宇宙&物理2chまとめ【宇宙】気象衛星データ、最大4年半欠落の恐れ

主に2chの宇宙と物理に関する話題をまったりまとめています。

【宇宙】気象衛星データ、最大4年半欠落の恐れ

[ 2013/02/27 20:38 ] 宇宙 [ 宇宙開発 ] [ コメント(4) ]
entry_img_883.jpg

1: エタ沈φ ★ 2013/02/26(火) 09:15:08.78 ID:???

1970年代以降、地球環境の監視を目的とするいくつもの衛星がはるか上空を周回しながら、収集データを気候の研究者や気象予報士に送信している。しかし、米政府監査院(GAO)がこのほどまとめたレポートによると、専門家の拠り所となる衛星監視ネットワークに、ある問題が生じているという。

「アメリカが打ち上げた衛星の老朽化が進んでいる。旧型の衛星が故障しない内に、次世代機の用意が間に合うかどうか目処が立っていない」と、ジョージア大学アセンズ校の教授で、アメリカ気象学会の会長も務めるJ・マーシャル・シェパード(J. Marshall Shepherd)氏は話す。

次世代機「JPSS(Joint Polar Satellite System)」の打ち上げプロジェクトは、予算の肥大化や管理上の課題、そして政治的な駆け引きといった問題を抱えている。こうした現況を受けGAOは、政府による緊急課題をまとめた「ハイリスク・リスト(High Risk List)」に、気象データの管理を加えた。

GAOのレポートは、「2014年初頭から最大で53カ月間(4年5カ月)、環境監視衛星のデータに欠落期間が生じる可能性があり、ハリケーンや高潮、洪水といった異常気象の観測を含め、今後の気象予報、警報の精度と即時性が低下する危険がある」とまとめている。

「欠落が生じる期間は少なく見積もっても17カ月間に及ぶが、それだけでも気象予測に甚大な悪影響が生じ、生命と財産がリスクにさらされることとなる」とシェパード氏は警告する。

例えば、大規模なハリケーンの経路予測に定評があるヨーロッパ式の数式モデルを、「サンディ」の経路予測に使用したとする。もし極軌道衛星からのデータがなければ、サンディは外海に留まるという予測結果が出てしまい、ニューヨークやニュージャージーへの上陸は予測できなかったことになる。

また、大気研究大学連合(UCAR)の会長の上級顧問を務めるスコット・レイダー(Scott Rayder)氏によれば、データの欠落が生じると、異常気象だけでなく基本的な調査活動にも悪影響が出るという。「長期的な気象状況の積み重ねが年間を通した気候データとなる。大気全体の傾向を把握するには、これら衛星のセンサーは欠かせない」。

◆問題点

シェパード氏によると、アメリカの気象予報士が数式モデルに組み込むデータは、米国海洋大気庁(NOAA)とNASAが管理する静止衛星と極軌道衛星の2つに基づいているという。

衛星に搭載されてい各種センサーが、大気湿度や海面温度、大気中のオゾン濃度などのデータを収集する。科学者はこれらのデータを参照し、降水量やオゾン層の状態を分析している。現在最も問題視されているのは、極軌道衛星の方である。

「上空833キロを90分周期で極方向に周回しているNOAAの現行機、極軌道環境衛生(POES:PolarOperational Environmental Satellites)の寿命が近づいている」とシェパード氏は話す。

>>2に続く
© By NASA
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1361837708/








2: エタ沈φ ★ 2013/02/26(火) 09:15:40.79 ID:???

>>1の続き

◆厳しい状況

NOAAは、気象データを収集するスオミNPPという別の極軌道衛星も運用している。「2011年の打ち上げで、当初は次世代機JPSSに導入予定の観測機器テストが目的だった。しかしJPSSプロジェクトの遅れが頻発したため、NOAAはスオミNPPを試験機ではなく実用の観測衛星として運用している。いまのところ、それで不具合は生じていない」とシェパード氏は話す。

NASAのゴダード宇宙飛行センター(GSFC)に所属し、JPSSプロジェクトの上級科学者を務めるジェームズ・グリースン(James Gleason)氏も、「2016年までは確実に運用可能だろう」と話す。

だが、JPSSの打ち上げ予定は2017年だ。NOAAは現在、衛星データの欠落期間が生じた場合に備え、対応策を模索している。米軍が所有する防衛気象衛星計画(DMSP)の観測衛星で必要な気象データを収集するという案も出ている。また、NOAAは昨年、対応策について一般からの意見公募も開始した。

「しかし現時点では、見通しは非常に暗いと言わざるを得ない」とシェパード氏は語った。

ナショナルジオグラフィック ニュース February 25, 2013
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130225003

*依頼がありました
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1361026525/45


3: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 09:22:13.64 ID:rCkgqcTP

日本も

ひまわり5号からひまわり6号までの空白期間はやばかった

http://dic.nicovideo.jp/i/az4861992060

> 5号が引退ををそろそろ迎えようとする頃、度重なる不運により後継機が全くいない状況に追い込まれることとなる。
> もし5号が運用停止に陥れば太平洋一帯の人々は再び自然の猛威の前になす術を失う事になりかねない!

> 寿命が尽きかけんとする「ひまわり5号」の孤独な戦いが始まる───

ひまわり5号 - Wikipedia
本来ひまわり5号の設計寿命は5年のはずだったが、後継機「運輸多目的衛星1号機」の打ち上げが1999年11月15日に失敗したことで、設計寿命を大幅にこえる8年間もの間運用され続けた。しかし搭載カメラの老朽化と、静止軌道を保つための姿勢制御用の燃料の残りが少なくなったため、2003年5月22日に待機モードに移行し、2005年6月28日の「ひまわり6号」の運用開始まで、米国の気象衛星「GOES-9」による代替運用が行われた。




5: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 09:29:35.63 ID:OIa3Kx/f

>>3
衛星打ち上げまくってるのに何という体たらく


6: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 09:30:18.26 ID:CZS0Zl3B

>>3
あの時H2ロケットの問題でだっけ?
確か、アメリカからゴーズとかいう衛星借りたんだよね。


8: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 09:38:54.60 ID:ANMHke97

>>3
日本の一番大事な「国際貢献」のひとつなのにね。


11: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 10:00:09.16 ID:rCkgqcTP

ひまわり1号は アメリカの衛星を買ってアメリカのロケットで打ち上げてもらう
という屈辱的なものだった
1日も早く気象衛星が欲しかったとはいえ


13: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 10:16:15.21 ID:CZS0Zl3B

>>11
あの時日本はN1ロケットで静止衛星軌道への打ち上げは出来たけどパワー不足
で気象衛星みたいな重いのは無理だったような?
N2からは自前で打ち上げてたと思う。


12: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 10:12:37.78 ID:sdsUNA0g

NASAのEOS-PM1, AM1, CH1の代替の地球環境観測衛星はどうなるのだろうか
JAXAはGOSATやGCOM-W1とかALOSとか打ち上げてるけど

衛星よりもそれに載せるミッション機器が大変なんだよね
ミッション機器を構想して、研究者を集めて、ミッション機器を開発し
テストして衛星に搭載し、打ち上げてからもミッション機器の制御を行い
得られたデータを解析する

このマンパワーが膨大


14: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 10:25:50.23 ID:rCkgqcTP

>>12
だいちは地球観測衛星や軍事偵察衛星としては低い機体性能だった
しかし こんな使い方も出来るんだの運用と 撮影したデータを分析する担当者たちが超優秀だったおかげで
日本国内だけに留まらず世界的に大活躍をした

世界で初めて国連から世界遺産観測衛星に認定されただいち
http://world_heritage.jaxa.jp/ja/index.php

陸域観測技術衛星2号(ALOS-2)~愛称「だいち2号」に決定!!~ ミッションマークキャンペーンも実施 相応しいミッションマークをみんなで選んでね
http://www.jaxa.jp/press/2013/02/20130222_daichi2_j.html


41: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 20:57:24.64 ID:ePrJznIl

>>14
そのだいちも設計寿命を越えてて
3.11のとき活動できるかどうか怪しかったんだよね。

この国もどうかしてるよ。


21: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 11:13:45.90 ID:moT44E1r

日本では東北震災当時の被害対応には「だいち」のデータと
その情報処理が役立てられたと聞いた。

だいち - Wikipedia
地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。
運用終了まで650万シーンを撮影し、新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。

2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震を受け緊急観測を行い400シーンを撮影し10府省・機関へ情報を提供した。これまでだいちは海外へ情報を提供してきたことから、そのお返しとして海外から5000シーンの情報が提供された。
2011年4月22日、午前7時30分頃、発生電力の急低下とともに、セーフホールドモードに移行し、搭載観測機器の電源がオフ状態、全機能停止となっていることが「こだま」による中継データから判明した[5]。制御不能となったため、50年以上後には大気圏突入、消滅が見込まれている




22: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 11:54:27.74 ID:/AymPbB8

JAXAから雫ちゃんの観測データ貰えばいいじゃん。


24: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 12:54:36.11 ID:+EwaKYVA

GOES-9にはたいへんお世話になった
なんとかしてあげられないものか


25: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 15:35:58.29 ID:2F4zVFrP

>>24
日本もぼちぼち独自に極軌道衛星打ち上げ考える時期なのかもな。
そうすればNOAAのデータ欠落でも対応できる。


32: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 18:51:08.93 ID:cXkL0NJN

>>25
極軌道衛星を気象庁単独で打ち上げるのは無理だな。
ただ、何処かと相乗りで打ち上げるなら可能かも知れないが。


26: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 15:45:02.62 ID:ItMZgcGD

日本の気象衛星なら「こんなこともあろうかと」様々な機能が搭載されているに違いない


30: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 18:43:39.53 ID:EiMtRtcM

日本のひまわりの空白期間はアメリカから気象衛星借りていたし、大変だよね
そもそも道路特定財源を気象庁にも使わせておけばよかったのに


33: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 18:58:26.68 ID:rCkgqcTP

それこそ 環境省や国土地理院や海保やJAMSTECとか巻き込めよ


34: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 19:36:44.22 ID:PwGM1gji

なんでもかんでも相乗りできると考えない方がいい


36: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 20:12:00.13 ID:+2tSIaGq

各国何基の気象衛星があるのか知らないが、
完全体の気象衛星の他に、他の分野の衛星に分散的に機能を持たせれば良い。

全ての機能が備わる気象衛星
Aの目的で作られた衛星に雲を観察する機能
Bの目的で作られた衛星に雨を観察する機能
Cには温度、Dには湿度…など
そうすれば気象衛星が故障などした場合にも一時的に他のいくつかの衛星のデータを合わせて
気象観察が出来るし、さらに多くのデーターが欲しい場合や気象衛星のいずれかの機能が停止した場合には
機能を肩代わりする事も可能。

各機関が天でバラバラな事をするんじゃなく横のつながりをもった宇宙開発をするべきですよ。


39: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 20:29:09.35 ID:7VveaZ9g

>>36
余分な機能を持たせるなら、その分を削った方が良い。
数少ない衛星打ち上げの機会に、中途半端な機能しか持たない衛星を打ち上げることなんか出来るはずもない。
べきですよとか()


40: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 20:35:05.97 ID:JYn5hQsC

>>36
・観測域のカバーの問題でフルセットが複数必要(静止衛星と極軌道)
・通信のためにバカでかい太陽電池とアンテナを積む必要があるので
 複数のセンサで共同利用したほうが安上がり


50: 名無しのひみつ 2013/02/27(水) 01:30:46.92 ID:7zd4fgng

>>36
ボロクソに言われているがそんな考え方は大切

いつか別の所で花開くかもしれん


37: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 20:25:09.67 ID:rCkgqcTP

みちびきは
打ち上げ直後まで 一部の関係者を除き 旧式の気象衛星並の機能のカメラがついてるなんて知らされてなかった
下手なJAXA職員より詳しい宇宙オタは多いが その人たちすら知らなかった
1024_EARTH.jpg
http://qz-vision.jaxa.jp/READ/wallPaper.html

せっかくあるから金環日食撮影してみた 各国の宇宙関連機関大喜び
topics_20120521_l.jpg
http://www.jaxa.jp/topics/2012/05_j.html


38: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 20:28:35.96 ID:T7HUuhSd

確か80年代後半から90年代初めにも似たようなことがあったような…
その時も他エリアの予備機を転用したり欧州から予備機借りたり
綱渡り運用で凌いでた記憶が…


46: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 21:52:20.12 ID:OP3S+EbG

こういうのってもっと税金つぎ込めないのか。


48: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 22:31:23.15 ID:SC+AsXfY

気象情報は軍事に直結してるから少なくとも米軍は問題ないけどね


43: 名無しのひみつ 2013/02/26(火) 21:25:14.27 ID:m3fusJnu

もうヨシズミの勘でいいよ



他サイト新着記事


カテゴリ関連記事

[ 4934 ]
NOAAも予算が無いんだなぁ。
どこの国も同じか。
[ 2013/02/27 22:56 ]
[ 4936 ]
JAXAに頼んで打ち上げてもらえ
[ 2013/02/27 23:11 ]
[ 4938 ]
大変だな
[ 2013/02/28 00:06 ]
[ 5093 ]
ブラジルに頼んでみたらどうだ?
[ 2013/03/05 13:35 ]
コメントの投稿




(httpや不適切な単語が含まれる場合は投稿できない場合があります)