宇宙&物理2chまとめ【宇宙】銀河系初の巨大超新星の痕跡発見、爆発通常の約100倍

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】銀河系初の巨大超新星の痕跡発見、爆発通常の約100倍

[ 2013/02/25 11:31 ] 宇宙 [ 天文 ] [ コメント(5) ]
entry_img_879.jpg

1: 一般人φ ★ 2013/02/24(日) 00:49:47.92 ID:???

 宇宙航空研究開発機構などは22日、
約300万年前に起きた通常の約100倍の巨大な超新星爆発の痕跡を発見したと発表した。
国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に搭載されている全天X線監視装置(MAXI)で観測した。
 はくちょう座の方向には、X線を出す雲のような巨大な構造(はくちょう座巨大バブル)が広がっている。
地球から見た大きさが満月の約40倍もあるため、
1点を集中的に観測する従来のX線天文衛星では全体像の把握が難しく、正体がよく分かっていなかった。


▽画像 はくちょう座巨大バブルの想像図。国際宇宙ステーションの全天X線監視装置による観測で、
約300万年前に起きた巨大超新星爆発の痕跡と判明した(宇宙航空研究開発機構、理化学研究所提供)
0130222at56_p.jpg

▽記事引用元 時事通信(2013/02/22-19:37)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201302/2013022200892&rel=m&g=int
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1361634587/







5: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 00:56:24.54 ID:vhkvwbJv

>地球から見た大きさが満月の約40倍
デカいってレベルじゃないな


17: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 02:45:07.14 ID:7aenBSeO

>>5
何でもアンドロメダ星雲も全体では満月の10倍あるらしいぜ
Andromeda_Galaxy_(with_h-alpha)_20130225021112.jpg
© By Adam Evans

※5倍っぽいが
アンドロメダ銀河 - Wikipedia
M31は肉眼で見ることができ、大きさは満月の約5倍である。双眼鏡では、長い楕円形のはっきりした光芒に映る。大口径の望遠鏡でも意外に見え方は良くならず中心部分の明るいところしか見えない。条件の良い場所で口径20cmの望遠鏡でやっと渦巻き構造が見え始める。




8: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 00:57:27.71 ID:xGf7yYfn

宇宙は危険がいっぱいだなあ。今は安泰期かな。


12: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 01:03:16.79 ID:4pEiLmHP

今どき、規模の差はあれど
超新星爆発なんて新鮮味に欠ける


24: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 14:35:19.38 ID:XS7IUMQF

距離は約5500光年らしい。
こんな近くで極超新星爆発があったとはね。

極超新星 - Wikipedia
極超新星あるいはハイパーノヴァ (Hypernova) は通常の超新星爆発の数十倍の爆発エネルギーを持つ超新星爆発のことである。最近ではガンマ線バーストとの関係も指摘されるようになったが、発生頻度も稀な上、遠方の銀河で発生するケースを観測する場合もあり、その明確な理論は良く解かっていない。




26: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 17:34:10.74 ID:DqLzzQeB

>約300万年前に起きた巨大超新星爆発の痕跡と判明した

300万年前の爆発のときに生きてた生命は大丈夫だったんかいな?

5500光年の距離にあるらしいが
ガンマ線バーストとかベテルギウスなんかの比じゃないだろう

ガンマ線バースト - Wikipedia
天文学の分野で知られている中で最も光度の明るい物理現象である。
ガンマ線バーストではガンマ線が数秒から数時間にわたって閃光のように放出され、そのあとX線の残光が数日間見られる。この現象は天球上のランダムな位置で起こり、一日に数回起きている。




37: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 19:07:08.36 ID:KcHOv1N1

>>26
なんでもかんでもガンマ線バーストしか言えない奴が増えたな
ガンマ線バーストは自転軸と同じ方向に放出される性質があり、その範囲はわずか2度
んで影響の出る範囲内に自転軸が地球を向いてる天体がどれだけあるかって話だ


48: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 21:22:35.81 ID:HECoHdcq

>>37
自転軸の両側半頂角1度は、全球に対して0.03%なので、
超新星爆発をする天体が100万個につき、300個入ってる。

数千光年以内の超新星が1000年に3回程度なら、
100万年に1回くらいかな。


38: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 19:15:27.33 ID:E6huPPLR

>>26
樹上生活を送っていた人類の祖先が木から降りて地上で二足歩行を始めたあたり。
進化の歴史上、現生の類人猿との決定的な分岐が起きた頃とほぼ重なる。
わざわざ木から降りたのは地球環境の激変があったせいだろうから、その原因に
なっていた可能性は高い。


27: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 17:35:43.76 ID:jxFSPWFg

この時の衝撃波は既に到達済みなのかな?


28: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 17:43:55.66 ID:GcUGZdQJ

巨大なバブルが衝撃波の残骸


32: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 18:29:23.67 ID:jxFSPWFg

>>28
そーか、そうなるよね。
ちょっと計算してみた。

5500光年離れてて、月の半径が1738kmで、月までの距離が384400kmでみかけのバブルの大きさが満月の40倍なので光年を変数LYとして

バブルの半径は
(5500LY/384400)*1738*40=994.69LYとなるのか。。

300万年でその距離だから速度は
994.69LY/30000000=0.000332LY/年
光速の0.03%ほどになるのかな。

既に1000光年近く半径広がってたらあと4.5倍分距離が残るから、300万年*4.5=1350万年で単純計算だけど地球に到達するんだな。

距離の二乗分濃度が薄まるから影響有るのかどうか分からんけども、ロマンを感じるなあ。


52: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 21:36:01.96 ID:GcUGZdQJ

>>32
残念ながら衝撃波は地球には届かない
爆発したとき周りの星間物質を押しのけて衝撃波が広がる
このためある程度衝撃波が広がると押し出す力がなくなるため勢いがなくなる(星間物質の密度は小さいが体積が膨大なので)
そしてやがて止まる
この止まった状態が残骸
地球に届くのは超新星爆発時に発生した宇宙線や光、ニュートリノぐらい
ただしこれらはすでに通過した後


55: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 22:32:02.61 ID:Ga3w2Yjy

>>52
へえ。衝撃波は星間物質と当たって勢いを失うのか。宇宙はスカスカだけどスケールデカくなるとまた違うのね。

写真の衝撃波面の外側がほぼ円に近いということは星間物質の密度って平均するとあまり差がないように感じるね、


56: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 22:47:15.33 ID:qi6WjUhp

>>55
密度が一定になるような乱雑さを持つ星間物質の運動が基本で
その速度(音速)より速い物質の塊が衝撃波ですし。


29: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 17:58:10.43 ID:aSsElNvL

色々見てたらオリオン座もその全体を包み込む程の
超新星残骸“バーナード・ループ”に覆われてる、ってのが出てきた
Nebula-Barnards-Loop.jpeg
※よく見るとオリオン座があります。真ん中付近にオリオンのベルト © By Philipp Salzgeber

バーナードループ - Wikipedia
オリオン座にある巨大な散光星雲である。この星雲は同じオリオン座の馬頭星雲やオリオン大星雲(M42)を含む巨大分子雲の一部を構成している。この星雲はオリオン大星雲付近に中心を持つ円弧状の形をしている。バーナードループのガスを電離して輝かせているのもオリオン大星雲の若い星々だと考えられている。
地球から見ると10度以上の範囲に広がっており、オリオン座のほとんどを覆うほどの大きさである。肉眼では見ることはできないが、長時間露出の写真撮影では明るく写る。



30: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 18:16:23.81 ID:q+2cAbjc

5500光年て近いようで果てしなく遠い


35: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 18:54:22.90 ID:qi6WjUhp

cygloop-2000.jpg
(※画像クリックで拡大可)


39: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 19:22:33.11 ID:qi6WjUhp

>>35を見る限りだと、はくちょう座ループを作った超新星は
写真の左上と右下が極方向でその向きにジェットを放出し、
赤道方向にもいくらかの質量放出があったように見えるが。


43: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 20:24:55.39 ID:u19Py0HF

生物はよく平気だったね
なんか有史以前は隕石だの超新星だのすごいな


45: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 20:33:58.36 ID:sm6dcd+0

いやいや Hypernova が5500光年で発生したら近すぎるくらい近いでしょうが
γ線バーストの照射範囲に入らなくたって、強烈な核子放射線が何十年にもわたって降り注ぐよ。
地表はそのあいだずっと、軌道上に居るのと変わらない位の高線量になったはず。
また、膨大な宇宙線は大気と反応して軽元素のRIを多量に作るから、
それが生物に取り込まれて、内部被曝も何千倍に増える


50: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 21:29:03.58 ID:qi6WjUhp

>>45
高々100倍なので、通常の超新星の10倍の距離で同じ影響があるという概算でOK
過去ならヴェラ超新星がそのような距離で爆発してるけど
特段絶滅事件なども引き起こされてないわけで

ベラ・ジュニア - Wikipedia
ベラ・ジュニアは、地球に最も近い位置にある超新星残骸である。距離はガンマ線とX線の流束から推定された。ベラ・ジュニアは地球から見て1200年頃に超新星爆発をした後の残骸であると推定されている。ベラ・ジュニアは地球から650から700光年離れているので、実際には500年頃から550年頃に超新星爆発が起こっており、その光が1200年頃に到着したものである。しかし、ベラ・ジュニアを生み出した超新星爆発は、地球からみてかなり明るかったと推定されるが、この時代にある歴史的な文献資料に爆発の観測記録は存在しない。しかし、この距離はゲミンガと共に極めて地球から近い位置で発生した近地球超新星であり、この距離で超新星爆発が発生するのは10万年に1度といわれている



49: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 21:27:04.18 ID:4sv+0YWL

銀河系内で1000年に3回じゃなかったか?
致命的なほど近いものははるかに稀だろ


51: 名無しのひみつ 2013/02/24(日) 21:34:43.81 ID:HECoHdcq

>>49
100年に1回とかそんな感じみたいだね
数千光年以内だと10000年に1回くらい?
何か逆にちょっと少ないような気もするが


57: 名無しのひみつ 2013/02/25(月) 00:47:14.58 ID:1W0n1RbJ

これ、天の川銀河系の大きさから考えれば距離的に相当近い所で爆発してるんだね。
地球に影響無かったんだろうか。


58: 名無しのひみつ 2013/02/25(月) 01:26:36.85 ID:qyslCwHY

VuOchBc.jpg

影響なかったということは、
逆に言えば天の川銀河はとんでもなく広いということでしょう

関連記事:【宇宙】もしもガンマ線バーストを浴びたら・・・



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 4863 ]
こんだけ巨大な事が起こっても地球には微塵も影響ない
宇宙広すぎワロタ
[ 2013/02/25 17:45 ]
[ 4865 ]
物理学者 惠藤憲二のつぶやき
はじめまして物理学者の惠藤憲二です。
すごくいいじゃないですか!!
[ 2013/02/26 00:28 ]
[ 4866 ]
宇宙さんは偉大
[ 2013/02/26 01:31 ]
[ 4880 ]
西暦1200年ごろって何も記録にないとか書いてあるけど、世界的に政変が起きてたのは関係ないのかな。鎌倉幕府はもとより十字軍遠征とか宋が南北二分裂とか。怪しい電波の影響受けてとかねw
16世紀ごろの戦国時代や大航海時代は小氷河期による異常気象による為という説がある。
[ 2013/02/26 12:54 ]
[ 5419 ]
>>4880
大戦争が頻発した二十世紀の激動ぶりもそれが原因なのか?
[ 2013/03/18 15:47 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)