宇宙&物理2chまとめ【宇宙】もしも太陽が地球に近づいたら

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】もしも太陽が地球に近づいたら

[ 2012/09/17 20:31 ] 宇宙 [ 宇宙全般 ] [ コメント(0) ]
entry_img_481.jpg

1: わいせつ部隊所属φ ★ 2012/09/16(日) 14:40:25.90 ID:???0

もしも科学シリーズ(8)もしも太陽が近づいたら 9月16日12時50分

2012年8月の平均気温は山陰の+1.9℃を筆頭に、東日本は+1.2、西日本も+0.9℃平年値を上回り、
酷暑と呼ぶにふさわしい夏だった。気象庁の資料によると、太平洋高気圧が強まったことが大きな原因とされている。

気圧の変化だけでこれだけ暑かったのだから、もしも太陽が近づいたら気温はどれだけ上がるのだろうか? 
海面の上昇や砂漠化は誰もが思いつくだろうが、これはまだ序の口だ。暴走温室効果状態となれば、
地球上の生物はまちがいなく死に絶えるだろう。


■1%で2.8℃上昇する気温

地球は太陽の周りを1年かけて公転している。太陽との平均距離は約1億5,000万km。光速でも500秒ほどかかる途方もない距離だ。
地球が受け取る太陽エネルギーは、日光を大気圏外で垂直に受けた場合に1平方メートルあたり約1,366Wで、
これを太陽定数と呼ぶ。このうち3分の2は雲や大気によって反射/吸収されてしまうので、
地表を温めるエネルギーはわずか30%程度にすぎない。

太陽定数は、平均距離である1億5,000万kmをもとにした値で、距離の2乗に反比例する。
太陽からの距離が地球の1.52倍となる火星では、受けるエネルギーは2.31分の1になる計算だ。
また、太陽定数は1(W/平方メートル)増えると、地球の気温はおよそ0.1℃上昇するといわれている。

地軸の傾きや日照時間、大気の状態などを省略し、単純に太陽に近づく割合(%)から上昇する気温(℃)を計算すると、

 ・0.1% … +0.27℃
 ・1% … +2.8℃
 ・3% … +8.6℃
 ・5% … +14.8℃
 ・10% … +32.0℃
 ・25% … +106.2℃

となる。
(続く)
http://news.ameba.jp/20120916-345/
Image Credit:NASA Goddard Photo and Video
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1347774025/









2: わいせつ部隊所属φ ★ 2012/09/16(日) 14:40:46.85 ID:???0

環境省の資料では、1906~2005年の100年間で地球の気温は0.74℃上昇しているが、太陽との距離に換算すると、
わずか0.27%の差にすぎない。1%なら約400年分が短縮されることになるので、太陽エネルギーがいかに膨大かお分かりいただけるだろう。
大気圏でも変化は大きい。太陽定数が1W増えると高度50kmの中間圏では1℃上がり、熱圏を周回する国際宇宙ステーションは、
太陽活動が活発になるだけでも500℃近く上昇するというから事態は深刻だ。

■暴走する温室効果

ステファン・ボルツマンの法則を用いて地表の温度を求めるとおよそ-18℃となる。
平均地上気温との差は大気によるもので、大気は熱や紫外線を吸収するばかりか、
地表から放射されるエネルギーが宇宙に出ていくのを防ぐ。これが温室効果だ。
温室効果ガスとして名高い二酸化炭素やメタンはいまや悪者扱いされている感もあるが、
これらがなければ氷河期から抜け出せなかっただろう。

水蒸気も優秀な温室効果ガスだ。先のシミュレーションは大気の状態変化が含まれない計算だが、
気温が上がれば水蒸気が増えるのは当然で、実際の気温上昇はもっと激しい。
水蒸気が増えると気温が上がってさらに水蒸気が増える、この悪循環を繰り返すうちに
地球は慢性的に厚い雲に覆われてしまい、気温は加速度的に上昇する。

厚い雲は太陽光を妨げる役割も果たすので、受け取るエネルギーが減るのは確かだが、
問題は収支のバランスだ。受け取るエネルギーが出ていく量を上回ってしまうと、気温は下がることはない。これが暴走温室効果状態だ。

やがて湖や海が干上がり、最終ステージである暴走温室状態に陥る。
そこには生物が生き残れる場所など存在しない。水蒸気が宇宙に蒸散し、早く雲がなくなることを祈りながら、
宇宙のどこかで待つしかない。ただし暴走が納まっても、水が少なくなった地球で生活できるかは別の話だが。


5: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:42:19.57 ID:V9DNCtnW0

ってか、地球が太陽に近づくほうが自然じゃね


226: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 17:25:42.00 ID:0FxvukjS0

>>5
天動説の視点よだな。
人類はまだ天動説の方が直感的(体感的)にしっくりくるのだ。


305: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 22:24:25.59 ID:7MStDFr50

>>5
恒星の最期は膨張して赤色巨星になるとすれば、
太陽が近づく方が自然だと思うけど


336: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 23:25:24.59 ID:znQa0rNk0

>>305
中心は近付かないし太陽の場合地面が無いから現在の直径というのもいいかげんなもの


16: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:48:55.45 ID:bs1Bpiyv0

太陽は膨張していって、何億年後には地球は無くなるって
俺は小さい頃本で読んだけどな。


19: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:49:52.73 ID:zDs3wquG0

今更こんなこと言ってどーするんだか。
太陽がちょっと変化しただけで地球は居住不能になるなんて
昔からわかっていたこと。


23: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:50:43.46 ID:pEiReJX60

太陽が膨張する頃には、人類は火星に引っ越しているので問題ない


24: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:50:48.79 ID:O8BSg4+Ii

なんな絶妙な位置関係なのに、神の存在を信じれないのは愚かだな。


60: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:03:28.80 ID:bs1Bpiyv0

>>24
水星で人間が生きてたら神の存在信じれるわw
でも地球で生きてたら、神のチカラなんて必須でも必然でもねーじゃんw


30: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:52:09.34 ID:aOMSB06X0

地球は本当に絶妙な軌道にいるな


40: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:55:16.78 ID:KCt2Wxzo0

太陽系の形成期に、木星タイプの惑星が太陽に飲み込まれているらしいがな

つか地球形成からしばらくなんて二酸化炭素で満たされていたんだから
今の極薄状態からちょっとぐらいの変動でどうにかなるとも思えんがな


238: かわぶた大王ninja 2012/09/16(日) 18:22:04.68 ID:udlrEkF90

>>40
それはない。

木製型惑星が3つ以上あると、木製型惑星は互いに干渉しあって
軌道が大きく変異してしまう。
そして太陽に超接近する。
(これをホット・ジュピターという)

その過程で、木製型惑星は自星より内側を回る小型の惑星を飲み込んでしまう
(結果として、地球型惑星は存在できない)

太陽系の土星、木星は『グット・ジュピター』という。
宇宙を漂う隕石を引き寄せてくれる役目を果たしているから。
土星、木星がなかったら、地球は今の10倍ぐらい隕石が降り注いでいる。
高等生命なんて存在できなかった。


48: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:59:09.05 ID:8VEzJYZcO

>>1
てゆーか、地球の公転軌道は完全な円軌道じゃないから普通に地球は太陽に近づいたり離れたりしてるが。距離にして地球3個分くらいだったか?
ちなみに日本が夏の時期は地球が太陽から最も離れてる時期。距離も無関係ではないが、地表気温は面積当たりの太陽光量の影響の方が大きいらしい。もちろん大気の対流も関係してる。


51: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 14:59:57.60 ID:YlXelWy20

子供のころは太陽が膨張して地球が飲み込まれるって言われて炊けど、
いまの説は飲み込まれないことになってんのな。


53: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:00:03.31 ID:8OnjDRmb0

夜空に輝く無数の星たち・・・
あいつらってみんな太陽(恒星)なんだぜ?
その一つ一つが太陽系を形成していて、いくつもの惑星が回っている
惑星は自ら発光しないから見えないだけなんだ
んで、その惑星にも月(衛星)が回っている
しかもこれはたった一つの銀河内だけの話で、銀河系の向こうにはさらに無数の銀河が・・・
どうだ、気持ち悪いだろ?宇宙って


72: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:13:10.93 ID:hFTdnM7F0

人類を地球の表面に取り憑いてる微生物と考えてみると


超絶妙な生活環境にいる人の体表で、微生物がものすごい発展を遂げたりしてw


78: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:16:27.63 ID:Ohcn5gHd0

だからな、太陽と地球の距離は生命が進化するにはこれしかない。という絶妙な距離なのよ。
あと地球の大きさも文明科学が進歩していくには絶妙の大きさ。
ちなみに皆既日食は、太陽と月の見かけの大きさが同じという「偶然」から起こる現象。
月よりも400倍大きな太陽が、400倍の距離の彼方にあるという偶然。


85: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:17:57.05 ID:KCt2Wxzo0

>>78
どこかの惑星の知的生物も、そんなこと抜かしているんだろうなw


102: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:29:50.11 ID:OIsSIGgu0

>>78
>太陽と月の見かけの大きさが同じという「偶然」

月は、地球生命の進化を促すために
宇宙のどこからか持ってきたものなんじゃないか、と思えて仕方がない。
某アニメのように。


111: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:36:05.05 ID:KhSw48oL0

>>102
月があるから生命が出来ただけであって、
生命の為に月があるなんて中世の考えだよ。

偶然じゃなく、そういう環境じゃなければ、生命も生まれず、それを偶然と考える知性も存在しなかっただけ。


96: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:25:17.94 ID:9qj1BwoB0

太陽が中心なんだから『もしも地球が太陽に近づいたら』が正しい
地球の公転軌道が~って事でしょ?
朝鮮人みたいに主客転倒させないでよ


100: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:27:12.27 ID:YWDc6WI10

今暑いと感じるこの熱は太陽の中心で100万年前に作られたエネルギーで、
100万年かけて太陽の表面に出てきたエネルギーは宇宙空間を8分かけて移動し、地球に届く


119: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:39:33.11 ID:HlknwMx+0

こんなことを考える人間がせいぜい90年くらいしか生きられないんだからな

科学なんて大したことない


129: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:46:26.86 ID:avTHg2qJ0

アンドロメダ銀河との衝突・・・・・40億年後
太陽膨張・・・・・50億年
ヴェテルギウスの超新星爆発・・・・・いつ起きてもおかしくない

いまヴェテルギウスが逝ったら、太陽が2つになるなww


137: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:49:50.53 ID:QbxxgNvw0

>>129
ベテルギウスの爆発は、もう起きてて
こっちに光とかいろいろ届いてないだけかもしれないんでしょ?


146: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:53:59.87 ID:avTHg2qJ0

>>137
地球とは600光年離れてるから、もし今日ヴェテルギウス爆発したら(爆発が地球から見えたら)、今から600年前に爆発したことになるね


131: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:47:16.60 ID:faHBY+ox0

太陽が近づいてきたら公転軌道が楕円にり、灼熱と極寒な地球になるだろ


139: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:51:00.69 ID:YQVOyGha0

× 近づいてる

△ 活動期に入った

◎ 膨張が始まった


156: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 15:59:07.81 ID:sn0YXsa10

太陽小さすぎワロタ

おおいぬ座VY星が太陽系に来たようです


161: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:02:03.43 ID:KY7xol0m0

地球1個分でも地球が太陽に近づいてたなら、今頃北極は熱帯だったんだよなぁ
こぇぇぇぇ


171: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:07:04.51 ID:OqCvXoZZ0

>>161

その程度じゃほとんど変わらないぞ
地球の公転軌道は楕円形だから、近日点と遠日点(軌道上で太陽に一番近い点と一番遠い点)で太陽との距離の差は数百万キロある
ちなみに太陽に一番近づくのは北半球が冬になって一番寒い時期


169: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:06:22.20 ID:rdjKKBwE0

アルフィーの歌で『いつまでも沈まぬ太陽~』ってあったけど
いつまでも沈まなかったら温度が上がりっぱなしで
動物は死滅するだろうな


199: 怒髪 ◆6Ih34Awd1Q 2012/09/16(日) 16:28:09.53 ID:MZveYyWO0

>>169
ものすごく冷静にレスすると、

太陽が沈まない=自転と公転が完全にシンクロしているので、
太陽を向いている側は永久に太陽を向いていて熱せられっぱなし、
そちらで膨張した空気は太陽と反対側の面に流れ込む。
で、そっちで冷えた大気が溜まるとまた太陽側へ押し戻ろうとする。

つまり、地球全体を常時ド級の大嵐が吹き荒れることになるので、
生命そのものが誕生しません。(´ω`)


193: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:25:03.11 ID:8e2Uu4Fj0

太陽や恒星のまわりで水が液体として存在できる適度に温かい領域をCHZ(持続的居住可能圏)というんだけど、太陽系の場合以前は地球の公転軌道を中心として非常に狭い範囲だと考えられてたそうだ。
しかしその後、温室効果を考慮に入れるとこの領域は非常に広くなり、太陽系の場合地球の公転軌道の少し内側から火星の公転軌道のあたりまでとなるそうだ。
つまり、もし火星が地球サイズの大きさで地殻変動や火山活動で温室効果ガスが持続的に供給されてたら、水の海を持ち生命が住む惑星がもう一つ存在することになっていたかもしれない。
また太陽系以外の惑星系でも思ってるより生命の存在や存続可能な惑星は多いのかもしれない。


201: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:30:01.40 ID:KhSw48oL0

>>193
地表のほぼ全域に海があるっていう地球環境を絶対視しすぎなんだよね。

例えば、恒星との距離が短く、巨大な惑星で、夕方の領域にのみ水が存在する状態で、
生物が延々とそこに向かって移動し続けるという生態系も考えられなくはない。


197: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:26:44.39 ID:hNl4NSNc0


コアで発生した熱と光は10万年掛けて表面に到達





207: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:33:25.06 ID:QbxxgNvw0

この温度設定は水にちょうどいいけどさ
水じゃなくても身体の成分がほとんどアンモニアとか液体金属という生命がいるかも知れんのでしょ
地球外生命体を探す時に水水言いすぎだと思う


209: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:36:47.92 ID:KhSw48oL0

>>207
リンじゃなくてヒ素でもいいってのがNASAが緊急会見行うレベルのニュースだからな。

今のところ、地球人類は、RNAかDNAで生物を分類しようとしてるので、どうしても水は必要。
そこを考え直すには、生物とは何か、という問いにまず答えないといけない。


211: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 16:39:46.19 ID:OqCvXoZZ0

>>207

生体機能を司る機能性のある分子をバランスよく溶かし込める溶媒はそうそう多くないからなぁ・・・
液体アンモニアはいけるかもしれんが液体金属はまず無理じゃないかな
しかもアンモニアと水じゃ安定性が違うから、アンモニアが大量に存在するって状態があり得るかどうか


221: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 17:06:19.59 ID:a/EglleX0

今の環境が続くと考える方がおかしい。
あと1万年も人類が生き続けたら奇跡だろう。


231: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 17:44:58.05 ID:N+ehyxc20

>>221
そもそも知的生命体ってのは短期間で滅亡するという説もあるね。
宇宙誕生から137億年も経っているのに知的生命体の痕跡が全く見えないのは、誕生してはあっという間に滅んでいるかららしい。


232: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 17:48:29.32 ID:KhSw48oL0

>>231
宇宙に電波を発信できるレベルの生命体が、
我々が初めてで唯一なのかどうかはわからん。


265: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 19:38:45.60 ID:R5NHzNKQ0

太陽の巨大化で
10~12億年後:海が蒸発し、塩のかたまりの中で生きる微生物以外は絶滅
14億年後:その微生物も死滅
70億年後:地球自体が吸収される

さっきナショジオでやってた


266: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 19:40:08.26 ID:5+ILwykl0

俺が思うに人間が誕生したのは偶然じゃないと思うのだ、
宇宙には知的生物が誕生するシステムが備わっていると思う
なんのためか分からんが。


279: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 21:07:07.11 ID:n0y2Pib90

おい…普段から1%どころか3%は変動してるじゃねーか…

>近日点距離 (q) 0.983 AU
>遠日点距離 (Q) 1.017 AU


地球 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83


282: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 21:12:31.85 ID:TBC0bwB90

>>279
そもそも
> 地軸の傾きや日照時間、大気の状態などを省略し、単純に太陽に近づく割合(%)から上昇する気温
なんて前提自体がナンセンスの極みだからな


340: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 23:28:14.83 ID:azXBml8V0

こんな大規模な内容のスレだと2ちゃんで揶揄しあうのがバカらしくなるな・・・


351: 名無しさん@13周年 2012/09/17(月) 00:08:19.76 ID:c0DOLewBP

氷河期は太陽との距離は全く関係無い。

地球の太陽光反射率、アルベドが低くなると温暖化、高くなると氷河期が来る
一度氷河期が来ると反射率が高いままの状態が長く続くためにナカナカ温暖化しない。
4万年前の氷河期では人類の総人口は5000人程度まで落ち込んだと推測されている。


353: 名無しさん@13周年 2012/09/17(月) 00:35:05.90 ID:pMScX/fV0

太陽さんがちょっと出力上げると地球あぼん

意外とあっけないのよー


299: 名無しさん@13周年 2012/09/16(日) 22:17:53.64 ID:pT7wh6Ce0

明日明後日の話じゃ在るまいし
下らん、どうでも良い




他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)