宇宙&物理2chまとめ【宇宙】月は地球に衝突した惑星を材料にしてできたのではなく、高速自転する”地球”の物質から形成された

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】月は地球に衝突した惑星を材料にしてできたのではなく、高速自転する”地球”の物質から形成された

[ 2012/10/19 21:18 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(4) ]
entry_img_564.jpg

1: ベガスρ ★ 2012/10/19(金) 09:03:17.82 ID:???

高速自転する地球から形成された月
Forming a Moon From a Fast-Spinning Earth

2 つの新しい研究報告によると、地球上の大衝突(ジャイアント・インパクト)によって
形成された月の化学組成は、地球に類似している可能性があるという。
長年の通説では、約45 億年前に火星サイズの惑星が地球に大衝突し、
その惑星の物質を主な材料として月ができたとされてきたが、今回の研究結果は
その通説を覆すものである。

1970 年代に初めて提唱された大衝突モデルは、1980 年代になると有力視されるようになった。
というのも、衝突のコンピュータ・シミュレーションにより、
月は主に地球以外の物質から形成されたことが示唆されたためである。
しかし、より良質の月のサンプルが利用できるようになり、実は月の化学組成が
地球のそれと非常に類似していることが判明したため、この説は問題視されるようになった。

また、こうした以前のモデルでは、大衝突後の地球‐月系がもつ自転運動量つまり角運動量は
現在と同じだと想定されていた。Matija ?uk らは一連のコンピュータ・シミュレーションを行い、
高速自転する原始地球に大衝突が起こると、地球の物質でできた月形成円盤が
形成されることを示した。そして、高速自転する地球‐月系は当初は角運動量を失うものの、
最終的には太陽の重力的影響によって現在の状態に回復することを見出した。

また別の研究では、Robin Canup らが、地球と同程度の質量をもつ惑星が
低速で大衝突した場合のコンピュータ・シミュレーションを行った。
その結果、地球のマントルと同じ化学組成をもつ月ができると示されたことから、
月が地球から形成された可能性があるという証拠がさらに増えたことになる。

Science 2012年 10月 19日号ハイライト
http://www.eurekalert.org/pub_releases/translations/sci101912jp.pdf

Making the Moon from a Fast-Spinning Earth: A Giant Impact Followed by Resonant Despinning
http://www.sciencemag.org/content/early/2012/10/16/science.1225542.abstract
Image Credit:NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1350604997/







4: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:09:21.10 ID:UjPhRzDV

>>1
研究が進むと、どうせまた覆されるんだろうな


5: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:10:38.46 ID:EXcHORfr

ころころ変わるなやw


6: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:11:28.52 ID:flXQvDm+

>しかし、より良質の月のサンプルが利用できるようになり、

そのサンプル自体が本物かどうか怪しい。


7: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:13:45.05 ID:lhGAMa6P

いずれにしても大衝突の結果には変わらないのか


8: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:14:07.72 ID:QT3fCEah

1公転1自転の月の動きを説明してほしいのだが
地球から角運動量も含め派生した月がなぜこの動きで安定してるのか
なぜ地球から月の裏側が見れないのか


13: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:17:26.01 ID:lhGAMa6P

>>8
それは別に不思議じゃないのでは?


27: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:55:51.49 ID:JsDPcIIt

>>8 

自転と公転の同期 - Wikipedia
互いの重力に引かれて共通重心の周りを公転している二つの天体の一方または両方が、常に相手に同じ面を向けて回転する現象である。すなわち自転周期と公転周期が等しくなっている現象である。身近な実例は地球の衛星である。月は自転周期と公転周期が同じ(約27.32日)になってしまっているので、常に地球に同じ面を向けている。
このような同期は二つの天体の距離が比較的近く、相手の天体が及ぼす潮汐力が強い場合に起こる(また潮汐力による別の効果として軌道共鳴が生じる場合もある)。こういった同期現象は惑星や衛星に限らず、公転運動する固体状の天体に於いて一般的に起こり得る現象である。一方、液体状で変形が比較的自由な天体では、完全なロック状態は起きない。地球の衛星月は、生まれた過程で形状的中心と質量的重心がずれる現象が起きてから固まったので、起き上がりダルマのように安定しているのである。



45: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:54:43.49 ID:GI+jPEW8

>>27
>火星のフォボス・ダイモスや木星のガリレオ衛星を始め、太陽系の惑星にある、ほとんど全ての衛星は自転と公転とが同期している。

へぇ~へぇ~へぇ~


11: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:16:47.19 ID:zkLBX0sG

スレタイだと衝突しないで高速回転で飛び散ったみたいに見えるな


12: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:17:12.49 ID:Gwta8X8d

>類似している可能性

解散


20: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:28:13.54 ID:WoRy4V3l

>>1 pdf を開いて

◯日本の湖のデータによって放射性炭素年代測定法が改善される
◯高速自転する地球から形成された月
◯三畳紀は生物の生存には暑すぎた
◯脳腫瘍の意外な起源

一瞬、どこのムーかと思いました


22: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:35:24.30 ID:eq8Y3nIF

惑星の衛星の色々な成因か
色々な成因シミュレーション動画、見比べたいもんだ


24: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:51:16.44 ID:59skB9wa

前から月は地球産っていわれてたじゃないの。
シミュからもその可能性が立証されたという話?


25: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 09:52:57.13 ID:WgL9f+qM

地球は室伏


29: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 10:17:08.12 ID:ggg1nYiU

もともと衝突してきた天体が主材料なんて言われてなかった

ぶつかった段階で失われる運動エネルギーが
熱エネルギーに変換されて
2つの天体は溶けて混ざり合うから
どっちも同じような組成になる

もしそうならないなら
むしろ原始地球はバラバラに砕けた

この時の新天体の自転速度が高速だった場合
合体の影響で著しく歪み(雪だるまに近い)液体状の新天体の一部がちぎれて月となる
もしゆっくり自転していたら
歪みがなくなり大きな一つの天体になっていたはず


31: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 10:44:38.23 ID:ksP4AkaG

とある恒星が爆発して太陽系をつくったわけだから
原料の組成が似ているのは当然なのではないか


32: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 10:50:35.14 ID:MEH6bcra

太陽系はこの辺にあった恒星が爆発した後に出来た二代目らしいが
一代目はどうやって出来たんだろうなぁ。


34: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 10:52:45.45 ID:z13+Yl0O

>>32
水素が集まって


37: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:05:11.19 ID:3nXTreXF

そもそも天体がぶつかった衝撃で1つだけでっかいのが出来上がりました
って今の学説はビックバン並にあまりにアホらしい
辻褄だけ合わせて矛盾がないだけの学説になんの意味があるのやら

200年後に小学生に笑われるぞ


38: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:07:35.59 ID:z13+Yl0O

>>37
お前は今の小学生に笑われるレベルだと思うが・・・


41: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:30:05.19 ID:IcXhHTW0

よし、俺が哀れな>>37にわかりやすく説明してやろう

>天体がぶつかった衝撃で"1つだけ"でっかいのが出来上がりましたって今の学説
きっと君は最初から月サイズのでっかい破片が出来ると勘違いして不自然だと
思っているんだろう。そんなこと言ってる学者は誰もいないんだ

衝突したら無数の小さな破片が飛び散るんだ。その多くが地球の重力に
捉えられて円盤状に分布するんだ。そう土星の輪のように。
各破片の速度はばらつきがあるからお互い衝突して雪だるま式に大きくなるんだ
輪(ディスク)が安定的になる前に全部くっついてしまって月になった

と、こういうわけなんだ


39: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:22:05.58 ID:Tr1/uEul

>>1
「高速回転+衝突」説か。ずいぶんややこしくなってきたな。


40: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:28:16.96 ID:Tr1/uEul

個人的には、それより「双子+衝突」のほうが現実的な気がするんだが、、
でもなぜか今までそういう説は出てないよな。3体問題が理論的に解けないから今までスルーしてきたのか
あるいは却下すべき理由があるのか。


42: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:31:32.81 ID:z13+Yl0O

>>40
可能性はあるな、オッカムのかみそりでどちらか一つを選んでるんだろうけど

オッカムの剃刀 - Wikipedia
「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くの実体[2]を仮定するべきでない」(英語: Entities should not be multiplied beyond necessity.)という指針。思考節約(思考経済)の法則やケチの原理と呼ばれることもある。より平易な意味では「同様のデータを説明する仮説が二つある場合、より単純な方の仮説を選択せよ」(カール・セーガン)となる。



43: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 11:44:05.69 ID:nun9wlae

「月の主成分は衝突した天体ではなく地球の物質」って1990年代ごろから通説たぞ
「お前は誰と戦っているんだ」レベルの悪寒


53: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 14:42:37.42 ID:RV2im6Ba

>>43
衝突によって弾き飛ばされるのは、衝突を受けた物体であることは、アルキメデスの時代から
わかっているわけで、まったくわけわかめ。

むしろ、「月の主成分は衝突した天体」なんて珍説を探し出した努力が褒められる所かもしれない。w


55: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 15:09:02.61 ID:9t3Uf/GG

>>53
水に牛乳を1滴落とす実験だが
衝撃の反射によって、
突入した牛乳のほうが空中に弾き飛ばされてるのよね。



当然ながら、普通の衝突なら衝突した側の成分がだいぶ混じる。

この説も
> 高速自転する原始地球に大衝突が起こる
というジャイアントインパクト説の一種で、
衝突された側の成分が多くなる要因として高速自転を挙げている。


47: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 12:14:29.93 ID:bp+Xq1DN

月「お父さんは誰なの?」
母なる地球「...」


51: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 13:41:10.15 ID:p0GgoV54

地学ファンには申し訳ないけど
ワクワクする一方「そんなのどっちでもいい」という
マインドBが俺の心の中で呟いてる


54: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 14:52:12.14 ID:12H1nG5O

どういう風にできたかは説を聞いてもわからんけど、徐々に遠ざかっていると聞いたことがある。


61: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 17:23:59.90 ID:/tTs3kj1

>>54徐々に遠ざかってるのは事実
結果最後は地球から離れてしまい地球の地軸が不安定になって壊滅的な事になる


56: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 15:23:18.76 ID:v6ZBrZ1k

>>1
原始地球と惑星が衝突したときに、ぶつかった惑星から月ができたのじゃなく
二つが混じり合って地球の成分から月ができたってことだろ?

だからそれが今のジャイアントインパクト説じゃね

ジャイアント・インパクト説 - Wikipedia
ジャイアント・インパクト説によると、地球が46億年前に形成されてから間もなく、火星とほぼ同じ大きさ(直径が地球の約半分)の原始惑星が、斜めに衝突したと考えられている。
原始惑星は破壊され、その天体の破片の大部分は、無色鉱物に富んだ地球のマントルの大量の破片とともに宇宙空間へ飛び散った。破片の一部は再び地球へと落下したが、正面衝突ではなく斜めに衝突したためにかなりの量の破片が地球の周囲を回る軌道上に残った。軌道上の破片は、一時的に土星の環のような円盤を形成したが、やがて破片同士が合体していき月が形成されたと考えられている。
現在、コンピュータシミュレーションによる推定では、このような場合では1年[4]から100年ほどで球形の月が完成するとされている。また、最近のシミュレーションでは、月が一つにまとまるまでの時間は早ければ1ヶ月ほどだとする結果が出ている。



65: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 20:18:35.35 ID:yBTkEdkS

何を言っているのかさっぱり分からない記事の文だった。


63: 名無しのひみつ 2012/10/19(金) 18:00:29.04 ID:eQ//t+QJ

(ぶっちゃけ月がどうやってできたとかどうでもよくね?)




他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 1862 ]
な、なんだってー!?
[ 2012/10/19 22:01 ]
[ 1863 ]
そこに気付くとはやはり天才か
[ 2012/10/19 22:52 ]
[ 1867 ]
高速自転するには何がしかの巨大質量が作用していたはずだが、それはどこへ行った?

不安定な惑星系ならともかく、太陽系のように安定したところでは惑星一つだけ高速回転してて
それが大衝突で今の自転速度になりました、っつのは無理がある。
[ 2012/10/20 01:03 ]
[ 1869 ]
確かにどうでもいいwww
月がどこかへ行ってしまうのが何億年後くらいなのかの方が興味深い
[ 2012/10/20 02:41 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)