宇宙&物理2chまとめ【宇宙】遠い将来の宇宙はいずれ全部ブラックホールだけになるの?

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】遠い将来の宇宙はいずれ全部ブラックホールだけになるの?

[ 2012/09/04 23:13 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(0) ]
entry_img_437.jpg

385: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/28(土) 13:49:37.15 ID:MdgFwxdY

銀河の中心にはでっかいブラックホールがあるんだよね?
いずれ全部吸い込まれるんじゃないの?
教えてエ◯い人



Image Credit:NASA, ESA, and The Hubble Heritage Team STScI/AURA)
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1342492865/










386: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/28(土) 14:19:52.71 ID:L6CajuXb

>>385
ブラックホールの吸い込む力は,イメージほどには強くない.
(太陽の100倍の質量を持つブラックホールでも,
 太陽のときの10倍遠くに離れると,太陽と同じ重力しか発生しない)

遠い将来には全部吸い込まれるかもしれないが,
ブラックホールの蒸発,宇宙の加速膨張といった話があり,
「遠い将来,宇宙あるのはブラックホールだけ」にはならない.
300px-Supermassiveblackhole_nasajpl.jpg

超大質量ブラックホール - Wikipedia
太陽の10^5倍から10^10倍程度の質量を持つブラックホールのことである。全てではないが、銀河系(天の川銀河)を含む[1]ほとんどの銀河の中心には、超大質量ブラックホールが存在すると考えられている[2][3]。
超大質量ブラックホールには、比較的質量の小さいものと比べて際立った特徴がある。




387: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/28(土) 14:27:27.20 ID:MdgFwxdY

>>386
へえーそうなのか
ありがとう、ずっと気になってた


398: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/28(土) 19:12:55.58 ID:WPqFZuaD

もう見てないかもしれないが、>>386の通り、ブラックホールの性質によって吸い込まれる事はない


399: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/28(土) 21:47:00.55 ID:8woHhUA/

>>386
>「遠い将来,宇宙あるのはブラックホールだけ」にはならない.
吸い込まれなかった星は、ブラックホールが蒸発する遥か前に崩壊するんだぜ


388: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/28(土) 14:28:22.74 ID:L6CajuXb

一応,wikipediaの宇宙の終焉の項によると,
銀河中心のブラックホールが銀河全体の質量を全て呑み込むのに10の30乗年.
銀河質量クラスのブラックホールが蒸発し尽くされるには10の100乗年.

宇宙の終焉 - Wikipedia
宇宙のサイズが今の10^19倍になるのは約7300億年後と見積もることができる。従って銀河質量クラスの巨大ブラックホールが形成される頃には、宇宙はこのような巨大ブラックホールでも蒸発できるほど十分低温になっている。
ブラックホールの蒸発が始まってから全て蒸発し尽されるまでには長い時間がかかる。太陽質量程度のブラックホールの蒸発時間は約10^67年である。蒸発時間はブラックホールの質量の3乗に比例するため、銀河質量クラスのブラックホールが蒸発し尽くされるには約10^100年かかる。




398: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/28(土) 19:12:55.58 ID:WPqFZuaD

>>388に補足すると、銀河の内部で天体同士が接近すると、片方が大きなエネルギーを得て
もう片方は速度を失う事がある。エネルギーを得た方は銀河から飛び出してしまう事もある。

銀河から天体が飛び出すと銀河からエネルギーが持ち出されることになり、天体の公転半径…つまり
銀河の直径が小さくなる。長い時間それを繰り返すと銀河に残った全ての天体が中心のブラック
ホールに飲み込まれる


400: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/29(日) 00:23:20.00 ID:XAOgkIxk

理論的にブラックホールはどこまで大きくなれるのですか?


401: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/29(日) 00:25:43.03 ID:V549fTYc

>>400
シュバルツシルト半径や質量には特に制限はない

シュヴァルツシルト半径 - Wikipedia
既知で最も重いブラックホールであるOJ 287は、太陽の180億倍の質量を持つ。OJ 287のシュヴァルツシルト半径は約530億kmにもなる。これは冥王星の平均公転半径の9倍にも達する。逆に、既知で最も軽いブラックホールであるIGR J17091-3624は、太陽の3倍の質量を持ち、シュヴァルツシルト半径は8.9km程度である。






他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)