宇宙&物理2chまとめ【宇宙】200光年先で太陽系外で水星以下の最小の惑星発見

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】200光年先で太陽系外で水星以下の最小の惑星発見

[ 2013/02/23 19:12 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(6) ]
entry_img_875.jpg

1: 九段の社で待っててねφ ★ 2013/02/21(木) 05:14:35.15 ID:???0

 太陽系以外の恒星に水星よりも小さなサイズの惑星が回っているのを、米航空宇宙局
(NASA)などのチームが発見し、21日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
これまでに見つかっている太陽系外の惑星で最小という。

 研究チームは、NASAのケプラー宇宙望遠鏡を使って、はくちょう座の方向にある
地球から約200光年離れた恒星ケプラー37を観測。搭載された高精度の装置で、
3個の惑星がケプラー37を回っていることを突き止めた。

 最も内側の惑星は直径が地球の約3割で、太陽系で最も小さい惑星の水星より小さく、
月に近い大きさ。13日間で恒星を1周し、生物はいないとみられる。


ソース   西日本新聞 2013年2月21日
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/349230
太陽系外で最小の惑星の想像図(NASA提供)
201302210001_001.jpg
(c)AFP/NASA/Ames/JPL-Caltech
元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1361391275/








4: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 05:17:06.62 ID:RUsGjqVi0

だから何? っていう


42: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 22:30:14.70 ID:Ovrzi6g90

>>4
宇宙空間にある小さい物体を探すのは案外難しい。
単に望遠鏡の解像度だけではなく、無数の光の点から
近傍の動く天体を見つけ出すのは今でも困難を極める。

小さい物体を見つけ出す技術が進歩すれば
今日のような彗星騒ぎは事前に予測できるようになる。
このニュースはそういった技術の進歩の見本


5: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 05:17:46.25 ID:uI+UGLMfP

そんな事よりオリオン座のベテルギウスはどうなったんだ


10: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 05:24:15.68 ID:jWGzgE4u0

>>5
もう、とっくに爆発しているのはおそらく確かだ
後はその光の到達待ち


7: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 05:19:15.80 ID:9HhqzdxU0

生物は関係ないだろ。生物とか、いそうとか、いなさそうとかは何の判断から来てるのか?
バッカじゃねえの?キリスト教国はこれだから困る。
なにかと構築済みヒエラルキーが隠れている。


12: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 05:30:53.10 ID:93g3LJWC0

冥王星が悲しそうな目でこの記事を見ています


16: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 06:17:32.26 ID:2RGSrykui

銀河系だけで2000億個の太陽があるんだぜ

地球の人口がキリよく100億人だとして

人間一人には、銀河における
太陽20個分の存在感があるんだ


18: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 06:25:48.79 ID:ybCPQXbJ0

>生物はいないとみられる。
火星に居るか如何かも分らないのに、
200光年向こうの惑星の生態状況なんて分らないでしょ。


24: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 07:59:55.58 ID:San/5gDo0

>>23
すっごい単純な、というか調べればわかることなんだけど
この惑星の観測はどの手段によって確認されたの?

トランジット法とかいろいろあるじゃん?


35: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 16:08:36.95 ID:HkhqYrtD0

>>24
別の報道では「惑星が恒星の前を横切る際、恒星の光が惑星の引力でわずかにゆらぐ現象を分析して今回の惑星を見つけた」
とあるからトランジット法で良さげ
320px-Planetary_transit.png
© By Nikola Smolenski

食検出法星 - Wikipedia
食検出法はトランジット法とも呼ばれ、惑星が恒星の前を横切る時の明るさの変化によって惑星を探す方法である。星食や食変光星の観測と同じ原理である。地球から見て惑星が恒星面を通過する割合はあまり大きくないため、実在する惑星に対しこの方法によって発見できる惑星の割合は小さいものの、比較的安価な機材でも観測可能であり、アマチュアにも手が届くという利点がある。
惑星が恒星面を通過する際に恒星の光の一部が惑星の大気を通過するため、惑星大気の成分を探る方法としても期待されている。実際この方法によりオシリス (HD 209458b) という惑星の大気に酸素と炭素が存在していることが確認された。



36: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 18:10:22.34 ID:ZSQI/6dY0

>>1
NASAも発想力がないな
フォボス・ダイモスさえ歪でジャガイモみたいなんだし、
最小とするなら真球状の月みたいなのを想像するなよ。
246px-Phobos_moon_(large)_20130223184830.jpg

フォボス (衛星) - Wikipedia
火星の第1衛星。
フォボスは太陽系の惑星の衛星の中で最も主星に近く、火星の表面から6,000km以内の軌道を回っている。


250px-Deimos-MRO.jpg

ダイモス (衛星) - Wikipedia
火星の第2衛星。火星のもう1つの衛星フォボスより小さく、外側を公転する。
ダイモスは、フォボスと共に火星の重力に捕捉された小惑星だと考えられている。実際、両者はC型小惑星同様に炭素化合物に富んでいるが、密度が非常に小さいことから、氷と岩石の混合物だと考えられている。




37: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 19:06:55.68 ID:pNzIJRO30

>>36
フォボスやダイモスが球形でないのは表面重力が非常に小さいからなんだが。
あんたは想像力どころか知識がない。


38: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 22:04:09.30 ID:ZSQI/6dY0

>>37
お前のほうが読解力がないだろw
わざわざ「最小とするなら」と書いただろ。
惑星の定義も定まっておらず、小惑星も惑星と言えるし別に考えてもいい。


39: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 22:21:17.52 ID:c4u96upD0

>>38
冥王星のゴタゴタの時に、惑星の定義は定められた

「概ね球形であること」もその一つなので
フォボスやダイモスは定義から外れる


40: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 22:25:11.38 ID:9FrQBdMj0

>>39
そんな事言われると、デカくて非球体のが有り得ないかなと、つい思ってしまうのだが、
やはりそういうのはないのかな。


50: 名無しさん@13周年 2013/02/22(金) 03:51:48.73 ID:6PW2Sqs00

>>38
「惑星」の定義も知らないバカか


51: 名無しさん@13周年 2013/02/22(金) 04:19:52.21 ID:VaB59WTW0

>>50
wiki読むと、惑星の定義は定まっておらず、らしいぞ

>第26回国際天文学連合総会にて、惑星定義委員会による惑星の定義案が公表された

惑星の定義 - Wikipedia
惑星という言葉に明確な定義を与えようという問題は、2005年に当時最も小さい惑星だった冥王星よりも大きな太陽系外縁天体であるエリスが発見された頃から始まった。2006年の返答で、国際天文学連合はこの問題についての決議を公表した。太陽系だけに適用されるこの定義では、惑星は太陽の周囲を公転し、その重力によって球形が維持できるほど大きく、その軌道から他の天体を一掃していること、とされている。




52: 名無しさん@13周年 2013/02/22(金) 04:31:51.99 ID:6PW2Sqs00

>>51
そもそもフォボスとダイモスは火星の衛星で「惑星」じゃない。
フォボスやダイモスのサイズで恒星を周回してる天体なら小惑星(asteroid)と呼ぶけど惑星(planet)とは呼ばない。
今回発見された系外惑星が水星~月のサイズなら球形になるのは確実。


44: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 23:10:04.52 ID:vTz1lz8d0

>>36
直径1000kmたらずのセレスでさえおおむね丸くなってるみたいだから・・・
小惑星とか普通イメージするよりも柔らかくて簡単に丸くなるのかも知れない。


41: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 22:25:13.11 ID:RgqsxyEy0

生命体を発見してから報告しろ、分かったな


47: 名無しさん@13周年 2013/02/21(木) 23:54:20.32 ID:w/Wy1Y9S0

遠くて行けねえよ!
もっと近くて行(ry


53: 名無しさん@13周年 2013/02/22(金) 19:53:43.44 ID:6JIyNSyI0

想像図ってまるで月や水星のような姿だが、
この惑星が分厚い大気を持っていないと
いうことが判明した上での作図なのか?


54: 名無しさん@13周年 2013/02/22(金) 21:28:11.46 ID:6PW2Sqs00

>>53
水星よりも質量が小さく母恒星のすぐ近くを公転してるから濃い大気がある可能性はまずない。
大気を充分に引き止めるほど表面重力が大きくないし、あったとしても高温でガス分子の活動が活発になるのでどんどん宇宙空間に逃げていく。
太陽風が重力で引き止められてごく希薄な大気はあるかもしれないが、それだって真空よりはましって程度だろう。



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 4831 ]
ドップラー法だかトランジット法だか知らんけど、良くこんなちっこい物見つけたな。
[ 2013/02/23 19:29 ]
[ 4832 ]
これも月と同じで惑星型の宇宙船
に見える。
[ 2013/02/23 19:45 ]
[ 4833 ]
どの恒星もほぼ惑星を従えてると思って間違いないな
[ 2013/02/23 20:05 ]
[ 4843 ]
ちっさいな
[ 2013/02/24 00:57 ]
[ 4974 ]
早くハピタブルゾーン内で地球と同規模のサイズの惑星見つけてよ
あと、タイタン探査しよう
[ 2013/02/28 21:35 ]
[ 5995 ]
惑星の引力で・・・?ここおかしくね?
[ 2013/04/16 11:24 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)