んだ話みたいになるけど自分も含めて時間が巻き戻されると考えればどうだろう。俺的にはイメージしやすいような気がする。

記憶も含めて昔の頃に戻ると仮定すれば、何のために戻す必要があるのか?という気がするが、歴史的な大事件で紙一重で行く末が変わっていたようなものを同条件でやり直せば少し変化するかもしれない。
実は現在の世界も未来の人が何度も過去に巻き戻した上で進行している世界だったとしたら。
この考え方だとタイムパラドックスも生まれないし、多世界や平行世界がなくとも矛盾はない。
ただし、SF色がかなり強いかも。
我々の未来の子孫は幾度となく人類滅亡の危機に直面し、その度に過去へ時間を巻き戻してきた。さて、我々は先の未来にそうなるはずだった危機を見事乗り越え未来を変える事ができるのか!?

…なんてふと考えてみた。
[ 2012/08/12 01:59 ]
[ 398 ]
※一つ前のコメ

読み返してみたらちょっと後半さすがに無理があったかな(笑)。
[ 2012/08/12 02:44 ]
[ 2117 ]
>>20が正解だよ!
みんなもっとシンプルに考えようぜ!
[ 2012/10/30 11:27 ]
[ 3478 ]
「親○し」が確定するのは○す瞬間じゃないでしょ?
そうやって遡っていけば、自分が生まれた瞬間まで立ち返るから
タイムマシンが使える世の中に生を受けた時点で「親○し」が出来ないことが確定してるんじゃね?
逆に言えば、タイムパラドックスを(どういうわけか)決して引き起こさない人間のみが、不可逆の時間の流れが前提であるこの世界に誕生するんじゃね?
循環する時間の流れが前提となる、俺らからすれば訳の分からない世界も存在するんじゃね?
そんな世界じゃ俺らの定義する「存在」という言葉の射程圏内かどうかすら怪しいが
[ 2013/01/06 16:13 ]
[ 4094 ]
タイムマシンと相対性理論は俺がまとめる!
タイムマシンのポイントは光速よりも「速く」だ。時間を無視して進むって事は自分以外の物や人は通常の時間で経過してタイムマシンの中の自分だけが歳をとるという事だ、すなわちタイムマシンの中の自分は未来、タイムマシンの外は過去。これでタイムマシンと相対性理論のまとめができてると思う。
親殺しのパラドックスが解消されないのは、みんなが思ってる「過去」と実際の「過去」が違うからだ。
親を殺した時点でただの人殺しだ。
[ 2013/01/30 10:22 ]
[ 5143 ]
親を殺せないという結果に収束して絶対に殺せないって意味がわからないんだけど。
ようは運命はあるっていうことなんだろうけど、自分が親をナイフとかで切りつけようとしたときにどんな風に自分を妨害してくるんだ。その邪魔してくるものが存在している時点で過去は確実に変わってるしなんかもう色々とおかしいだろ。
普通に親を殺しても自分は存在すると思う。自分の視点で見たら、過去の親を殺した、ただそれだけで何も矛盾はしてない。親から生まれたことは事実だし、世界線が違うから殺した親は自分を産んでくれた親と同一人物ではそもそもないし、例え世界線が同じだったとしても自分は消滅しないだろうしな。実際に過去からもとの現在に戻ってみたら「見知らぬ人(親)が昔殺された」ってだけで。
[ 2013/03/07 00:16 ]
[ 5557 ]
平行世界があるとしたら、親を殺した時点で別の世界に分岐する、これが一番簡単に説明できる矛盾のない方法。

また、何かしらの妨害が働くっていうのは平行世界がないとしたらの考え方だと思う、これは矛盾はしていないけどなぜ妨害が働くかっていう疑問が残ってしまう、その疑問を解かない限りこの可能性は考えにくい。

そして、平行世界はなく、時間を遡ると同時にみんなの状態も遡り元に戻ってしまうという考え方もあり、それの場合は「時間を遡った」という事実がなくなる。

大体がこの三つの中に含まれているけど、所詮「今」の人間に分かるようなことではなく、議論するだけ無駄だと思う。
[ 2013/03/25 20:24 ]
[ 6621 ]
32の2つ目はひょっとして親をコロッとしようとした瞬間からリセット→コロッとしようとするという行為を閉じた時間の中で永遠に繰り返すハメになるんじゃないかと思ってみる。
[ 2013/05/11 13:55 ]
[ 9806 ]
じゃあ逆にこのパラドックスが存在する以上タイムマシンは作れないと考えるのはどうだろう
[ 2013/08/22 17:08 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)