宇宙&物理2chまとめ【宇宙】3大流星群「しぶんぎ座流星群」が1/3にピークのお知らせ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】3大流星群「しぶんぎ座流星群」が1/3にピークのお知らせ

[ 2012/12/30 22:49 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(1) ]
entry_img_745.jpg

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2012/12/28(金) 10:53:45.58 ID:???

ソースは
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1212/27/news093.html

2013年1月3日深夜から4日早朝にかけて、「しぶんぎ座流星群」が観測ピークを迎えます。
ウェザーニュースは広い範囲で流星観測を楽しめそうだと予想しています。

しぶんぎ座流星群は、約2週間前にあった「ふたご座流星群」と同じ3大流星群の1つ。
今回を逃すと次の3大流星群は、7~8月のペルセウス座流星群までお預けとなります。
放射点(流星が流れてくる中心点)はうしかい座とりゅう座の境界付近。
しぶんぎ座そのものは1928年に全天88星座が決まったときに廃止されて
今は存在しないのです。
ちなみに「しぶんぎ」(四分儀)とは、円を4分の1にした扇形の測量器のこと。

流星のピークは午後10時ごろ。
しぶんぎ座流星群は流星の出現数が年によってかなり異なり、
どのくらい流れるか予想するのが難しいそうです。
国立天文台によると1時間に20~50個くらい出現するとのこと。

3日夜は冬型の気圧配置となり、西日本の太平洋側を中心に広い範囲で晴れる見込み。
ただ、東北の太平洋側は日本海側から雲が流れこむ可能性があり、関東付近は
湿った風の影響で雲が発生するかもしれないとのこと。
雲が多い日本海側でも、場所によっては雲の隙間から流星を見られるチャンスがある
と予想しています。

ウェザーニュースでは全国7カ所の中継スポットからスマートフォンへ流星シーンを
届けるコンテンツ「流星キャッチャー」を提供したり、3日の午後10時から
ライブ放送番組「SOLiVE24」で同時ライブ中継を行う予定。
「ニコニコ生放送」でも特別番組を配信する予定です。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv75733603

-以上です-
YouTubeから、2012年のしぶんぎ座流星群
http://www.youtube.com/watch?v=xPK7yuKLoRA&feature=player_embedded


ウェザーニューズ http://weathernews.com/
 2012年12月27日 2013年最初の天体イベント、“しぶんぎ座流星群”の観測ピークまであと一週間!
 http://weathernews.com/ja/nc/press/2012/121227.html
 見える場所の地図
20121227_1.jpg
© By sıɐԀ ɹǝıʌɐſ
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1356659625/








4: やまとななしこ 2012/12/28(金) 11:07:42.96 ID:urGqmvm5

どっちの空見てれば良いの?


6: やまとななしこ 2012/12/28(金) 11:47:23.52 ID:otHSbepd

四分儀座(今の星座名ではないが)が輻射点になって、
ここから四方八方に飛ぶから、見る方向はどこを見ても良いが、
暗くパッとしないものが多いので、この群は見応えしないよ。


8: やまとななしこ 2012/12/28(金) 12:09:30.19 ID:7r34YdLX

今年は月が邪魔であんまり見えないらしい

しぶんぎ座流星群(1月)月齢条件
輻射点が昇った1時間後くらいに月が昇るという,月巡りが悪い年です.月明かりがきっと目立つでしょう.見るときは月を視界に入れないよう違う方向を見た方がいいです.月が昇った頃は北から北西方向,夜明け前頃は北東方向が良いでしょう.


しぶんぎ座流星群 - Wikipedia
うしかい座とりゅう座の境界付近を放射点として出現する流星群である。りゅう座ι流星群(学名: ι Draconids)とも呼ばれる。しぶんぎ座流星群という名は、かつてこの放射点付近にラランドがしぶんぎ座(四分儀座)という星座を設定していた名残である。しぶんぎ座は1928年に廃止されたが、しぶんぎ座流星群の名前は現在でも使われている。
毎年1月1日頃から1月5日頃に出現が見られ、1月4日頃に鋭い出現のピークを迎える。日本では1月4日の明け方近くに最も多く見られることが多い。ピークの前後1時間から4時間程度の短時間しか激しい活動が続かないため、ピークが昼間に当たった年はあまり多くの流星を見ることができない。
極大時には1時間あたり20個から40個程度の出現が見られ、活発な年には1時間に60個もの出現が見られることもある。ペルセウス座流星群、ふたご座流星群と並び、年間三大流星群の1つに数えられる。
輻射点(放射点)が北天にある為、この流星群の観測は事実上北半球に限られる。またヨーロッパの冬の晴天率が低いのに対し、日本の太平洋側はこの頃天候に恵まれ、日本での観測に適した流星群である。


関連記事:【宇宙】ふたご座流星群2012画像スレまとめ



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 3339 ]
この前のふたご座流星群は結構見れたけどこれはどうかな
[ 2012/12/31 02:52 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)