宇宙&物理2chまとめ【宇宙】5月5~6日はスーパームーンが約1年ぶりに訪れます

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】5月5~6日はスーパームーンが約1年ぶりに訪れます

[ 2012/05/05 16:14 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(0) ]
entry_img_58.jpg 

 月が満月を迎えるタイミングと、地球との距離が年間で最も近くなるタイミングが重なる
「スーパームーン」現象が、5月5日の夜(日本時間6日の昼頃)に訪れる。

 月の軌道は楕円形のため、地球との距離が最も近い近地点と、最も遠い遠地点が存在する。「スーパームーン」という呼び名が使われるようになったのは1979年頃からと言われており、月が近地点で満月(または新月)になることを指す。この現象は平均して1年に1回は起こるという。 

 今回のスーパームーンでは月と地球の距離は35万6955キロ。月は米東部標準時5日の午後11時34分(日本時間6日午後0時34分)に満月となり、その1分後に近地点に到達する。 

「年内の通常の満月と比べ、16%大きく、30%明るく見える。大したことはないと思うかもしれないが、明らかにいつもより大きく感じるはずだ」と、イリノイ州シカゴにあるアドラープラネタリウムの天文学者ゲザ・ギュク氏は話す。 

 スーパームーンが夜空に現れると自然災害が起きるという噂があるが、天文学者たちは迷信だと考えている。月の接近で地球に大きな影響が出る心配はない。 

「満月と新月の際には、潮の満ち引きが最も大きくなることはよく知られている。これが高潮と重なると洪水が起こることもあるが、地震などの自然災害との関連性を示す科学的根拠は何もない」とギュク氏は述べる。 

「スーパームーンははるか昔から何度も発生してきた現象だ。いつもより美しい満月が現れる以外は、特別なことは起こらない」。 

◆地平線上のスーパームーン 

 スーパームーンの満月が地平線から顔を出す、各地の日没直後のタイミングが絶好のシャッターチャンスとなるだろう。 

「濃い色に染まった月が、視界の手前にある建物などの奥から現れる」とギュク氏は話す。 

 月の軌道の大きさはわずかに変化するため、近地点での地球との距離も毎月異なる。例えば2011年3月のスーパームーンでは35万6575キロまで近づき、約20年間で最も短い距離になった。 

 来月にも、満月と近地点を通るタイミングがおおよそ重なる。ただしギュク氏によると、地球との距離が今回より少し遠い35万8482キロになるという。 

「しかし0.5%ほど小さく、明度も約1%低いだけなので、十分満足できるだろう」。 

Andrew Fazekas for 
National Geographic News 






Image Credit:NASA



↓去年のスーパームーン画像&動画



super-moon-largest-lisbon-portugal_33535_big.jpg

super-moon-largest-london-united-kingdom_33536_big.jpg

super-moon-largest-ice-skating_33530_big.jpg

fdsds.jpg

oiut.jpg

nbvc.jpg

mnbv.jpg

kjhgf.jpg

iiuyt.jpg

hgff.jpg

oiuytr.jpg

sdss.jpg

tree.jpg

uytrr.jpg

uiuy.jpg















月の癒し月の癒し
ヨハンナ パウンガー,トーマス ポッペ,Johanna Paungger,Thomas Poppe,小川 捷子

飛鳥新社
売り上げランキング : 6636

Amazonで詳しく見る
他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)